プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/01 18:30 yuccalina

31年のご無沙汰です~ ベン・ワットのセカンドソロ「ヘンドラ」

このブログを始めて間もない頃に、チェリーレッドというインディーズレコードのお話をしました(コチラ)。ラフトレード、4ADと共に80年代イギリスのロック界を彩ったレーベルの一つで、代表的なアーティスト、トレーシー・ソーンはポール・ウェラー(スタイル・カウンシル)との共演でも話題となりましたし、彼女のユニット、エヴリシング・バット・ザ・ガール(以下EBTG)も商業的に成功をおさめたのかな?そのEBTGの片割れが、今回の主役ベン・ワットです。

<「Eden」と「North Marine Drive」>
benwatt.jpg

彼はチェリーレッドでファーストソロ「North Marine Drive」を残してまして、ETBGの「EDEN」と共に、今でも私の愛聴盤です。ロバート・ワイアットとのデュオ作品も含まれてましたっけ。そんな彼のソロとしては31年ぶりのセカンド「Hendra」が発表されたのは、ちょっと前に朝日新聞の夕刊文化欄で知りました。

ヘンドラヘンドラ
(2014/05/21)
ベン・ワット

商品詳細を見る


ずっと聴きたいと思ってたんですが、YouTubeで期間限定の全曲無料配信をしてるんですよね。
ベン・ワット、ニュー・アルバム『ヘンドラ』期間限定全曲試聴

何回も聴いて、欲しくなったら買おうかと思っています。

「North~」もそして、ETBGも同様だと思うのですが、やはりアコースティックで、音作りがシンプルなのが良いです。年と共にゴチャゴチャ詰め込まれたのが苦手になってるんですよね。

そして、歌声が相変わらず爽やか。押しつけがましいところが全くないっ!ほどよく脱力した感じに癒されるのですが、ファーストの頃よりも、懐が深くなったような、なんだか温もりを感じます。

タイトル曲は無くなった姉に捧げられているそうで、メランコリックな曲ですが、続く「Forget」は、ちょっとポップでコントラストが良いですね。



続く「Spring」はピアノが印象的な、春の優しい日差しを感じる曲です。



全体的に見ると、エレクトリックギターをフィーチャーした曲が結構多いかな。元スエードのバーナード・バトラーとデヴィッド・ギルモアが参加してるそうです。

そして、何と今年のサマーソニックで来日するとのこと。先日ピーター・バラカンさんの「バラカン・モーニング」で知って、ちょっと嬉しくなりました。

benwatt2.jpg


ファーストを聴いた時私はまだ10代でした。勿論ベン・ワットは31年間ETBGやその他の音楽活動をしてた訳ですが、時を経て、自分の歌作り、曲作りと向き合いたくなった、ってことなんだそうです。素晴らしいですね。

そんな訳で、久しぶりに「North~」も聴きたくなっちゃいましたよ。



North Marine DriveNorth Marine Drive
(1999/09/07)
Ben Watt

商品詳細を見る


あ~、やっぱ良いわ。毎年夏になると聴きたくなるんです。海辺のドライヴ、とは言えイギリスの北の海は波が冷たそうで、なんか涼しいそう、みたいな?トーゼン、サザンやチューブの海とは真逆の世界。まあ、ジャケットの写真で一目瞭然ですよね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: イギリス 80年代

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

梅若竹の炊き込みご飯 | ホーム | フィギュアスケートとインド映画の間にはグレゴリー青山
Comment
おはようございます。
ベン・ワット相変わらず爽やかですね。
若い頃から渋い感じでしたので、変わらない気がします。
抹茶アイスさんへ
80年代のチャラい感じが全く無いですよね。
確かに渋いかも。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/905-f6e47a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。