プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/08/08 11:00 yuccalina

バレエリュスのインスピレーション~触発し合うアートとファッション

しつこいですがバレエリュス(展覧会の記事はコチラ)のコスチュームの話を、もう1つだけしておきたいと思います。

Mansikka様のブログ「キッサンケッロ 猫の鐘」に、こんな記事が載っていたからなんです。

・・・もう一つ、Neverまとめさんにあるチャルで気になったのが下の農民の女の子の衣装。
緑のスカートに描かれた手書き風のシンプルで大きな花柄がマリメッコ風なんです。
マリメッコもバレエ・リュスからインスパイアされたニカね。
fashion114.jpg
バレエリュスの衣装とマリメッコのコピー騒動~「キッサンケッロ 猫の鐘」より



ナタリーヤ・ゴンチャロワがデザインした「金鶏」の農婦の衣装(左側)が、マリメッコのお花(Unikko=けし)に似てるのでは?と言う指摘でした。

バレエリュス展見に行った時には、真ん中の衣装の方が気になって、見落としてたんですが、確かにシンプルに描かれたお花模様が似ている気がします。

そこで、ふと思ったんです。丁度ラウル・デュフィ展(記事はコチラ)で見たテキスタイルデザインも、時代が被ってるんですよね。アートの世界でも写実から、もっとシンプルでポップな表現が生まれてた時代。ファッションでもヴィクトリア調の写実的な花模様とは違ったものが好まれるようになったのかもしれませんね。

デュフィが影響を受けたマチスの絵の中にも、似たような雰囲気の絵があったりして、

fashion100.jpg
fashion101.jpg
fashion102.jpg

そして、こちらは先日紹介したものも入ってますが、デュフィのテキスタイルデザイン(全て回顧展カタログより)。

fashion104.jpg
dufy13.jpg
fashion105.jpg

またデュフィはファッション画も手掛けており、これがまた素敵なんです。

fashion106.jpg
fashion107.jpg

で、こちらが先ほど紹介した農婦の衣装(中央)のデザイン画です(展覧会チラシより)。

fashion103.jpg

要するにバレエリュスの中でだけでなく、時代の空気としてアートとファッションが結び付き、互いにインスピレーションを与え合っていたのかもしれません。ですから、マリメッコが直接バレエリュスからインスパイヤされたかどうかは分からなくとも、どこかで繋がってる可能性は非常に高いと思います。

で、私が以前東欧雑貨ICIRI*PICIRI(リンク欄参照)で購入した古着の中にも、マリメッコ調のお花柄(ちょっと小さ目ですが)がありましたわ。

fashion84.jpg
fashion108.jpg

こちらはホームソーイングの服なので、この手の柄の服地が広く出回っていたってことですね。こうしたポップなお花柄は、60~70年代のファッションでも取り入れられてたと思うんですが、20年代にルーツがあったのかもしれませんね。

最後にMansikka様の同じ記事からもう一つ。

・・・タマーラ・カルサヴィナで検索して、これは可愛い!と思ったのがこの衣装。
古代ギリシャの恋愛物語『ダフニスとクロエ』のクロエの衣装らしさ。
fashion115.jpg
バレエリュスの衣装とマリメッコのコピー騒動~「キッサンケッロ 猫の鐘」より


タマーラ・カルサヴィナはイギリス人と結婚&帰化して、ロイヤルバレエ団などにバレエリュスのプロを伝えたお方ですが、とーってもキュートですね。写真がモノクロなのが残念ですが、左のデザイン画はちょっとクリスチャン・ラクロワを思わせます。ラクロワと言えば、パリオペラ座の衣装を手掛けたこともあるデザイナーですが、今も昔もバレエはファッションにインスピレーションを与える存在なんでしょうね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: バレエ フランス 20年代

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

「ココ・アヴァン・シャネル」~ファッションの価値観を変えた女性の原点 | ホーム | キンギョソウ、日日草、朝顔とリンドウetc.
Comment
こんにちは。
バレエリュスの衣装、デザイン画も可愛いですね。
確かにマチスやデュフィを思わせるカラフルさですね。
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
抹茶アイスさんへ
バレエリュスの衣装、デザイン画も可愛いのが沢山あります。
踊りを踊るには重そうな感じのものが多いですけど、現代の素材を使えば、軽量化出来そうですね。

鬼藤千春の小説さんへ
初めまして。今度覗いてみますね。
yuccalina様、遅くなりましたが、記事のご紹介、ありがとうごじゃいますた!
農婦の衣装のデッサン画、味があって可愛いですねぇ。
デュフィーのテキスタイルデザインやファッション画はどれもモダンで素敵♪ 眼福ですた!
Mansikka様
お怪我で大変な時に、わざわざコメントありがとうございます。
セカンドオピニオンは受けられましたか?不安解消できると良いですが。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/954-8f0a2ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR