プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/08/14 08:40 yuccalina

スカのビートでスペシャルズな夏

久しぶりに音楽の話題を。つい先日、今年の夏もスペシャルなことは何もない、と書いたばかりですが、トモローにちょっとした変化がありました。

それは、デイサービスに送迎する車の中で聴く音楽。トモローはクラッシックが好きなんですけど、もうちょっと夏っぽいの、どーなのよ?と試しにかけてみたのがスペシャルズです。スカです。レゲエ音楽が赤ちゃんにウケるとは、どこかで聞いたことありますが、その親戚であるスカも子供ウケするんでしょうかね。いつのまにやら、カーステのヘビーローテーションになっております。

2 original Classic Albums - The Specials / More Specials2 original Classic Albums - The Specials / More Specials
(2011/03/28)
Specials

商品詳細を見る


で、一番好きな曲はどうやら「A Message To You Rudy」。



ホーンもご陽気で、楽しげな曲ですよね。

トロピカルな雰囲気のインストゥルメンタル曲「Holiday Fortnight」とか、



「Pearl's Cafe」に、



「I Can't Stand It」もね。



全てに共通するのは、リズムセクションが何かカワイくて、キャッチ―なメロディがあるとこでしょうか。

ちなみに、私がスペシャルズを初めて知ったのは初来日した80年頃(高校1年くらい?)で、当時読んでいた「音楽専科」の記事ですが、実際音楽を聴けたのはその数年後でした。昔は雑誌で見たアーティストやアルバムジャケットの写真と記事から、勝手に想像を膨らませてたんですよね。そして、近年スペシャルズを見直すキッカケになったのは、やはりこの人のせいかも、エイミー・ワインハウス。



彼女の「Rich Girl」も大好きです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: イギリス 80年代

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

私がアデリナちゃんを応援するワケ~「炎の体育会TV」で京都おもてなし | ホーム | 「ココ・アヴァン・シャネル」~ファッションの価値観を変えた女性の原点
Comment
今日は♪
スペシャルズ、懐かしいっす!!
最近はご無沙汰ですが、その昔結構聴いてました♪
高揚してきます、自分(笑)
エイミーワインハウスもしょうがないといえば、そうなんですが、もう少し観たかったです……
リュウさんへ
私の場合スペシャルズは現在の方が良く聴いてるかもしれません。昔はファッション的な見かけのカッコ良さしか分かってなかったかな、とか。
こんばんは。
スペシャルズ良いですよね~!
やっぱりスカは夏に聴きたくなります。
yuccalina様 こんばんは

スペシャルズをBGMに車を走らせるなんて
カッコよくも楽しそうですね。
自分はペーパードライバーなのですが
そういうのには憧れます。

本場のレゲエにないスタイリッシュさがいいですよね。

抹茶アイスさんへ
スカはやっぱり夏の音楽ですね。
聴いててとても楽しいです。
GAOHEWGIIさんへ
確かに、スカはレゲエよりもお洒落なイメージありますね。
50~60年代に流行ったので、ファッション的にも小奇麗な印象があります。
運転も楽しくなりますよ。
初めまして
懐かしい名前を目にして思わずコメントしてしまいました。当時ツートンの市松模様のファッション流行りましたね。東京やロンドンがとてもにぎやかだった時代だなあと、、最近ブロンディやドナサマー、JAPANなどなど懐かしい人達を聴き返しております。
夜想曲さんへ
こちらこそ初めまして。コメントありがとうございます。

> 懐かしい名前を目にして思わずコメントしてしまいました。当時ツートンの市松模様のファッション流行りましたね。東京やロンドンがとてもにぎやかだった時代だなあと、、最近ブロンディやドナサマー、JAPANなどなど懐かしい人達を聴き返しております。

当時はロックを聴かない子でもツートーンのシャツを着ていたりして、ファッションに強い影響力を持っていましたね。70年代80年代のロックは私もよく聴いています。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/959-731f9c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR