プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/09/10 08:41 yuccalina

行事で憂鬱な秋とストレスの匙加減

「インドの生命医学・アーユルヴェーダ」は私にとってバイブル的書物なのですが、普段の生活でも意識しているのがストレスに関するお話です。

生体が生きていく過程にはストレスは必要なものでもあるのです。肉体的ストレスも、精神的ストレスもない状態では、人間の成長は逆に歪んでしまいます。
例えば、足が痛むからといって、その足を使わないでいると、筋肉が萎縮します。骨も細くなり、実際に歩けなくなってしまいます。その好例、宇宙飛行士です。重力というストレスが骨にかからないために、骨粗しょう症に類似した状態になってしまうのです。運動も、ある意味では肉体的なストレスです。運動を適度にすると人体が強くなります。
また、精神的ストレスにしても、いつもいいことばかりがあって甘やかされている人は、人格的には鍛えられません。要は適当なストレスが心身には必要なのです。

(「インドの生命医学アーユルヴェーダ」第1部、第8章より)


インドの生命科学 アーユルヴェーダインドの生命科学 アーユルヴェーダ
(1996/04)
上馬場 和夫、西川 眞知子 他

商品詳細を見る



肉体的にも精神的にも、嫌なこと、辛いことを経験して人間は成長して行くということですね。例えば乳児期、ある程度大きくなってきたら「外に出して寒さにあてた方が丈夫になる」とか「風邪をひいて治る度に身体が強くなる」とか言われてたのが、まさにそれなんでしょう。難しいのは”適度”なストレスの、”適度”の部分です。余りにストレスが重すぎて、体調不良から重い病気になってしまっては大変ですし。

何故この話をしたか言うと、新学期になってトモローのストレスが急上昇してるからです。春先もそうでしたし、毎度毎度、学校行事の前に食欲不振、排泄の不調、睡眠障害がセットでやってくるのは、まあ想定内なんですけど、今年は中学部に上がって、初めてのスポーツ大会があります。県内の特別支援学校中学部が一同に介しての球技大会。先日、事前学習で去年のスライドを見たそうで、それから様子がおかしくなってきました。

多分相当な人数で盛上ってたんでしょうね。人混みが怖いトモローには脅威だったかもしれません。春の運動会前にも外でランニング中、高等部のお兄さん集団が合流した途端に、座り込んで泣き出した、と先生が連絡帳で教えてくれたこともありました。実は運動会本番を見てた時も、思うところがありまして、徒競走にしろ玉入れにしろ、トモローは周囲のお友達が盛上ってくと、途端に怖じ気付くんです。同じクラスでも発達の良い子は、勝敗を理解してて、勝ちたい意欲満々です。徒競走の時にフラフラ歩いているトモローを見て「トモローくんガンバレー!」と声援を送ってくれた子がいたのですが、大声が苦手なトモローは両手で耳をふさぎ、目をつぶって「ひーー」という表情でした。小学校時代から毎年やってる運動会ですらこんな感じですから、知らない子達が大勢いる今度の大会には計り知れない恐怖心があるのでしよう。

そんな訳で、こういう場合に私が考えるストレスの適度とは、「参加できればOK」なんです。その場から逃げずに頑張れたら良しとしようと。ですから、毎年行事がある度に、「○○会に出られるだけで良いんだよ。前も大丈夫だったから、今度もきっと大丈夫」と声をかけるのです。

そのお蔭で?今のところ行事を休んだ事は一度もありませんし、不調の度合いも毎年軽くなってきてる様です。彼なりに打たれ強くなっていると思いたいです。そして、ストレス過多の時には出来るだけサポートしてあげたいです。それは、体をくっ付けてきたらそれに応えたり、音にも敏感になるのでテレビの音を下げたり、消したりする、その程度のことですけど。ダンナにも協力してもらって、週末のテレビを控えるようにしてもらっています。

そう言えば、ベタベタ体をくっ付けてくるのって、本当に減ってきました。辛い時なら、逆にもっとムギューってしてあげたいのになー。段々恥ずかしくなってきたのかしら。寝る時もそうですが、目が覚めてる間は、必ずダンナの方に体をくっ付けてるんですよ。

夜の寝付きが悪い分、この時期は昼寝することがあります。睡眠不足で体力が落ちれば、気分もさらに下がりそうですから、昼寝で補うのは良いみたいです。小さい頃は昼寝し過ぎて昼夜が逆転しそうになったり、焦ったものですが、最近はある程度の時間で自分から起きてくる様になりました。こんなところにも成長を感じます。

と言う訳でこちらはトモローさんの最新寝顔。

tomoro471.jpg

これまで寝顔フォトは色々撮ってきましたが、ベストショットはこちら。

tomoro469.jpg

当時4才です。両手の位置が可愛過ぎる~!とバカな親が撮りますた。

20s6.jpg

むかーし、ミュシャの画集にあったドローイング”Sleeping Boy”を見た時、「こんな格好で眠る奴見た事ないわっ!」と突っ込んだワタクシも、「ここにおったんか~い!」と感動したのでした。

なぞと言う親バカ話の後はこれくらいにして、最後はストレスと味覚について。多分「ホンマでっかTV」で見たと思うのですが、ストレスを感じてる時は味覚が鈍るんですって。聴覚は過敏になりますが、逆なんですね。濃い味を欲するそうで、高速道路のサービスエリアで売られてる食べ物は、概して普通の飲食店よりも濃い目であると。運転もそうですし、狭い空間に長時間いること自体が、ストレスの原因になるのでしょう。トモローさんにも見事にその傾向が表れております。やっと食べられるようになってきたお米は勿論のこと、パンや麺等炭水化物を余り食べずに、おかずや具ばかり食べています。まあこれも、気持ちが落ち着けば元に戻るでしょうから、好きにさせております。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アーユルヴェーダ ホンマでっかTV

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

犬好きでロック好きなあなたへ「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」 | ホーム | サクラソウとキンギョソウ、黄色コスモス、日日草とムクゲ
Comment
寝顔可愛いですね~♪
ほんとほんと、参加できたこと少しずつ参加によるストレスもご自分で処理できたことほめてあげなばですね、、生まれた時は元気で生まれれば、、とか思ってたのに年月がたつと親のエゴとか見栄とかね、、でてきますどうしても

うちも息子の友達のママと喋ってて (その子はエリート街道まっしぐらの子)、息子のことうれしそうに話す友達に いいなーとか思っちゃう小っちゃい自分もいたりします、でも人と比べてもしかたないし、、 (うちは停学とか 素行が悪くてやっと高校出た人)ですし、、今一応仕事してて一応普通に生きてるからそれ以上息子に望んだりとか やめてます
「外に出して寒さにあてた方が丈夫になる」ですが、ピンランドじゃ、赤ちゃんを外でベビーカーに昼寝させますデヨ。もちろん毛皮の敷物や温かい服で包んで防寒はしっかりしますが、冬は冷たい空気を吸うことになりまスミダね。そうやって肺が鍛えられるそうです。
外の気温に応じて時間の制限がありますけど、皆さん-5度くらいなら平気で1時間ぐらい昼寝させてますデヨ。

トモロー君のためにご主人もテレビを我慢したり、yuccalina様も色々
と我慢なされてることでしょうね。人混みって、なれないとストレスですもの。ウリの以前の勤務先の下請けさんが日本出張に行った時、大阪の人混みに圧倒されて、ホテルに戻ったときに全員トイレで吐いたと聞きました。ピンランドは人口密度が低いし、日本の大都市の人混みは恐怖だったのかもニダなぁ。

トモロー君が無事、スポーツ大会に参加できますように願っておりまスミダ。
通りすがりさんへ
ありがとうございます。

ふぁる代さんへ

> うちも息子の友達のママと喋ってて (その子はエリート街道まっしぐらの子)、息子のことうれしそうに話す友達に いいなーとか思っちゃう小っちゃい自分もいたりします、でも人と比べてもしかたないし、、 (うちは停学とか 素行が悪くてやっと高校出た人)ですし、、今一応仕事してて一応普通に生きてるからそれ以上息子に望んだりとか やめてます

勿論私も他人を羨むことはありますよ。でも、羨んでみても別に何の解決にもなりません。それこそ、足るを知るというか、出来てることに感謝した方が、気持ちも良いですから。
Mansikka様わちにんこ。
> 「外に出して寒さにあてた方が丈夫になる」ですが、ピンランドじゃ、赤ちゃんを外でベビーカーに昼寝させますデヨ。もちろん毛皮の敷物や温かい服で包んで防寒はしっかりしますが、冬は冷たい空気を吸うことになりまスミダね。そうやって肺が鍛えられるそうです。
> 外の気温に応じて時間の制限がありますけど、皆さん-5度くらいなら平気で1時間ぐらい昼寝させてますデヨ。

そうですたか。寒さも赤ちゃんの頃から慣れさせるんですね。確かに、ずっと温かい部屋ばかりで、急に寒い所に出たら体が着いて行きませんよね。

> トモロー君のためにご主人もテレビを我慢したり、yuccalina様も色々
> と我慢なされてることでしょうね。

ウウッ、ダンナの私も我慢してるって程でないかも、、。こっちにもストレス溜まってイライラすると逆効果なんで、無理のない程度に気を付けてる感じです。

> 人混みって、なれないとストレスですもの。ウリの以前の勤務先の下請けさんが日本出張に行った時、大阪の人混みに圧倒されて、ホテルに戻ったときに全員トイレで吐いたと聞きました。ピンランドは人口密度が低いし、日本の大都市の人混みは恐怖だったのかもニダなぁ。
私も大阪の人混み苦手です。何か変な臭いするんですよね。都内では新宿、池袋あたりも苦手なんです。


> トモロー君が無事、スポーツ大会に参加できますように願っておりまスミダ。
お心遣いカムサです。
ストレスと上手につきあうのって、どうも難しいです(^_^;)

それにしても、トモローくんの寝顔、4歳のときも今も
と~ってもかわいいです(*^_^*)
癒されますね~(^_-)
優々kakaさんへ

> ストレスと上手につきあうのって、どうも難しいです(^_^;)
そうですね。難しいからこそ抜け出した時には、きっと一皮剥けてるのかもしれませんね。

> それにしても、トモローくんの寝顔、4歳のときも今も
> と~ってもかわいいです(*^_^*)
> 癒されますね~(^_-)
ありがとうございます。今では寝顔くらいしか可愛くなくなってきました。反抗的な目付きをされて、キーッとなることもしばしばです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/977-75a212c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR