プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/07/14 09:06 yuccalina

新説「シド・バレットは不思議王子?」その(3)~サビ抜きかはたまたワサビの握りか?の「Baby Lemonade」

自閉所児の母目線で、アスペルガー男子シド・バレットを見つめるシリーズの第3回です。前回の「Bike」編から短いインターバルで取り上げるのは「Baby Lemonade」という曲です。実は「Bike」と一緒に取り上げようかと思ってたんで、考えは大体固まっておりました。ちなみに初回と2回目は以下。

今、再びの新説「シド・バレットは不思議王子?」その(1)
新説「シド・バレットは不思議王子?」その(2)~突然歌い出したり、曲調が変わったりの「Bike」

前回書いたのは、シド・バレットの曲にはイントロが短かったり全くなかったりが多い、という話だったのですが、その対極として取り上げたいのが「Baby Lemonade」なんです。

最初のギターソロが、全く別の曲をくっ付けたみたいに浮いている、と言いましょうか。曲の中心へ導く雰囲気が全く無いのです。実はギターソロは別の曲で、その後に入るキーボードからがイントロ、と言っても良い様な感じ。

ってな訳で、実際曲を聴いて確認して頂きたいです。冒頭から0:40くらいまでギターソロ、その後キーボードが入り曲調が変ります。



これ、絶対後から付けたんでしょうねえ。

とか思ってたら、簡単に確認できましたわ。最近は旧譜に別テイクのボーナストラックを加えた「デラックスエディション」ってやつが流行ってますが、シド・バレットも御多分に漏れず出てました。そこにはやはりありましたよ、「Baby Lemonade」のテイク1バージョンです。

その名はバレット(SHM-CD/紙ジャケット)その名はバレット(SHM-CD/紙ジャケット)
(2014/07/23)
シド・バレット

商品詳細を見る




ギターソロがすっぽり無いんです。で、口笛から入ってシドのアコースティックギターでスタート。こっちの方がしっくり来ると言いましょうか、シドらしい感じしますし、十分カッコイイじゃないですか?どういう経緯でああなったのか、知りたいですねえ。シドの思いつきでくっ付けたんでしょうか。

そして、もう一つ、私がこの曲を面白いと思うのは、同じメロディをずーっと繰り返してて、かなりシンプルな作りなとこです。まあ元々、シドの曲には、どこがサビなのか分からんものが多いのですが、これは、もっとも展開しない曲なのではないかしら?つまり、

サビ抜きの寿司なのか、それともワサビだけをてんこ盛りにした握りなのか?
どっちなんだよー?


と突っ込みたくなりますわ。

そして、歌詞についてもちょっとだけ言及しておきましょう。日本語は自動翻訳です。

Baby Lemonade (Barrett) 4:10

In the sad town
cold iron hands clap
the party of clowns outside
rain falls in gray far away
please, please, Baby Lemonade

In the evening sun going down
when the earth streams in, in the morning
send a cage through the post
make your name like a ghost
please, please, Baby Lemonade

I'm screaming, I met you this way
you're nice to me like ice
in the clock they sent through a washing machine
come around, make it soon, so alone...
please, please, Baby Lemonade

In the sad town
cold iron hands clap
the party of clowns outside
rain falls in gray far away
please, please, Baby Lemonade

In the evening sun going down
when the earth streams in, in the morning
send a cage through the post
make your name like a ghost
please, please, Baby Lemonade

悲しい町で
冷たい鉄の手拍手
外部のピエロのパーティ
雨は遠く灰色に落ちる
ベイビーレモネード、お願い、お願い

夕日がダウン中
地球は午前中に、内のストリームとき
ポストを通してケージを送る
幽霊のように自分の名前を作る
ベイビーレモネード、お願い、お願い

私は叫んだ、私はあなたにこのように会った
あなたは氷のように私に親切にしている
クロックは、それらは洗濯機を介して送信さ
これだけでは、すぐにそれを作る、集まってくる...
ベイビーレモネード、お願い、お願い

悲しい町で
冷たい鉄の手拍手
外部のピエロのパーティ
雨は遠く灰色に落ちる
ベイビーレモネード、お願い、お願い

夕日がダウン中
地球は午前中に、内のストリームとき
ポストを通してケージを送る
幽霊のように自分の名前を作る
ベイビーレモネード、お願い、お願い


日本語にするとハチャメチャな感じしかしませんが、英語の方を見れば韻を踏むのが大好きなのが分かりますね。2コーラス目のpostとghostや、you're nice to me like iceとか。洒落や言葉遊びが好きなのもアスぺの特徴です。まあ、詩の世界で韻を踏むのは当たり前なんでしょうけど、その組み合わせの意外性を取りたてて意外と思わずに、フツーにやってのけるところが、アスぺ的ではないかと思う次第です。

と言ったところで、また次回。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 発達障害 自閉症 シド・バレット

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

キンギョソウの色とバラのつぼみ他 | ホーム | イーラーショシュ×ジャン・コクトー?
Comment
シド・バレットの一連の記事、とても面白かったです!!
「Baby Lemonade」は、ワタクシとても気に入ってしまいました。
どこがサビなのか分からん、というのも中々のもの。
東洋音楽では、同じメロディーを延々と繰り返すのが常ですが・・
「サビ抜きの寿司なのか、それともワサビをてんこ盛りにした握りなのか」って、言い得て妙ですね(^^ゞ

次回の記事も楽しみにしております\(^o^)/
まーさんへ
ありがとうございます。
シド・バレットお好きでしたか?

> 東洋音楽では、同じメロディーを延々と繰り返すのが常ですが・・
確かにそうですね。私もいつのまにか型にハマってしまったのかもしれません。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様

はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。

ジュリアン・コープがスピリチャルに興味を持ってたのは、現在の巨大遺跡研究と繋がってるんでしょうね。

なるほど、『ベイビーレモネード』にギターソロのイントロを足したのはギルモアの裁量だったのですね。それで合点がいきました。ありがとうございます。

ワタクシは昭和40年の早生まれですので、若しかしたら学年は一つ下かもしれませんね。

今後ともよろしくお願い致します。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/937-d04e6994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR