プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/06/26 08:10 yuccalina

「カロタセグのきらめくビーズ刺繍展」とKITTEでお買い物&東京駅

先週の17(火)に、「カロタセグのきらめくビーズ刺繍展」へ行ってきました。トランシルバニア(ルーマニア北部)在住の手芸研究家谷崎聖子さんによる、カロタセグ地方の衣装や装飾等の手工芸品の展示会で、29(日)までの開催です。今回は手芸好きな姉と二人、場所は東京駅の丸の内南口と地下で繋がっているKITTE内の、MOORITという毛糸のお店でした。

去年バタフライアネックスというギャラリーで行われた展示会(記事はこちら)に比べると、スペースも出品のボリュームも控えめでしたが、素敵な衣装とビーズアクセサリーの数々を見てきましたよ。

残念ながら写真は店の外からしか撮れなくて、こんな感じでした。

handmade87.jpg

で、今回はミシンステッチの刺繍をしたブックカバーと、ビーズのネックレスを購入して帰りました。

handmade85.jpg
handmade84.jpg

足踏みのアンティークミシンを使った刺繍は、カロタセグの男性用ジャケット「ブイカ」に使われる手法です。下の写真は谷崎聖子さんの本「カロタセグのきらめく伝統刺繍」で紹介されていたブイカ。

handmade88.jpg

カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事
(2013/09/23)
谷崎 聖子

商品詳細を見る


ウールのフェルト生地に、赤と青の糸でミシン刺繍がほどこされています。一方、ビーズネックレスの方は、カラフルな色使いでありながら、黒がベースなので、シックな装いにも合いそうですね。

handmade86.jpg


さて、お店は11時開店でしたので、展示を見てからKITTE内でランチすることにしました。入ったのは「菜な(NANA)」という、おざんざい・炙り焼き・酒のお店。大きなカウンターがあって、お酒が並んでましたので、夜は居酒屋なんでしょうか。

姉は「旬魚の炭焼き御膳」1280円(写真ナシ)で、私は「アボカド海鮮ちらし丼」1550円にしました。

kitte3.jpg
kitte2.jpg

丼に味噌汁、小鉢2つ、茶わん蒸しとお新香がついてました。

で、アボカド丼はまあ良かったんですけど、青菜(左奥)がいかにも冷凍ものの、表皮が固くて中の繊維はグチャっとした食感だし、ゴボウの煮物(奥中央)も味が濃くて、ちょっとテンション下がりました。姉の焼き魚もちょっと味が濃かったそうです。たぶん「京のおばんざい」を謳って、店の名前が「菜な」。だのになじぇに野菜の小鉢がイマイチなんじゃ?と、言うのがありますかね。期待した割にはなんだかなー?のパターンでございました。

その後、気を取り直して、KITTE内のお店をいくつか見て回りましたが、その中で私的にヒットしたのが、手拭いを中心に和風の雑貨を揃えた「拭う鎌倉(Nugoo)」です。手拭いと、コットンのクロス(55㎝四方と75㎝四方)を買ってしまいました。

kitte6.jpg
kitte5.jpg

右端だけ手拭いで、後の3枚は薄手のコットンスカーフです。いやー、これからの暑い時期、首に巻いて活用したいですが、ちょっと買い過ぎでねー?

だーかーらー、私に布を見せてはいかんでしょーがーっ!と後悔しても後の祭りな訳です。

と己をツッコミつつも、

kitte7.jpg

このNugooといふお店、ビニール袋や説明書きのリーフレットもオサレだし、かなり魅かれるものがあります。銀座の綿本ヨーガスタジオから歩ける距離というのも、危ない危ない。今後とも、余り入り浸らないように注意したいと思います。

と言ったところで、他にも中川政七商店とか、KITEには惹かれるお店が色々あったものの、これ以上入ったらヤバそうなんで、屋上庭園で一休み。きれいになった東京駅を眺めました。

kitte1.jpg

かつての郵便局長室の窓からだとこんな感じ。

kitte4.jpg

そして、折角なんで近くにも下りてって、さらに写真撮影。

tokyo1_20140624162610382.jpg
tokyo2.jpg

だって、東京駅って格好いいじゃないですか。初めて意識して見たのは小学校の2、3年生頃でしょうか。当時の日本は切手収集がブームで、私と姉も少なからず集めていました。当時住んでた家は東京まで電車で20分程度の所でしたので、たま~に、父親が逓信総合博物館に連れてってくれたんです。で、いつも、東京駅ってなんかお城みたいで格好良いな~って、思って見てたんですよ。

そんな訳で、姉と思い出話をしつつ、眺めた東京駅。つまんないビルに建て変えさせられないで、ホント良かったですわ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 刺繍 東欧

テーマ:ビーズアクセサリー - ジャンル:趣味・実用

新説「シド・バレットは不思議王子?」その(2)~突然歌い出したり、曲調が変わったりの「Bike」 | ホーム | ガーデニングにハマってきた今、もう一度見たい映画「グリーンフィンガーズ」
Comment
まだきれいになった東京駅を観ていないのですが
レトロな感じがいいですよねぇ。
拭う鎌倉(Nugoo)って、鎌倉のお店ですよね?
そういえば、よく前を通る気が・・・。
鎌倉にあると、観光客向けのお店という感じがして、まだ入っていませんでしたが、今度見てみようかな、と思います。
でも、私もハンカチやスカーフをやたら買ってしまって、もうどれだけあるか分からないので、最近は控えるようにしています。

東京駅、素敵ですよね。
東京ステーションホテルも、泊まれたら素敵だろうな~、と思います(お金をかけて東京のホテルに泊まる理由がありませんが・・・)。

切手は私も集めていました。
古いコイン、紙幣なども好きでした。
そのまま、たくさん持っています。
優々kakaさんへ
駅舎も素敵ですし、東京駅周辺はオフィス街でゴミゴミしてない、人だかりもない、ととても居心地が良かったです。
Arianeさんへ

> 拭う鎌倉(Nugoo)って、鎌倉のお店ですよね?
> そういえば、よく前を通る気が・・・。
> 鎌倉にあると、観光客向けのお店という感じがして、まだ入っていませんでしたが、今度見てみようかな、と思います。

そうです。鎌倉のお店がどんな感じなのかも、興味あります。
置いてる品は、外国人向けというよりは日本人の若い女の子でも喜びそうな感じです。手拭いやスカーフの他にも、バッグやお財布等、可愛い小物が色々ありましたよ。
ネックレスもブックカバーもとっても素敵!!
特にネックレスがかわいくてかわいくて、めちゃ好みです!このようなデザインと色味のセンス、すごくいいなぁと思いました。店内の様子からも素敵感が伝わってきます~。

KITTE出来てからは東京に行ったときは必ず寄ってから帰ります!東京駅も必ず見渡しに行きます。東京駅はやっぱかっこいいですよね~。この展示会の期間中は行ける予定はないので残念です。。
東京駅周辺、いいですね(^^)
一人で気が向いたときに行ってみたいです。
手拭い、大好きなんですよね〜
見ると買っちゃいます(笑)
どんどん増えて…うーんでも満足!
ふゆこさんへ
KITTEは今回初めてだったんですが、ちょっとハマってしまいそうです。
東京駅周辺の雰囲気も、落ち着いてて良いです。
まーさんへ
手拭い、色々と使えそうで、何枚あってもいいかな?
外国の方へのお土産にも良さそうですね。
yuccalinaさんこんばんはー

ビーズのネックレスかわいいですねーかわいいのに黒が入るだけで大人っぽい、、普段着に合わせてもおしゃれ着でも似合いそう、、

コットンスカーフ私も使ってます 肌さわりがいいですよね このお店鎌倉なんですね 探して行ってみようかな、、カラフルですもんね
ふぁる代さんへ

> ビーズのネックレスかわいいですねーかわいいのに黒が入るだけで大人っぽい、、普段着に合わせてもおしゃれ着でも似合いそう、、
そうですね。黒が入ってるだけで、色々と使い勝手が良さそうです。

> コットンスカーフ私も使ってます 肌さわりがいいですよね このお店鎌倉なんですね 探して行ってみようかな、、カラフルですもんね
鎌倉のお店がどんな感じなのかも気になります。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/929-621ff801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR