プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/07/11 08:16 yuccalina

浅田真央ちゃんのミステリーハンターから東欧の民族衣装話

浅田真央ちゃんがミステリーハンターに挑戦した「世界ふしぎ発見」は、スポンサーの日立の株価上昇とゆー経済効果もあったそうですが、お茶の間には微笑みをもたらしてくれました。特にフォークロア好きで踊り好きなブログ主にとって、スロヴァキア編がどストライクでしたが、民族衣装着てダンスする真央ちゃんが可愛すぎて、気が狂いそうなったのは、私だけではないでせう。

で、今回は民族衣装の話をしようかと思います。実はこのミステリーハンターは放送前から情報がネット上で話題になってまして、そこには「スロヴァキアでダンスしてる写真」も含まれておりました。ところが、TBSの番組サイトには「ハンガリーで流行した民族舞踊」とのキャプションがあり、え?スロヴァキアの踊りじゃないの?ハンガリーなの?と混乱してしまった私。まあ、大抵の日本人にとってはどーでも良い問題でしょうが、ルーマニアのハンガリー人の踊りを習っていたことがある私には、ちょっと気になったんです。スロヴァキアで取材してるのにスロヴァキアの民族舞踊と紹介しないのには、何か理由があるのか?と、勝手に深読みしてしまったと。そこで、スロヴァキアとハンガリーの関係を色々と調べて行ったところ、歴史的に複雑で、現在も問題を抱えてることが分かりました。私の様なライトなフォークロアオタクには、手に負えなさそうなので、取りあえずそこには触れないでおきます。まあ、衣装にしろ音楽&ダンスにしろ、何々民族だからどーのこーの言うよりも、国は違えど何か似てるとこはあるし、素敵なものを共有してる楽しさを味わおう!と言う目線で書いていこうと思います。どっちがオリジナルなのか云々するよりも、どちらも魅力的であるという感覚を大事にしていきたいなと。

そんな訳で、今回浅田真央ちゃんが発端で、東欧の民族衣装を色々調べてるうちに、ネットで拾ってきた美しい写真や、興味深く思ったことを取りあえず記録しておこうかと思います。そして、今後新しい情報があれば追加したり、記述に間違いがあれば訂正しながら、記事を広げていけたら良いなと思っております。

それでは、早速真央ちゃん達が着ていた衣装から。

maoasada37.jpg

この衣装はスロバキア中部で見られる衣装だそうです。取材してたドブシンスカ洞窟も国の中央に位置してますので、近くの村でしょうか。

maoasada38.jpg

男性のベストとシャツの丈がチョー短くてお腹が出てるのが、ちょっと変わってますねえ。何故なんでしょうか?どんな意味があるのか知りたいところです。

一方の女性はレースのつけ襟らしきものを、胸の前でクロスして腰で結んでいるところが特徴的です。KROJE A TAKというサイトで画像を発見しました。

KROJE A TAK
folkcostume8.jpg
folkcostume9.jpg



こちらはどこで拾ったか分からなくなってしまったのですが、Slovakia Folk Costumeで検索してヒットしました。

folkcostume3.jpg

黒い生地に色鮮やかなお花の刺繍をしたギャザースカートとエプロン。お花の感じはチェコでよく見られる刺繍のリボンを模したように見えなくもないですね。

folkcostume4.jpg

追記(7月25日)

真央ちゃんが踊ってたフォークダンスの地域が特定されました。
Podpoľanieという地域のOčová村だそうですが、どちらも発音は分かりません。手持ちの地図に載ってる地名でZvolen(ズボレンという所が近いみたいです。



実はYouTubeで真央ちゃん及び舞踊団の皆さんとほとんど同じ衣装を着た動画があったので、どこの踊りなのかコメントを入れておいたところ、先日返信が来たのです。Očová村のホームページ(コチラ)も教えて頂きましたが、残念ながら英語版はないみたいで、自動翻訳でもイマイチ分かりません。ただ、場所はスロバキア中部の山岳地帯であり、山岳民族の踊りであることは間違いなさそうです。


さて、ヘソだしショート丈のシャツ&ベストは別にしても、男性のゆったりしたズボンって、結構広く分布してそうです。実は私が真央ちゃんの写真を見て、真っ先に思い浮かんだのはルーマニア北部マラムレシュ地方の男性衣装なんです。写真は“みやこうせい”さんの写真集より。

folkcostume6.jpg

みやさんの写真は私をトランシルヴァニアへと導いきました。ついでと言ってはなんですが、マラムレシュの踊りの動画もどうぞ。女性の衣装は勿論、男性の帽子も可愛いですよ。



で、マラムレシュ女性のブラウスは襟や袖がフリルっぽくて可愛いんです。ボーダーのエプロンも素敵。同じく、みやさんの写真集より。

folkcostume7.jpg

ルーマニアの赤い薔薇ルーマニアの赤い薔薇
(1991/11/01)
みや こうせい

商品詳細を見る


でも、男性のゆったりパンツルックはハンガリーにもありまして、

KROJE A TAK - DIFFERENCE BW HUNGARIAN & SLOVAK
folkcostume10.jpg



まるで、カラフルな鳥みたいなフォルムですね~。シャツの刺繍もパンツのギャザーにしても、こっちの方がかなり豪華ですが、普段着るには邪魔くさそうなんで、特別な衣装かもしれませんね。多分マチョー刺繍と呼ばれるものだと思います。

それともう一つ気になっていたのが、浅田真央ちゃんが髪に巻いていたリボン。

お花の刺繍がされたリボンはやはりチェコ製なんでしょうかね?トランシルヴァニアでも広く用いられているようですが、以前紹介したカロタセグ地方の衣装でも、髪飾りやエプロン等にふんだんに使われています。(ちなみに左が私)

erdely3.jpg

んで、チェコの衣装にこんなのがありましたわ。

KROJE A TAK DIFFERENCE BW CZECH & SLOVAK
folkcostume5.jpg



これは、どちらかがどちらかに伝わったのか?それとも同時多発的なのか?リボンがチェコ製ならば、チェコ→トランシルヴァニアの流れが自然かもしれませんが、、どうしたら綺麗に見えるか、可愛いかなぞを追求していったら、同時多発もありうるのかな?なんて思いますね。

とか何とか、色々と想像したりするだけで、私はとっても楽しくなってしまうんです。だからオリジナルがどっちかなんて言いっこなしですよ。

同様に、このリボンを用いたカロタセグの刺繍エプロンについて。下の写真は谷崎聖子さんの展示会で撮ったものと、著書にあったものです。エプロンの縁取りにリボンが使われてるのが分かり、全体として縦縞模様になっています。

kalotaszeg2.jpg

<「カロタセグのきらめく伝統刺繍」より女性のエプロン>
erdely4.jpg

カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事
(2013/09/23)
谷崎 聖子

商品詳細を見る


この縦に柄を配置したエプロンですが、ルーマニア人の衣装に似たものを発見しました。

サラジ地方の踊りの動画ですが、女性のエプロンが何となくカロタセグのに似てるんです。リボンの縁どりは無くて、刺繍の縦ラインが2本です。エプロン自体もかなりシンプルな作りの上に、無地のスカートに合わせてるので、豪華ではないですけど、これはこれで中々可愛いんじゃないでしょうか。



で、私はこの音楽と踊りがとっても好きでして、男女がコーラスしながら、ゆったり踊る姿にちょっとほんわかしますわ。ルーマニアは国土が広いせいもあるんでしょうけど、地域によって衣装も音楽も感じがかなり違うのが面白いんです。ハンガリー、ブルガリア、ウクライナ、ユーゴスラビア等、隣接してる国の影響を受けるんでしょうね。

サラジとカロタセグは距離的に結構近いですし、よーく聴いてみると、何か音楽も似てなくないです。上のルーマニア人の踊りはテンポがゆったりで長調ですが、下のカロタセグの曲とどことなく似てるような、、。



上の動画はレゲニエシュという男性の踊りからスタートして、3:40あたりから女性とペアのチャルダシュに変わります。そこでまた浮かんできたのは、今回色々と見てみたスロバキアのフォースダンス動画の中に、似た曲がありました。



ってな具合に、衣装だけでなく音楽も踊りもセットで影響を与え合ってる?と言うか、良い物は共有する結果になるんですよ、きっと。

と考えることにしました。

最後にオマケ。インド映画「Hum Dil De Chuke Sanam」の中のハンガリアンダンス(カロタセギ・レゲニエシュ)。民族舞踊団と一緒に踊ってるインド人俳優の名はアジャイ・デヴガン。共演の美女は元ミスユニバースのアイシュワリヤ・ラーイ。



実はこれ、ブダペシュトでロケしてるのに、映画の中で舞台はイタリアの設定だったんですよね。名所が映ってたり、エキストラが普通にハンガリー語喋ってるし、ハンガリーダンスを踊っても尚、あくまでもここはイタリアで通してました。私はこれをマレーシアの映画館で見ながらズッコケたものの、逆に、インド人凄くない?と感心もしました。

流石、インドの俳優はダンスを踊れないと主役は張れませんので、中々サマになっております。それに、ハンガリーやルーマニアのロマが同じような踊りをしてることを考えれば、インド人が踊っても全然可笑しくないんですよね。

追記)
凄いタイミングで今判明したのですが、今晩9時テレビ朝日の「こんなところに日本人」に、ルーマニア在住の手芸研究家、谷崎聖子さんが出演されるそうです。先に紹介した本の著者でもあります。テレビ欄を見たところでは、「東欧の少数民族の妻」とありますので、きっとルーマニアのハンガリー人にも言及することになると思います。素敵な民族衣装などを見られると思いますので、興味のある方は是非ご覧ください。



お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央 トランシルヴァニア 刺繍 東欧

テーマ:東欧 - ジャンル:海外情報

イーラーショシュ×ジャン・コクトー? | ホーム | 私的豆腐の食べ方とハニーマスタード白和え
Comment
yuccalina様、こんしお~♪
トモローくんのおさしんゾラきゃわわです。
ブルログのテンプレもきゃわわなんです。
yuccalina様、ヨガのソンセンニムなので、ゾンナ朝早起きなんですね、その?

ところで、巻きますの民族衣装のこと、教えていただいて、ありがとうごじゃいました(m_ _)m ウリのブルログの方でも訂正して、yuccalina様の記事をリンクさせていただきました。

Mansikka様のブルログでyuccalina様が※書き込んでいるのを読んでいて、スロバキアの衣装とおっさっていたのをわかっていたんです。

ですーが、TBSのバックナンバーに誘導されて、ハンガリーと書いてしまいましたwww

それにしても、yuccalina様すごすぎです!!民族学のお勉強でもなさっていらっさったニカ?ウリ、ゾンナ尊敬の眼差しでスミダ:.。.:*゜( n´∀`)n゜*:.。.:*

オフショットで巻きますがナムシングの腹毛をなでなでしていたのも、セパレートなお衣装がスロバキアにはあるんですね。

ルーマニアの衣装も刺繍が素晴らしいし、踊りも何だかインドっぽいというかホントにロマの影響のような感じニダね。アイリッシュダンスやタップダンスにも似ているような・・・?

どっちにしろイルボンの踊りと違って軽快でスミダ。日舞はフラダンスのように足腰の筋肉使うらしさ。yuccalina様はお詳しいと思うニダが。
こぱんだ様こんしお!
記事のリンクありがとうございますた。
ハンガリーなのかスロバキアなのか、ハッキリさせたくないのかもしれませんねえ。一応TBSに質問メールは送っといたんですけどに。

> それにしても、yuccalina様すごすぎです!!民族学のお勉強でもなさっていらっさったニカ?ウリ、ゾンナ尊敬の眼差しでスミダ:.。.:*゜( n´∀`)n゜*:.。.:*
>
民俗学的なことは個人的に興味がある範囲でネットで読んだりしておりますが、ウリ覚えも多いので、随時訂正いれるつもりです。
こんにちはー

真央ちゃんの番組私も見ました 民族衣装ほんと似合って可愛かったですね
楽しそうにご旅行なさってる感じでいい番組でした

子供のころ父が会社の技術研修でヨーロッパに行ってた時こんな感じの民族衣装のお人形買ってきてくれたことありましたが いかんせん目つきが怖いお人形で あまり大事にしてなかったことありました 今にして思えばもったいなかったかも、、、

チェコの衣装後姿が凝っていてすごいすてきですね、、後姿と言えば今のウエディングドレスって後ろに大きなかわいいリボンが流行ってるみたいです チャペルとかで皆に後姿見せたりするからでしょうね
ふぁる代さんへ
真央ちゃん、どのシーンも楽しげでよかったです。

> 子供のころ父が会社の技術研修でヨーロッパに行ってた時こんな感じの民族衣装のお人形買ってきてくれたことありましたが いかんせん目つきが怖いお人形で あまり大事にしてなかったことありました 今にして思えばもったいなかったかも、、、

ふぁる代さんのお父様は理系男子なんですよね。ウチのダンナの会社(私も働いてましたが)も、旧共産圏の仕事が結構多かったので、怖い顔の人形って想像がつきますが、衣装だけなら可愛かったでしょうね。

> チェコの衣装後姿が凝っていてすごいすてきですね、、後姿と言えば今のウエディングドレスって後ろに大きなかわいいリボンが流行ってるみたいです チャペルとかで皆に後姿見せたりするからでしょうね

そうなんですか。バックスタイルも結構重要ですもんね。
yuccalina さん、こんばんは^^
綺麗な民族衣装をたくさんご紹介くださって、ありがとうございます。
真央ちゃん、すごく似合っていて可愛いですね。
こちらの番組は結局見られなかったのですが、さっき、谷崎聖子さんが紹介されている番組、見ました~。
トランシルヴァニアの古民家での暮らしなんて、憧れますね!
yuccalina さんも、トランシルヴァニアに旅行されて、民族衣装を着るなんて、得難い体験をされていますね。
Arianeさんへ
実はトモローがいると集中して見れないので、月曜日に録画をじっくり見る予定です。
村の暮らしはきっと、私が憧れるヨガ的な生活でもあると思っています。情報や物に溢れていない分、今現在のことを見つめて、丁寧な暮らしをしているような。
yuccalina様、こんしお~!わーい、こぱんだ様もいらしてた~!
この記事を待ってますたわ!

クロスした襟がつけ襟だってのは、今初めて知りました。
真っ白いブラウスに真っ白い襟だとつけ襟っぽさがなくていいニダが、襟に柄があると目立つニダね。ちょっと、おんぶ紐っぽい・・・と思ったんです。もしかして、元々おんぶ紐から着想を得たつけ襟なのかしら?と想像が膨らみました。

この記事とバレエ・リュスの記事にリンク貼ってもいいですか?
ウリもyuccalina様と真央ちゃんの影響で、民族衣装ブームなんです♪
Mansikka様こんしお~!

リンクの件は勿論、ウエルカムサでスミダ~♪

> クロスした襟がつけ襟だってのは、今初めて知りました。
> 真っ白いブラウスに真っ白い襟だとつけ襟っぽさがなくていいニダが、襟に柄があると目立つニダね。ちょっと、おんぶ紐っぽい・・・と思ったんです。もしかして、元々おんぶ紐から着想を得たつけ襟なのかしら?と想像が膨らみました。

画像が行方不明になってしまいますたが、スロヴァキアの衣装を調べてた時に、大判のウールのショールを三角に折って肩にかけ、胸のとこでクロスして腰で結んで使っているのを見ました。形的にはコットンレースの襟を付けてるのと同じになってますたので、もしや胸に十字を付けて身を守る的意味があったりして?なぞと、勝手にそーぞーして喜んでおります。
yuccalina様、ありがとうごじゃいます!
早速、ウリのブルログの最新記事にリンクを貼りますた。
ブルログにも書いたんですが、明日から2週間スペインに行ってきます。
26日にピンランドに戻ってくる予定で、暫くブルログお休みしまスミダ。

>もしや胸に十字を付けて身を守る的意味があったりして?なぞと、勝手にそーぞーして喜んでおります。
なるほど!そういう意味があるかもしれませんね!色々、想像すると面白いニダねぇ。
Mansikka様
わざわざ連絡ありがとうございますた。
スペイン旅行楽しんできてくださいませ~!

> >もしや胸に十字を付けて身を守る的意味があったりして?なぞと、勝手にそーぞーして喜んでおります。
> なるほど!そういう意味があるかもしれませんね!色々、想像すると面白いニダねぇ。

こちらはもう少し調べたみよーかと思ってます。
お久しぶりです!
フラワーショーやなんだかんだでずっと予約投稿ですごしてました^^;

なんとこんな濃い~ネタをかいてらしたとは!
いつものことながらその探究心には感服いたします~。
まおちゃんの民族衣装姿、谷崎聖子さんも見逃しました(涙)
ネットで探さねば。

スロバキアの民族衣装、刺繍がたまりませんねぇ。
あの辺は歴史的にも政治的にも複雑ですよね。
でもこうやって見てみると、やっぱりつながってるんだなぁって感じます。

自分がスロバキアやチェコを旅してたときは、民族衣装ってほんと地方のおばあちゃんが着てるのしか見たことないです。それも日常着のような地味なものを。
マラムレシュ地方では何かイベントみたいなものがあったのか、民族衣装を着てる集団とか、村で若い人が着てるのをちらっと見ましたが。
EU化も進んでどんどんそういう姿が減っていくのかなって思うとちょっとさびしいです。
そんな私も着物着てませんけど。

民族衣装、大好きです~。また楽しみにしてるのでとりあげてくださいね!
ちょしっちさんへ
お久しぶりです。

> まおちゃんの民族衣装姿、谷崎聖子さんも見逃しました(涙)
> ネットで探さねば。

真央ちゃんの方は
https://www.youtube.com/watch?v=KOtVitg8Xgg
で見れますが、聖子さんの方は残念ながらアップされてないようです。

> 自分がスロバキアやチェコを旅してたときは、民族衣装ってほんと地方のおばあちゃんが着てるのしか見たことないです。それも日常着のような地味なものを。
日本人が正月くらいしか着物を着ないのと同じかもしれませんね。何かお祭りの時に行けば、ゴージャスなものを見れるかもしれません。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/938-a5791fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR