FC2ブログ
プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(16才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/10/27 16:10 yuccalina

冬が来る前にマレーシア・シンガポール料理

ワタクシ、一応ヨガやアーユルヴェーダを学ぶものとして、食事に関しては自らの掟を作っております。 その一つが、身土不二(しんどふじ)と言って、なるたけ身近な土地で採れた旬の素材を使った料理を食べること。ベランダでハーブや野菜を育てたりするのはその一貫とも言えますし、スーパーでもなるべく地元の農家で作ってる野菜を買い、お魚やお肉も同じ県内のを選ぶとかしております。で、私は東南アジアの料理が大好きで、結構頻繁に食べてる方だと思うのですが、「冬には食べない」と決めているのです。暑い国の料理は体を冷す食材を沢山使ってますからね。更年期になって、身体の冷えが尚更気になってきましたので、やはり食事には気を使います。なので、冬が近付いてくると、駆け込みでアジア料理が食べたくなってくる。先日紹介した梅干と挽き肉のタイ風チャーハン(記事はコチラ)も、冬の間は封印ですな。

とか、前置きが長くなっちゃいましたが、先日友人Nちゃんと銀座のマレーシア料理店『ラサ・マレーシア』でランチしてきました。ここは7、8年前から知ってて、何度も来てるお店です。

ランチメニューは

・シーフードカレー
・海南鶏飯(ハイナン・チキンランス)
・フライドクイティオ(太めの米麺と野菜を醤油ベースで炒めた焼そば)
・カレーラクサ(スープ麺)

の4種類からと、デザート又はドリンクを選んで、スープとサラダ付き1030円也。

こちらはスープ(キュウリ、人参、ザーサイとハムが入ってた)とサラダで

foods50.jpg

Nちゃんが選んだのはシーフードカレー。

foods52.jpg

マレーシアのカレーは酸味があって甘辛く、私も大好きなんです。一口味見させてもらいますたが、魚介の出汁もきいてますた。

そして、私はカレーラクサをチョイス。

foods51.jpg

トッピングは鶏肉、茹で卵、もやしと油揚げ。このお揚げがカレーに合う!で、同じカレー味でもNちゃんのシーフードカレーとは微妙に味が違います。そして、麺が黄色い中華麺と細目の米麺(ビーフン)の二種類。

ん?ラクサの麺ってタピオカで出来たモッチリ中太麺じゃなかったっけ?

といふ疑問はあったものの、カレー味が美味しかったのでOK牧場。

食後は、もしインドカレー屋なら絶対にデザートでなくドリンク=チャイを頼むとこですが、ここではデザートにしました。Nちゃんがボボチャチャ、私がマンゴープリンを頼みましたが写真は撮り忘れ。インド料理のデザートはイマイチ好きなものがない私ですが、東南アジアのは、結構イケます。逆に言えば、インドカレーの後にはチャイみたいな定番のドリンクが、東南アジア料理にはないってことかもしれませんが。

で、まだ時間があったので、どこかでお茶をしようと近くをウロウロしてたら、目に入って来たのが壹眞珈琲店。何か一目でお高そうな店と感じましたが、な何とランチ代より高い珈琲でしたわ。

foods53.jpg

私は普段、家では全くカフェイン抜き生活なので、たまにはこんな贅沢も良いか、と思うことにしました。なんつーたって、食器が全部マイセンを使用してるんですのよ。Nちゃんと二人キャーキャー言いながら写真撮影です。

だってこのカップの淵の繊細なカーブを見てくださいよ。

foods54.jpg

家じゃじぇったいに、こんなのよー使わんよ~!洗うのも怖いよ~!

って感じですねっ。私が飲んだブルーの絵付けカップ&ソーサーは、多分ブルーオニオンと呼ばれているものではないでしょうか?

foods55.jpg

マイセンのサイトを見てみたら、全く同じ柄じゃなかったけど、似たようなのがセットで38000円になってました~!ひえええええぇ!

さて、Nちゃんは20年ほど前にタップダンスを通じて知り合いました。その後彼女は仕事でシンガポール在住となり、同じ頃に私も仕事でシンガポールに行ったり、結婚後にマレーシアに住んだりという縁もあって、シンガポールでも何度か遊んだのですが、私が2000年に帰国してからは、ずっと会っていませんでした。それが、去年、共通の知り合いを通じて再会し、今回は今まであまり話してこなかった話題で盛り上がったりして、楽しいひと時を過ごしました。昔はタップダンスの話しかしてこなかったけど、クリント・イーストウッドとか北野武とか、Nちゃんとは結構テイストが被るということが、今頃になって判明したんですよね。

で、私のブログもその一つですし、Nちゃんも現在チャレンジしていることがあったりして、それら各々の活動を『部活』と呼び、今後も定期的に『活動報告会』をしよう!となったのでありました。ちなみに、自分のシュミを部活と呼ぶのは、笑い飯の西田がアメトークで言ってたのを気に入って、使わせてもらうとこにしました。

ところで、現在八王子在住のNちゃんがくれたお土産、『高尾ポテト』はメチャクチャ美味しかったです。

foods56.jpg
foods57.jpg

私はスイーツってそれほど興味ないのですが、これは上品な甘味で、しっかりお芋の味がするし、コーヒーでもお茶でも牛乳でも合いそうです。

と言ったところで、最後にもう一つ。先日岩波ホールで『夏をゆく人々』を見た後に、一人で食したランチ。単独で記事にする程でなかったので、ここで紹介します。ホールの隣のビルにあるシンガポール料理店『マカン』のランチは、ドリンク、デザート無しで900円でした。海南鶏飯、ナシゴレン、ホッケンミーなど6種類の中から選べます。

私が選んだのはシンガポールカレー。

foods48.jpg

手前右はパラタで、チャパティにギーを塗ってパイ生地のような層になっているパンです。インドの料理ではありますが、シンガポール、マレーシアでは結構定番のスナックです。カレーをつけて食べます。で、カレーの具はチキンでした。

foods49.jpg

味はラサ・マレーシアの方が好みかなー。コストパフォーマンス的には、どちらも余り変らない感じですかね。

という訳で、ワタクシ暑い国の料理はそろそろ食べ納めという感じでございます。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

2015/10/15 12:04 yuccalina

サラダ感覚で食べる梅干しとひき肉のタイ風チャーハン

かなりお久しぶり(6月以来でした)に、料理記事の更新です。先週友人のMakiちゃんが遊びに来たので、ランチに作ってみました、梅干しとひき肉のタイ風チャーハン(左側)です。

<ちなみに、右側のスープは残りもののバクテーです>
cooking341.jpg

新聞に載っていた料理研究家、味澤ペンシーさんのレシピをアレンジしたものですが、梅干しとナンプラーをベースに味付けしたチャーハンに、お野菜をたっぷり盛って、サラダ感覚で食べられました。

<材料 2~3人分>
ご飯 1.5合
豚挽き肉 80g
鶏挽き肉 80g
梅干し 4個
ナンプラー 小さじ2
砂糖 小さじ1と2分の1
(注: ナンプラーと砂糖の量は、梅干しの味によって加減が必要です)
サラダ油 大さじ1
カシューナッツ 50g
卵 1個
玉ねぎ 2分の1個
きゅうり 1本
インゲン 5本
赤ピーマン 2分の1個
大葉 3~4枚

紫キャベツのスプラウト 適量
ルッコラスプラウト 適量
パクチー 適量
ライム 適量
ハラペーニョピクルス 適量


<作り方>
1. 玉ねぎの半量(4分の1個分)は5㎜程度にスライスして、油で素揚げし、カシューナッツも素揚げしておく。
2. 卵はフライパンで薄く焼いて、錦糸卵にしておく。
3. 残りの玉ねぎを薄切り、キュウリは半月切り、赤ピーマンを細切りにして、それぞれ塩を振って、水気を切っておく。
4. インゲンは茹でて斜め切り、梅干しは種を抜いて叩いておく。挽肉2種類を混ぜておく。
5. 硬めに炊いたご飯をボウルにあけ、叩いた梅肉、ナンプラー、砂糖を加えて切るように混ぜておく。

cooking339.jpg

6. フライパンに油を熱して、中火で混ぜたひき肉を炒め、色が変ったら5のご飯を加えて炒め合わせる。
7. 皿にご飯を型抜きにして、その周りに切っておいた野菜、ナッツ、卵、薬味等を盛りつけて出来上がり。

cooking338.jpg

私が準備した具材は上から時計周りに、

カシューナッツ
揚げ玉ねぎ*
錦糸卵
キュウリ
玉ねぎスライス
紫キャベツスプラウト*
ルッコラスプラウト*
インゲン
赤ピーマン*

そして

cooking340.jpg

パクチー
きざみ大葉
ライム*
ハラペーニョピクルス*

を用意しました。*印は私が新たに加えたものでして、その代わり、元のレシピにあって入れなかったのが、人参(生の細切り)、赤唐辛子(生)、紫玉ねぎのスライス、針生姜、刻んだレモン皮です。人参の代わりに赤ピーマン、赤唐辛子の代わりにハラペーニョピクルス、レモンの代わりにライムみたいな感じですが、生姜は単に入れ忘れてしまいました。紫キャベツのスプラウトは紫玉ねぎが見つからなかったので、同じ色味でどうかなと、思い付いたもの。そして、ルッコラの新芽は、実は今ベランダで栽培しております。詳細は別途ガーデニングの記事で紹介しますね。あと、チャーハンに入れる挽き肉も、元のレシピでは豚肉オンリーだったんですが、油がキツそうな気がして、鶏と半々にしてみました。私的にはチキンオンリーでも良かった様な気がします。まあ、梅干し、ナンプラー&砂糖の味付けをベースに考えると、チャーハンも、上に乗せる具材も、色々とバリエーションが楽しめそうな気がしますので、これから色々と試してみたいです。

と言ったところで、最後は食べる際のポイント。ライムを絞ってから、具材を万遍なく混ぜてから食べましょう!

cooking342.jpg

最初は勿体ない気がしましたが、混ぜても十分綺麗な色合いですよねっ!


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

2015/08/01 08:53 yuccalina

インスタントアジアン麺~パクチー焼そばとラクサを食す&シンガポールの思い出

最近、料理カテゴリーの更新が滞っております。その分、音楽と映画、ガーデニングの比重が上がってるんで仕方ないんですけど。

で、今回も料理では無くて、以前カルディファームで購入したインスタント麺の実食報告でございます。

cooking333.jpg

暑くなってきたので、こう言うのが食べたくなる季節でもありますしね~!

以前パクチーラーメン(右上)は既に紹介しましたので、今回はパクチー焼きそば(左上)とラクサ(左下)を行きますよ。

先ずはパクチー焼きそばから。焼きそばと言ってもフライパンで焼くのではなくて、茹でた麺を湯切りして、粉のタレ、香味オイルと乾燥パクチーを混ぜるだけ。カップに入ってないけど、作り方はカップ焼きそばと同じですな。

foods43.jpg

でも、具無しは寂しいので、何かチョイ足ししたくなった。麺を茹でる時に後から油揚げとエノキタケを追加しました。味付けが薄くなるかな?と心配しましたが全然OK。ってか、そのまんま作ったら、かなり味が濃そうですよ。

そして、乾燥パクチーだけではやはり寂しい、とフレッシュパクチーもトッピングです。

foods44.jpg

これで美味しくない訳がないっ!ってパクチー好きな人しか納得しないでしょうなあ。

そして左下のラクサなんですが、これがかなり再現率が高くてビックリでした。タピオカ粉の白い中太麺はちょっと違うけど、スープの感じはかなり良いです。エビと魚の出汁をベースにココナッツミルクの甘味とサンバルソース的な辛さの組合せがたまらんです。

foods39.jpg

こちらもワンパターンですが油揚げ入れて、パクチー山盛りwww

って、これじゃあ全部同じヴィジュアルじゃないのっ!でも、先のパクチー焼きそばと比べると、クリームオレンジ色したスープと、麺の太さに違いが、、って分っかるっかなー?

foods40.jpg

ホレホレ、こんな感じで、ちょっと太めの白っぽい麺、頑張ってラクサに寄せてる感じが良いのですよ。

でも、例によってスープがしょっぱ過ぎて飲みきれない。

foods41.jpg

ので、翌日、雑穀ご飯を入れて食べました。

foods42.jpg

このスープ、ご飯にも合いますね。ラクサはパクチーラーメン&焼きそばの倍の値段するんですが、カロリーも高く、これだけでお昼一食分に充分足りるから、コストパフォーマンス的には変わらないかもしれません。

ところで、ラクサと言えば、15年前に友人とシンガポール旅行した時の写真がありました。

foods45.jpg

ややっ!?パクチーのトッピングが無いですね。でも、このスープの色は明らかにラクサなんです。箸を突っ込んだままですみませんが、チャイニーズだから許してちょ。これは商業ビルの地下にあったフードコートでして、安いお店でしたがとても美味しかったんです。その後、5年ほど前に赤坂のシンガポール料理屋で食べたラクサが、全然美味しくなくて、ガックリ肩を落としたことがあります。それに比べたら、このインスタント麺はかなりイケておりました。

それでは最後にもう一つ。タイのトムヤムラーメン。

foods46.jpg

トムヤム味のインスタント麺は、マレーシア時代もよく食べてました。麺が細くて直ぐに軟らかくなってしまうので、麺を楽しむという感じではないですけどね。

foods47.jpg

おっと、この日はパクチーがなかったので、代わりにベランダの三つ葉をトッピングしてみました。うーむ、香りはするけど、やはりトムヤム風味には負けてしまいますなあ。やっぱりパクチーがないと味がしまりませんね。

という訳で、今年の夏もエスニックインスタント麺が大活躍しそうです。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: エスニック

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

2015/06/10 08:53 yuccalina

ナンプラーをプラスしてエスニック切干大根

先日、バクテー(肉骨茶)の付け合せに作った、エスニック切干大根(右側の小鉢)のレシピを紹介します。

cooking332.jpg

切干大根のパッケージにあるレシピを少しアレンジしただけですが、具にサクラエビ、セロリ、干し椎茸とパクチーの根、ナンプラーを入れるのがポイントです。

cooking336.jpg

<材料>
切干大根 30g
桜えび 20g
油揚 1枚
セロリ 1本
人参 2分の1本
干し椎茸 2本
パクチーの根(あれば)

油 大さじ1
だし汁 カップ1
干し椎茸の戻し汁 カップ2分の1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
醤油 小さじ2
ナンプラー 小さじ2分の1
酢 小さじ1


1. 切干大根は20分ほど水につけて戻す。人参、油揚げは細切り、セロリは食べやすい大きさに、戻した干し椎茸も薄切りにする。パクチーの根っこはみじん切り。
2. 鍋に油を熱し、サクラエビ、パクチーの根を入れて香りが立ったら、水気をしぼった切干大根とセロリを入れて2分ほどいためる。
3. さらに油揚げ、人参、干し椎茸を加えて炒める。
4. だし汁、干し椎茸の戻し汁、酒、みりん、砂糖をいれて10分ほど煮る。
5. 醤油、ナンプラー、酢を加えたら、落し蓋をし、煮汁が少し残るくらいまで弱~中火で煮る。

ところで、パクチーの根っこですが、ワタクシはスーパーで購入した場合、必ず捨てずに使います。直ぐに調理しない場合は、冷凍しておくんです。

cooking337.jpg

バクテースープに入れたり、みじん切りにしてカレー(ニンニクや生姜と一緒に最初に炒める)に入れたりと、色々と重宝しているのですが、このエスニック切干大根にもピッタリでした。セロリやサクラエビとも相性バツグンですよ。パクチーがお好きな方は、根っこも色々とお料理に使ってみて下さいね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: エスニック

テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

2015/06/04 08:48 yuccalina

久し振りの自家製バクテーとインスタントエスニック麺

暑くなってきてエスニック料理全面解禁となったブログ主ですが、少し前に友人が遊びに来た際、久しぶりにバクテー(肉骨茶)を作ってみました。

cooking330.jpg

今年の3月にダンナと錦糸町オリチカの『A1バクテー』へ行った際、ダンナから

「ウチのバクテーは味が薄い」

と文句をたれられたので、リニューアルせねばと思ってたとこなんです。A1では甘くて濃厚なブラックソイソース(海南チキンラスなどにもかけるソース)を使用していたので、カルディファームで探したんですが見つからず、取りあえずネット検索でブラックソイの原材料を調べて見たら、砂糖が入っていた!そこで、日本の醤油に砂糖を、かなりテキトーな分量で入れてみました。そしたら結構良い感じになりましたわ。

お店のバクテーと、
foods34.jpg

こちらがわが家のバクテー。
cooking335.jpg

まあ、根本的な違いが肉の種類と分量なのは、薄々気が付いてたんですが、私は余り脂っこいのが好きではない為、豚のリブロースは使わず、いつも鶏肉。しかも、手羽中とササミを半々、さらにゆで卵も入れる。と、ダシがあまり濃厚にならないようなことを敢えてしてるんで、仕方ないか。だって、何か同じ部位の肉だけじゃ、つまらないんですもーん。しかも食べる前にレタスを加えるのも、私の勝手なアレンジなんでございます。

で、色々と具を足し過ぎたせいで、スープが見えなくなったりして。

cooking332.jpg

だから、文句言われちゃうんでしょうけど、今回、味はしっかりついていたので、ダンナからクレームはありませんでした。

友人とのランチはバクテーと雑穀ご飯、小鉢が一つと簡素なものでしたが、満足してもらえた様です。

cooking331.jpg

ちなみにグラスの赤い飲み物は、発泡酒+トマトジュースのレッドアイもどき。小鉢はバクテーに合うように、ナンプラーを入れたエスニック切干大根。桜海老とセロリが決め手ですが、レシピはまた別の機会に。

今回はマレー・シンガポール繋がりで、エスニックインスタント麺を紹介します。先日久しぶりにカルディファームに行ったら、こんなの見つけたんです。

cooking333.jpg

上段がベトナムのパクチー焼きそばとラーメン、下段がシンガポールのラクサとチリクラブヌードル(汁なし)です。

ベトナムのが98円なのに対し、シンガポール麺は230円とかなり割高でしたが、総カロリーが200近く高め(500kCal超)ですから、これだけで一食賄えそう。これはちょっと楽しみですね。ラクサはエビと魚ベースの出汁にココナッツミルクのスープで、タピオカ粉の白い中太麺です。クセがありますが結構ハマります。

が、今回は取りあえず、余分に買ったお安い方のベトナムパクチーラーメン(右上)を食べてみました。

cooking334.jpg

結構アッサリめのスープに乾燥パクチーがタップリ入ってます。たまりませんっ!がっ、ワタクシは更にフレッシュパクチーも入れてしまいましたよ。美味し。他のも食べてから、またリポートしたいと思います。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: エスニック

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR