プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/31 10:16 yuccalina

ひょんなとこからBarbarella's Bang Bangとロマ音楽の沼に落ちた話

現在テレビては、日本に来た外国人又は海外に住む日本人を取り上げた番組が目立つようですが、その中で唯一私が毎週欠かさず見てる、つーか毎週録画してるのがテレビ東京の「YOUは何しに日本へ?」です。

成田空港の到着ロビーで、外国人にインタビューしまくり、面白い映像を撮ろうと体当り取材する姿勢も良いし、MCのバナナマン良し、ボビー・オロゴンのナレーションも良し。密着取材を途中ですっぽかされたり、思い通りに行かなかった部分もまた面白い。とにかくTV特有の「ヤラセ感」が少ないのが良いんだと思います。

で、8月25日の放送は、フジロックフェスティバルで来日したフランスのデュオ、インスペクター・クルーゾー(The Inspector Cruzo)の密着が面白かったんです。

you1.jpg
you2.jpg


私は全然知らなかったんですが、フェスティバルの内側がチラリと覗けたのも良かったですし、彼等の音楽に合わせて、密着出来るまでの経緯をPV風に纏めたのが面白かった。成田では番組スタッフを大学生と勘違いして、思いっ切り「NO! 」だったのが、実は有名番組と知り取材OK。ひざま付いて謝罪という、今までにないパターンでした。

と、前置きが長くなっちゃいましたが、本題はそのインスペクター・クルーゾーの前に演奏してた、何だか可愛らしい女性ヴォーカルのバンド、バーバレラズ・バン・バン(Barbarellas Bang Bang、以下BBBと略)です。TVではほんのチラッと映っただけなんですが、ピピッと私のアンテナがキャッチしたとゆーか、クンクン、匂うぞ、こりはきっと私の好物に違いないっ!と。

BBB.jpg

早速検索、こちらも初めて知りました。イギリス発だけどメンバーは多国籍のジプシーパンクバンドとなっ?





YouTubeは勿論のこと、BBBのオフィシャルサイト(英語版)でも動画見れますが、エキゾチックでキュートではありませんか?写真もなかなかでして、ピエール・エ・ジルっぽいかな。ヴォーカルのバーバラはファッションだけでなく、ちょっとクセのある歌い方も、女子からの支持を得そうな気がします。PVもスタイリッシュで素敵だし~!

bbgbg2.jpg
bbgbg1.jpg

どちらもBarbarella's Bang Bang公式サイト(英語)より



で、パンクなロマ(=ジプシー)音楽で思い出したのはやはりレ・ネグレス・ヴェルト(Les Negresses Vertes)。来日公演も行きました。あの頃はロマ音楽と言えばフランス発が多くて、ジプシーキングスが一番有名なんでしょうか。



あとロマは名乗ってなかったけど、イギリス発の無国籍音楽としてはやはりスリー・ムスタファズ・スリー(3Mustaphas3)がやはり印象深いです。



こちらにも一応女性ヴォーカルはいましたけど、サブでしたので、そういう意味でも、私にはBBBがちょっと新しく感じたのかもしれません。

そして、近年ロマのバンドが元気なのがご本家とも言えるルーマニアですね。昔ジョニー・デップがロマの青年に扮した映画「耳に残るは君の歌声」で音楽を担当&出演してたのが、ルーマニアのタラフ・ド・ハイデュークスだったと知ったのは、つい最近の事なんです。



ロマを描いた映画「ラッチョ・ドローム」にも出演しているようで、YouTubeで見てみようかな~。

ルーマニアのバンドはオサレ感は低いですが、音的にはディープなのが特長でしょうか。BBBと同じくフジロックに参加してたのがファンファーレ・チョカリーア。



こちらもかなり濃いい感じですが、ラッパと笛がメインの編成なので、私的にはタラフの方が好みかな。ヴァイオリンが無いとモロにバルカンの音って気がするのは私だけでしょうか。

てな具合にBarbarellas Bang Bangをキッカケに、またもやロマ音楽の沼に落ちてしまった今日この頃です。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: イギリス フランス ワールドミュージック ロマ

テーマ:ワールドミュージック - ジャンル:音楽

「バーナビー警部」は奇跡の男? | ホーム | 南国音楽で惜しむ夏の終わり~ブルンジ、マダガスカル、マルチニークにメキシコetc.
Comment
8月25日の「YOUは何しに日本へ?」、ワタクシも観ました!
面白かったですね~~^^でもBBBはノーチェックでした。
さすがユッカリーナ様、目の付け所が違う(驚)
バーバラ、すごくかわいいし声も良いですね^^

ジプシーキングス、懐かしいです^^
スリームスタファズスリーは若い頃ガン聴きしてました(笑)
ちょっとふざけた感じがお気に入りでした(^^ゞ
まーさんへ
BBBは音も少しで、映像も引きの絵だったんですけど、最初見たときに設楽さんが「あ、こんな可愛いバンドも出てるんだ」みたいなこと言ってたんで、気になって繰り返しチェックしてみたんですよ。多分あの一言がなかったら、私もスルーしてたかしれません。

> スリームスタファズスリーは若い頃ガン聴きしてました(笑)
> ちょっとふざけた感じがお気に入りでした(^^ゞ
まーさんもお好きなんですね。私もアルバムは一通り持ってますし、ファンレター送って返事付の写真を貰ったことあります。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/968-09599b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。