プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/03/07 13:05 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ誌が選ぶ、黒人アーティストのビートルズカバー50

しつこいですが、黒人音楽×ビートルズネタが続きます。

こちらはインスタには投稿しておりません。

表題の50選は以下の通り。#は雑誌の付録CDの収録曲、*がエイスレコードのコンピレーションVol.1、**がVol.2に収められている曲、そして今回動画を貼ってる曲を赤字で表示しております。

1. A Hard Days Night - The Supremes
2. All You Need Is Love - Lynden David Hall
3. And I Love Him (Her) - Esther Phillips #
4. Blackbird - Cassandra Wilson
5. Can't Buy Me Love - Blackstreet
6. Can't Buy Me Love - Ella Fitzgerald
7. Come Together - Ike & Tine Turner
8. Come Together - Syl Johnson
9. Day Tripper - Otis Redding *
10. Dear Prudence - Ramsey Lewis
11. Do You Want To Know A Secret - Mary Wells **
12. Don't Let Me Down - Donald Height *
13. Drive My Car - Bobby McFerrin
14. Eight Days A Week - Mary Wells
15. Eleanor Rigby - Aretha Franklin *
16. Eleanor Rigby - Ray Charles
17. Eleanor Rigby - Richie Havens
18. Get Back - Shirley Scott
19. Good Day Sunshine - Roy Redmond *
20. Got To Get You Into My Life - Earth, Wind & Fire **
21. Here Comes The Sun - Nina Simone **
22. Here Comes The Sun - Womack & Womack
23. Hey Jude - Clarence Wheeler & The Enforcers
24. Hey Jude - Wilson Pickett #
25. I Saw Her Standing There - Little Richard *
26. I Want To Hold Your Hand - Al Green *
27. I Want To Hold Your Hand - Lakeside
28. I Want You (She's So Heavy) - Eddie Hazel
29. I've Got A Feeling - Billy Preston
30. In My Life - Boyz II Men **
31. Lady Madonna - Allen Toussaint
32. Let It Be - Aretha Franklin *
33. Let It Be - Bill Withers **
34. Let It Be - Gladys Knight & The Pips
35. Lovely Rita - Fats Domino **
36. Michelle - Willie Bobo
37. Ob-La-Di, Ob-La-Da -Arthur Conley #**
38. Oh! Darling - Jimmy McGriff & Junior Parker
39. She Loves You - The Joneses
40. She's Leaving Home - Syreeta
41. Something - James Brown
42. Taxman - Junior Parker
43. The Long And Widing Road - Wills Jackson
44. Wait - Bettye LaVette
45. We Can Work It Out - Stevie Wonder
46. Why Don't We Do It In The Road - Lowell Fulson *
47. Yer Blues - Lucky Peterson
48. Yesterday - Donny Hathaway
49. Yesterday - Ruth Brown
50. Yesterday - The Soul Children

CDに入ってなかった曲が結構あったので、頑張ってYouTubeで聴いてみました。一部探しきれなかった曲があったのが残念でしたが、気に入ったカバーをいくつか紹介しますね。

先ずはCome Togetherから。これアイク&ティナもカッコ良かったんで、どっちにしよか迷ったんですが、なるべく知名度低い方を紹介したいと、Syl Johnsonです。



以後お見知るおきを~~(^O^)/

お次のMichelleのWillie Boboって全く知らんかったのですが、アフロキューバンアレンジがオサレなインスト(ちょこっとだけ掛け声入ってますがが)ですのよ。



ニューヨーク生まれのプエルトリコ人パーカッショニストだそうです。

そして、前回「ブルースロックっぽいカバーが少ない」と書いたとこで、こんなのあったのですよ、



Yer Bluesはブルースロック流行りを揶揄してたそうですが、Lucky Petersonのカバーカッコ良過ぎだす。

そんで、泥臭さとは対照的に、洗練を感じるDonny HathawayのYesterday



なんて美しいアレンジなんざんしょ~!と同時に、ソウルの熱気が伝わってくるのは、歌ってる傍からお客の合いの手みたいな掛け声の妙もありそうな、、、。ライヴならではの味わいかしら。痺れるんざんす。

こういうのは、確かブルースブラザーズ2000でBBキングが歌ってる時に、客の掛け声入ると、何かカッケーなーと思ったのが始めてだったのですが、私もいつかやってみたいなあ。

最初にこの黒人音楽×ビートルズネタを出した時、

「勿論Donny HathawayのYesterdayは入ってるよね~?」

とのコメントを頂き、あわわ、入ってねえ、エイスレコードのコンピにも入っとらやないか~い!と一瞬思ったんですがが、誌面ではちゃんと紹介されていたのです。エイスレコートのカバー集の仕掛け人、トニー・ラウンスへのインタビュー記事を読むと、やはりコンピは版権が下りなくて諦めた曲も多かったそうです。

最後にラウンス氏のお気に入りで、上の50選に入ってなかったカバーを紹介します。RevalationsのYellow SubmarineはChic風アレンジが素敵ですわ。



そして、もう一つはブラックアメリカならぬジャマイカンですが、Prince Busterのロックステディ風All My Loving



いや~、ビートルズの曲をこれだけ纏めて集中的に聴いたのは、生まれて初めてかも?雑誌も大変面白かったんで、しつこく投稿してみました。

タグ: 60年代 70年代 80年代 ソウル R&B

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

2017/03/01 16:27 yuccalina

エイスレコードのBlack America Sings The Beatles

エイスレコードによる、黒人アーティストのビートルズカバー集、Black America Singsは結局2枚とも買っちゃいました。下の画像をクリックすると、インスタ投稿に飛びます。



殆どの曲はYouTubeで聴けますけど、ビートルファンにもソウルファンにも、じぇひ買って聴いて頂きたい!

全部良いので全部紹介したですが、無理なので泣く泣く選曲しますた。今回紹介する曲が赤字、*印は前回の投稿で既に紹介済の曲になりますが、下記のリストはコピペなので、表記の仕方がちょっと違っててすみませんぐ。

Vol. 1 『Come Together』
1. Back in the USSR - Chubby Checker
2. We Can Work It Out - Maxine Brown
3. Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey - Fats Domino
4. Ticket to Ride - Wee Willie Walker
5. Good Day Sunshine - Roy Redmond
6. Please Please Me - Mary Wells
7. Eleanor Rigby - Gene Chandler
8.. And I Love Her - The Vibrations
9. Come Together - Chairmen Of The Board
10. Blackbird - Billy Preston
11. Paperback Writer - R.B. Greaves
12. Rocky Racoon - The Moments
13. Drive My Car - Black Heat
14. Lady Madonna - Junior Parker*
15. Help - David Porter
16. Yesterday - Linda Jones
17. Day Tripper - Otis Redding
18. Why Don't We Do It in the Road - Lowell Fulson
19. I Saw Her Standing There - Little Richard
20. Don't Let Me Down - Donald Height
21. Get Back - The Main Ingredient
22. The Long and Winding Road - The New Birth
23. I Want to Hold Your Hand - Al Green*
24. Let It Be - Aretha Franklin

Vol.2 『Let It Be』
1. ELEANOR RIGBY (Aretha Franklin)
2. DEAR PRUDENCE (The 5 Stairsteps)
3.. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE (Earth,Wind & Fire)
4. DO YOU WANT TO KNOW A SECRET (Mary Wells)
5. THE FOOL ON THE HILL (Four Tops)
6. LOVELY RITA (Fats Domino)
7. HERE COMES THE SUN (Nina Simone)*
8. OB-LA-DI, OB-LA-DA (Arthur Conley)
9. A WORLD WITHOUT LOVE (Mono) (The Supremes)
10. TOMORROW NEVER KNOWS (Junior Parker)
11. DON’T LET ME DOWN (Randy Crawford)
12. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (Mono) (The Undisputed Truth)
13. A HARD DAY’S NIGHT (Screamin’ Jay Hawkins)
14. SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW (Ike & Tina Turner)
15. FOR NO ONE (Maceo & All The King’s Men)
16. IT’S ONLY LOVE (Gary “US” Bonds)
17. WE CAN WORK IT OUT (Dionne Warwick)
18. HEY JUDE (The Temptations)
19. IN MY LIFE (Boyz II Men)
20. SAVOY TRUFFLE (Ella Fitzgerald)
21. SOMETHING (Isaac Hayes)
22. LET IT BE (Bill Withers)

まずは、太っちょドミノさん=Fats Dominoから。



基本この方の曲は愛嬌があって、可愛い印象なのですが、この曲も可愛いざんすよ。ギターでサンドされたハンドクラップがオサレなんじゃないでそか。


お次のThe Momentsなんですが、70年代のカバーで既にラップっぽいよね~



てのが興味深かったのでチョイスしますた。


そして、Lowell Fulsonなんですが、これ原曲知らなかったんですけど、



ブルースロックっぽいカバーがこれだけだったんですよね。


そして、第2集はレノン・マッカートニーだけでなく、ジョージの曲も入ってます。

アレサはもうこれ、オリジナル曲と言って良いんじゃね?のレベルですな。



カッコ良すぎて、ビートルズもおしっこチビッたんでは?と想像して喜ぶBBAで、すみませんぐ。


EW&Fはですね、実は軽薄なディスコのイミジが強すぎて、あまり好きじゃなかったんですが、



これは、カッコいいじゃないすか。ヤバイよヤバイよ~~、と思わず出川にへ~んし~ん!


そして、テンプスのHey Judeなんですが、前回投稿のコメで教えて頂いたバージョン。



イントロのギターがスプリームスのKeep Me Hangin' Onですな。当然のことながら、コーラスが素晴らしいっ!高音と低音のバランス、コントラストが絶妙なんですっ!

そして、最後はジョージの曲。Issac Hayesって、私はサウスパークの吹き替え(シェフ役)で知ったと言う不届者なんですが、



長いのお~、濃ゆいのお~~

そんな訳で、皆さんCD買ってね♡

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

2017/02/25 13:32 yuccalina

『沈黙サイレンス』に見たサマディな瞬間~不定期便『哲子な部屋』その4

話題の映画『沈黙サイレンス』を見たのには、ある理由があります。

<こちらの画像をクリックするとインスタ投稿に飛びます>




私の哲学のお師匠さん、Okanoさんのブログ『神秘主義哲学の立場から』の、下記の記事を読んで、非常に興味をもったからです。

遠藤周作『沈黙』~スコセッシ監督の映画に描かれなかったもの~

以下記事からの引用は青字で表記します。

私が個人的に残念だったのは、原作にある、まさに殉教しようとするロドリゴの心中の劇的ドラマがほとんど取り上げられておらず、踏絵の場面に繋げるために変更すら加えられていた点です。クリスチャンの方々は、原作のこの箇所にはあまり眼を向けたくないのかもしれません。しかし、神秘主義の立場 ―― それはキリスト教からすれば、異端的であるわけですが ―― からすると、宗教体験というもののリアルな特徴が絶妙な仕方で描かれており、遠藤周作の作家としての力量に感心させられる箇所なのです。更に、ここを読むかどうかで、全体の解釈にも影響が出て来ると思います。もしかしたらクリスチャンには抵抗があるかもしれませんが、禅などに関心のある方は、興味深いと思われるパッセージかもしれません。

キリスト教そのものの立場からみると、司祭が踏絵を踏むというのは、信仰の挫折の物語かもしれません。そうした人間の弱さをも包み、その痛みに寄り添う神の愛が描かれているのが、遠藤周作の『沈黙』だと言っても良いのですが、踏絵の場面はロドリゴの単なる思惑ではなく、明らかに一種の宗教体験として描かれています

記事には小説の文章を引用しつつ、丁寧に解説していますが、それをシンプルに書くと、

自分の土台となっている神を捨てることは、神を信じている自分自身を捨てること(=自己放下)、その結果として神の沈黙が破られる。

と言う、ある種の矛盾ですが、そればヨガを学ぶ私としては、サマディのプロセスの様に思えて、妙に納得出来たんですね。

で、実際映画を見て思ったのは、主人公ロドリゴが棄教したのは、単に拷問される信者達の声に耐え切れず、彼等を救う為に踏み絵に足をかけ、その結果として神の声を聴いた。

また、「汝の為すべきことを為せ」と言うキリストの言葉が絶妙なタイミングで挿入されるので、

為すべきこと=踏み絵を踏んで信者達を助けること

とロドリゴ自身が自分に言い聞かせた、と取ることも出来ます。

しかし、何れにせよ、ロドリゴが自己放下するプロセスは全く描かれず、矛盾と葛藤する描写も薄かったと思います。まあ、物語の流れとしては、違和感なく繋がってた気もするんですが、宗教とは?信仰とは?を深く考えていたであろう、原作者の意図が無視されたと取られても仕方ないですね。

で、ヨガにおけるサマディとは、私も勿論経験したことはなく、本からの知識でしかないですが、

自我を捨てることで真我と出会った状態

「何かを手放すことで何かを受けとる」プロセスは、ヨガの世界では、常に共通する流れでもあります。また、真我アートマンとは宇宙の真理ブラフマンと繋がってるから、神と繋がったと解釈しても良いのかもしれませんが、ヨガにおける神とか霊性というのは、キリストのような人格神ではないので、同じと言ったら怒られるかもしれませんね。

スコセッシ監督はイタリア系でカトリックですから、この小説を扱うことだけでもかなりのチャレンジだったかもしれません。ですから、キリスト教関係者に配慮して、その場面を省いたとしても致し方ないかなと思います。

しかし、映画を見てて、我ながら驚いたのは、隠れキリシタンの村人達にあまり共感出来なかったことです。それは、彼等の信仰心の描き方が、余りに薄っぺらく感じたから。年貢も苦しみもない"はらいそ"=パラダイスの話ばかりして、実際ロドリゴに「十字架やロザリオといった形のあるものばかり求めるのが気になる」と言うモノローグがありましたし、意図的にそうなっていたのかな?

そんな訳で、教科書で学んだ子供の頃は迫害された人々をもっと可哀想と思っていた筈ですが、ポルトガルの政治的意図を考えたら、警戒されるのは当然、と言う目で終始見てしまった気がします。

政治的野心を抜きに、純粋に信仰として広めたかったのなら、まずは日本と言う国を理解してから、その文化にあった布教の仕方があった筈です。

「絶対的真理なのだから、どこへ行っても通用する」

と言うのは、傲慢過ぎるよイエズス会!その結果、無辜の民が拷問にかけられて、

「理解しない幕府が悪い」

では、余りにもドイヒー!

で、何だか腹が立ってきちゃいました。

そんで、形に拘る、に関してですが、教会に行かなくても、十字架がなくても信仰する事は出来るんじゃないか、と思ってしまう私の考えは日本的なんでしょうかね。だから、お奉行さまが「踏み絵はほんの形だけなんだから」と促したのも、実に日本的だったのでしょうね。形だけ捨てたことにして、心の中で十字を切ろうがキリストの像を思い浮かべようが構わない、とでも言ってるように、私には聞こえてしまったんです。

その根底に、形あるものはいつか滅びる、諸行無常感がある訳ですが、諸行無常という流れを作ってる大きな力としての神の存在、と言うのを常にどこかで意識している。それが私が思っている神様ということになります。

そう言えば、ザ・ザのマット・ジョンソンは『Armageddon Days Are Here Again』の中で、

キリストはローマにもイスラエルにもいない
キリストは教会にも行かない

と歌って、物議を醸したのを思い出しました。頭を丸めてハーブティーを飲み瞑想する生活をしてたジョンソンは、キリスト教的価値観から解放された人だったのでしょう。

とまあ、あーだこーだ書いてまいりましたが、『沈黙』は今度小説も読んでみようと思ってますので、読了後にまた取り上げてみたいと思っております。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

2017/02/17 15:13 yuccalina

時を超える服ミナペルホネンのこと

何かと評判のよろしくない朝日新聞でも、良い記事も結構載っているものです。



上の画像をクリックするとインスタ投稿に飛びます。

個性的で魅力的なオリジナルテキスタイルの服を世に送り出しているブランド、ミナペルホネンのデザイナー皆川明のお話がとても素敵だったんで、もう少し書いておこうかと思います。

流行のサイクルに乗る為には、低コストで消費される服を作らなければならず、そこに疑問を抱いた皆川さんは、流行に背を向ける覚悟をします。服地から企画し、流行に左右されない末長く愛される服を目指す。日本の素晴らしい技術を持った職人や工場を活性化させることで、自分の服作りの可能性も広がっていると。そこで感じられたのは、

メーカーと工場は上下関係ではなく、一緒に服作りをするパートナーである。

そこにあるのは信頼関係です。そういう中でしたら、職人さんも工場の方々にも、より良いモノを作りたい、と言うモチベーションが生まれるのは当然でしょうね。

インスタ投稿でも引き合いに出してますが、私は三宅一生氏のドキュメンタリーを思い出したんです。そこでは、折り紙のドレスを縫製している東北の工場が紹介されていて、一生氏はこう語っておりました。

「日本の職人さんは決して諦めない。どんな難しい要求にも答えようと頑張ってくれるし、”こんなもの出来ますよ”とアイディアを出してくれたりもする」と。

一生氏は職人さんや工場の人達も含めて、服作りの仲間だと言ってました。下の動画は、Issey Miyakeの折り紙ドレス132 5.シリーズ。




話を皆川さんに戻すと、インスタのコメントで教えて下さった方がいて、『プロフェッショナル』の動画があったので、貼っておきますね。



皆川さんは、ビジネス面だけでなく、アーティストとしてとてもヨガ的な思考の持ち主なんですね。マイナスの中にプラスの要素を見つける、なんて。

私もいつかミナの服を着てみたいです。



YouTubeにあったコレクション動画。何年前のでも、これ着てみたい!という服があるんです。

テーマ:レディースファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

2017/02/09 09:24 yuccalina

世界をどう理解するかも人それぞれ~『僕と世界の方程式』

またもやインスタからのネタ下しになりますが、自閉症で数学の才能を持つ少年を描いたイギリス映画、『僕と世界の方程式』を見ました。手短に書きますがネタバレ有りですので、宜しく。

<こちらの画像をクリックするとインスタの投稿に飛びます>




映画に出てくる数学の問題は、殆ど理解出来なかった私ではありますが、人はこの世に生まれて、何を手掛かりにこの世界を理解していくのかは、人それぞれなんだろうなと思いました。図形や数字への興味から入っていく人も沢山いるのでしょうね。母親が息子の世界を知るべく、数学の勉強を始めて、最後には、人を好きになるってどんなことを、数学に例えて説明する。それを理解した息子との距離が近付いたエンディングが素敵でした。数学オリンピックのどんな問題よりも、彼が解くべきだったのは愛の方程式であったとなっ?

で、その中国少女との淡い恋でなんですが、

実を言うと私は最初、

これはもしや中国名物のハニートラップではっ?

と疑ってしまったのでwww

そうじゃなくて、逆にホッとしたんです。

嫌ですねえ、薄汚れた大人ってwww

つい疑っちゃう。

後で知ったんですが、『リトルダンサー』と同じスタッフだったんですね。見た後に、気持ちがスッキリしたのも同じでしたよ。自閉症云々を別にしても、人間ドラマとして、とても素敵な映画だと思います。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR