プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/16 08:50 yuccalina

山のポーズと立ち姿勢~浅田真央ちゃんを見て背筋を正すの巻

気を抜くとついヨガ&アーユルヴェーダ記事が滞ってしまうブログ主です。って以前にも似たようなことを書いてましたが、内村航平くんが全日本7連覇のニュースでちょっと思い出しました。私はかつて内村航平くんの空中姿勢を見て、「内腿を鍛えねば~!」と言うヨガ関連の記事(コチラ)書いてましたっけ?んで、次にずっと書こうと思ってたのが浅田真央ちゃんをテーマにしたヨガのお話。それは、やっぱりここに注目したいですね。

maoasada20.jpg
maoasada19.jpg
maoasada21.jpg

何と言っても彼女の美しい姿勢!演技中は勿論のことですが、浅田真央ちゃんの姿勢の美しさを実感するのは、テレビ出演の時です。トーク番組からプライベートでの食事に至るまで、だらしのない格好をしてることを見たことがないっ!これはもう、体に染みついてるんでしょうねえ。話をする時に視線が泳いだり、手で髪を弄ったりも見た事がありません。写真はソチ五輪後のフジテレビ特番に出演時のもの。度々映し出された背中の美しさにハッとしたものです。

で、そんな美しい背中を目指すブログ主は、やはり「山のポーズ」=タダ・アーサナを大切にしたいと思っております。まあ、ただ立ってるだけなんですけど、とても奥が深くて難しいポーズの1つなのです。

お腹を引き締めお尻の穴は下に向ける様にしますが、胸や肩は力を抜いてリラックス。これが慣れるまで結構時間がかかりました。お腹にだけ自然に力を入れるというのが、案外難しいんです。アゴは軽く引いて、横から見ると背骨は自然なカーブを描くように。

yoga18_20140514131324d69.jpg

これはオーバーにやってますが、猫背で腰も丸くなってたり。

yoga19_20140514131325c1f.jpg

こちらは、一見問題無さそうに見えますが、胸だけ突き出していて、お腹や内腿の力が抜けています。腰のカーブがキツくなっていて負担がかかるし、お尻が広がってしまいます。

yoga20_20140514131327504.jpg

足の裏側は、親指、小指、踵の内側と外側、計4点でバランス良く立ち、お腹から下半身に向かっては大地に根付く様に、上半身は逆に天上から引っ張られる様に空の方向に伸ばす。こうした体のバランスが取れた時、初めて力強くかつ優雅に真っすぐ立つことが出来るのです。

山のポーズは全ての立ちポーズの基本です。例えば片足バランスであっても、両足で立っているかの様に、山のポーズと同じような、前後左右及び上下のバランスを意識しているのです。

yoga21_20140514131328cef.jpg

さて、浅田真央ちゃんと同様に、普段から美しい姿勢をしてるなーと思うのが歌舞伎役者です。やはり幼少の頃から、日本舞踊のお稽古などで体に染み付いていそうですし、日常生活での所作でも躾られてる方が多いんでしょうねえ。ですから、エアウィーブのCMで、浅田真央&坂東玉三郎のツーショットを見た時にもハッとしたんですよねえ。



真央ちゃんの舞伎役者にも引けをとらない存在感、佇まいは、やはり美しい姿勢とぶれない視線からくるのかしら?そしてそれを支えるのは、気持ちの強さとしなやかさではなろうか?なぞと思うワタクシは、信号待ちしながらでも山のポーズを意識しようと心掛ける毎日です。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央

テーマ:ヨガ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ローザンヌで見つけた素敵なダンサーPrecious Adams | ホーム | ナデシコにフレンチラベンダーとキンギョソウagain
Comment
こんにちは^^
姿勢が美しい人は、ホントに素敵ですね!
昔の日本人は現代人に比べて姿勢が良く、
美しい立ち姿・すわり姿の人が多かったように
思います。
何というか、肝が据わっているというか、
背筋が伸びて腰が落ちているというか・・・
(上手く表現できないのですが 汗)
「山のポーズ」難しそうですが、
ワタクシも意識してみたいと思います^^
おひさしぶりです(*^^*)

タダーサナ、正しく行おうとするとけっこう難しいですよね!
やみくもに力むのではなくきちんと筋力が必要なポーズだと思います。
真央ちゃんの背中の美しさはわたくしもいつも勉強になるなあと
感心していました☆
他にも歌舞伎役者さんはもちろん、日舞や能楽、狂言師の方の姿勢も
素晴らしいですよね!

印のヨガ、欧のフィギュア、そして和の伝統芸能・・・どれも
『正しく立つ』という一点において全く同じだというのは
とても興味深いです(@▽@)

蛇足・・・つい反り腰になりがちなわたくし。腹筋使わなきゃ!!
まーさんへ
私は子供の頃から猫背で、ずっと姿勢悪かったんですが、性格的にもいじけた気がします。
40過ぎてから始めて、やっと少し身に付いてきました。
あすもさんへ
あと、茶道とか書道なんかでも姿勢って大切ですよね。
色々と思い当たることが沢山ありますね。

> 蛇足・・・つい反り腰になりがちなわたくし。腹筋使わなきゃ!!
私も産後は腹筋ゼロで酷い反り腰でした。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/895-b0f9aefa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。