プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/06/09 09:15 yuccalina

ポーランド陶器「ボレスワビエツ」のボール

結婚当初は食器に凝っていた時期もあるワタクシですが、現在家にあるもののほとんどが、出産する以前に買ったものです。トモローが自閉症と分かってから、きっと皿をガンガン割られるんだろうなあ、と覚悟してたのですが、あまり動かないタイプだった為、割られた食器はゼロです。食事も段々上手になってきたことですし、ここらで何か好みのものを買いたいなー、と思っていた矢先、Arianeさんのブログ「ヘルメティック・サークル」(リンク欄参照)で紹介されていたポーランド陶器に目を奪われてしまいまいした。

ポーランド陶器 Ceramika Artystyczna のポット&マグカップ 『ヘルメティック・サークル』より

手描き模様の厚みのある陶器っていうと、スペインや南仏のを思い出すのですが、紹介されていたCeramika Artystyczna(ツェラミカ・アルティスティチナ)は模様が繊細で、独特の雰囲気がありました。

それで早速ネット検索してみたんですが、ポーランド陶器って、日本でも結構出回っているみたいですね。扱ってるネットショップも何件か見つけたのですが、ずーーっと迷っていた時に、生協の生活雑貨カタログで見つけちゃったんです。

違うブランドですが、ボレスワビエツ(BOLESLAWIEC、ポーランド語で”L”にアクセント有り)のボールです。柄が2種類あったので、両方購入。生協だと気に入らなかった場合の返品が楽なので、思い切っちゃったんです。

tableware4.jpg

tableware1.jpg

tableware3.jpg

で、結果はどちらも大満足。写真よりも実物の方が可愛いー。

ボレスワビエツはツェラミカ・アルティスティチナよりも、柄が大きめで大らかな感じですね。ちょっと北欧のDANSKを思わせるところがありますが、やはり繊細でロマンティックな雰囲気?とか思うのはポーランド製だからかしら?とか、ショパンの国だからって、発想が単純ですみません。厚みがあってちょっと重いですが、パスタやカレーなど、幅広く使えそうなサイズです。温かみのある器なので、温かい料理を盛りたいと思います。

tableware2.jpg

こちらは、グリーンカレー。これで1人の家メシも楽しくなりましたわ。



お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 東欧

テーマ:食器 - ジャンル:ライフ

夏の通学用パンツとミシン王子 | ホーム | 私的青春のラヂオ「サウンドストリート」の思い出と「SONG TO SOUL~アイム・ノット・イン・ラヴ編」
Comment
こんにちは。
トラックバック、ありがとうございます!
大変光栄に思います。

ポーランド陶器、可愛いですよね!
柄や色使いが良くて、食卓が綺麗に見えるので、すっかり気に入っています。
あ~ん、私もボールが欲しくなってきました!
アジア料理や和食の盛り付けにも良さそうですね。
やっぱり、綺麗な食器は、食欲をそそりますね。
どの柄にも心惹かれてしまい、迷って決めかね、案外なかなか買えなかったりします。
家にいくつかあるのは、一個ずつ全部柄が違うんですよ^^;
どれも可愛くて・・・。
Arianeさんへ
いえいえ、Arianeさんのお蔭て、素敵な陶器に出会えて良かったです。
色使いに統一感があるからでしょうか、柄違いでもお揃いっぽく見えるのが良いですよね。
ボールがとても良かったので、プレートも買おうかなと思ってるところです。
ポーランド陶器、私も大好きです~。
イギリスでも人気出てきてお店とか増えてますよ。
でも怖くて店に行ってません。
行ったら絶対いっぱい欲しくなりそうなんで。
私、すぐ割っちゃうんですよ。
スペインとかではお皿買ったりしますが、断然ポーランドのほうがかわいい!
あー、こうやって見てるとやっぱりかわいいですねぇ。
お店行っちゃおうかなぁ~。
ちょしっちさんへ

やはりどこでも人気なんですね。
絵付けの繊細さ等は、民族的気質とも関係ありそうで、面白いですね。日本人の趣味にも凄く合うなと思います。

イギリスはポーランドの亡命政権があったりと、歴史的にも関わりが深そうな。 関係ないですが、ピーター・バラカンさんは半ほポーランドの血を引いてるそうですよ。
Arane様のブログからこちらに飛んで来ました^^

ワタクシもArane様のブログで、ポーランド陶器いつも目を引かれていました~~
そして、yuccalina様が購入されたというボール、何とワタクシも生協のカタログで見かけておりました!!!そしてものすご~く心惹かれたのですが、購入しませんでした…
今、激しく後悔しております(涙)

美しい食器が大好き(特に青色の入ったものはうっとりです)なので、
息子も大きくなってきたことですし、これからは食器集めを少しずつしてみたいと思います\(^o^)/
まーさんへ
同じ生協会員さんでしたか?カタログの期限はもう切れてしまいましたか?
もし、好評だったらまた取り扱ってくれると思うんですが。
私ももう少し買い足したいんですよね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/908-169368ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まずは、この前買ったポーリッシュポタリ―(ポーランド食器)のボウルからです。 先日、いつも拝見している yuccalina さんのブログ(「ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記」, リンク参照)に、ポーリッシュポタリーのボウルが出ていて、すっかり欲しくなってしまいました。 前から家にあるツェラミカ・アルティスティッチナ社のポットとマグカップは、このブログにしょっ...
  • posted by ヘルメティック・サークル
  • 2014/06/25 00:40
  • PageTop↑
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR