プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/03/15 08:30 yuccalina

トモローの卒業式

金曜日はトモローの卒業式でした。特別支援学校は中等部・高等部もありますので、小学部は証書授与が先に終わってからの待ち時間が長くなります。ずっと座ってられなくて途中退場も覚悟してましたが、トモローも含め小学部の卒業生全員、最後まで頑張れました。広い体育館での授与シーンは、余りに遠すぎて上手く写真に収められませんでしたが、学校側で撮ったものを後日頂けるそうです。

なので、今回はその代わりに、クラスの教室で担任の先生から改めて受け取ったところ。

tomoro354.jpg

次の写真は、再び体育館へ戻り、集合写真の撮影をする前の一コマ。左右のお友達は療育施設以来なので、9年間を共にした仲です。どことなくリラックスした雰囲気。

tomoro353.jpg

中学でどのお友達と一緒のクラスになれるかは分かりませんが、取りあえず転校してお別れする子はいません。あまり悲しい雰囲気にはならなくて助かりました。

それでも、最後の帰りの会で、親と先生から一言ずつ挨拶する段になると、流石に私も目頭が熱くなってきました。5年生の時に新卒で入ってきて2年続けて担当してくれたH先生(女性)は、話を始める前から目を真っ赤にしていて、私も速攻でもらい泣きしてしまいました。「毎日皆が頑張ってる姿を見て、いつも元気を貰っていました。」なんて言われた日には、涙が滝のように溢れてしまったのでした。しかし、ウルウルしてたのは親と先生だけでして、子供たちは皆親の手を引っ張って「早く帰ろうよ~!」って感じでしたけどね。

で、トモロー引っ張られながら教室を出て、昇降口に着くと、最後のお楽しみが待っていました。小学部の先生方が全員集合して、卒業生(小6のみ)一人一人に、「卒業おめでとう」を歌ってから、胴上げをしてくれたのです。

tomoro355.jpg

宙を舞ってるショットが撮れなかったのは残念でしたが、トモローはチヤホヤされてご満悦だったようです。

その後、車で帰宅し、昼食はトモローの大好物、予約注文していたピザでしたが、最後に記念品を紹介しておきます。この写真立ては、授業で製作したそうです。

tomoro356.jpg

そして、卒業アルバムは、普通の学校の様に業者が印刷して作ったものではありません。既成のフエルアルバムに、製作活動で作った絞り染めのカバーがかかっていました。

tomoro357.jpg

表紙の文字もアイロンでフエルトを貼って、手作り感満載ですが、開くとこんな感じ。

tomoro358.jpg

先生がパソコンで作ってくれたんでしょうね。トモローのドアップがお友達に囲まれてました。

tomoro360.jpg

後は学校で撮ったスナップ写真等ですが、こんなページも。

tomoro359.jpg

身長体重の記録がグラフになってました。こんなちょっとした気遣いも、凄く嬉しかったです。卒業証書授与の時にも思ったのですが、車椅子から一瞬立ち上がって証書を受けとるお友達、数メートルでも頑張って歩行器で壇上まで歩いたお友達の姿に、私は勇気を貰った気がしたのです。身長がどれだけ伸びて、体が重くなったということだけでも、有り難く思えてくるのでした。

さて、卒業式の余韻も冷めて夕飯の仕度を始めた頃、家のチャイムがなりました。同じマンションに住む支援学校のお友達Mちゃんのママが、お花を届けてくれました。

tomoro361.jpg
tomoro362.jpg

思いも寄らなかったので、とっても嬉しかったのですが、同時に2歳上のMちゃんが2年前卒業した時は、私は何もしなかったのに~!とちょっと焦りました。来年は彼女が中等部を卒業だから、忘れないようにしなきゃ、と記録も兼ねてブログに残しておくことにします。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

浅田真央経由で親しむクラッシック音楽と新DVDの話 | ホーム | 「大人のおしゃれ手帖」とICIRI*PICIRIの古着
Comment
ご卒業おめでとうございます。
トモローくんの成長とがんばりを感じた6年間だったことだと思います。
yuccalinaさんもこれまでお疲れさまでした。

中学部でもお友達と違う学校にならないのはいいですね。
優々kakaさんへ
ありがとうございます。
Kakaさんの長女ちゃんももうすぐですね。
やっぱりお友達との別れのあるなしは大きいかと思います。
これからも楽しみですね。
トモロー君
卒業おめでとう!
厳粛な空気の中、凛々しく式中
おりこうに出来て、おじさんが見習いたい
位で、素晴らしいです。

サブライズや記念日の写真を見てわたくしも
目から熱いものがあふれてきました。
この度は 誠におめでとうございます。
トモローくんご卒業おめでとうございます すごく暖かい感じの卒業式ですね 胴上げされてるトモローくんうれしそう、卒業アルバムも心がこもってる感じで思い出になっていいですね お父さんお母さんもお疲れ様でした 次は中学ですね 息子さんとともにいい時間思い出お作りになってください、、

ご近所さんのお母さんもお花届けてくださるなんてしゃれてますね
トモローくん、ご卒業おめでとうございます(^▽^//~☆☆☆

ひとつひとつ節目を迎えるたびにたくましく成長していく
トモロー君のお姿と支えてくださる周囲の皆さんの温かいお心が、
yuccalinaさまにとってなによりのお祝いですね。

これからもより素晴らしい未来への扉が大きく開かれますことを
心からお祈りしています♪
トモロー君、ご卒業おめでとございます♪
おしゃれなジャケットが似合ってかっこいいですね^^

担任の先生、ほんとに良い方ですね。
関係ない私までほろっと暖かい気持ちをいただきました。
手作りのアルバムも素敵ですね。先生の心遣いが感じられて。
写真たてもすごくきれい。好みのお花がついてて欲しくなりました^^

トモローくんもユッカリーナさんも6年間お疲れ様でした!
中学校でも毎日楽しく平穏無事に過ごせますように♪

フレさんへ
ありがとうございます。ロックの話だけでなく、トモローへの応援嬉しいです。
四の字硬目さんへ
暖かいお言葉をありがとうございます。
色々と足りないことはあっても、そのお陰で得たことや出会いがありました。少しでも出来るがあることに感謝したいと思ってます。
ふぁる代さんへ
ありがとうございます。支援学校の行事はいつも厳粛さよりも暖かい雰囲気なのですが、卒業式もそうでした。皆が同じこと出来なくても良いんだよ、という姿勢ですから。
でも、これはゴールじゃなくて、また、新しいスタート地点なんだなあ、とも思ってます。

あすもさんへ
ありがとうございます。ほんの少しずつでも、逞しく成長してきたんだな、と実感した卒業式でした。
私はしばしばトモローにこう声をかけるんですが、「今までも沢山頑張ってこれたんだから、次もきっと大丈夫だよ」って。
卒業式でのことも、次への自信に繋がって欲しいです。

ちょしっちさんへ
ありがとうございます。
ジャケットは4月からも通学に着用する、なんちゃって制服です。
中等部では戸惑うことが色々あるかもしれませんが、頑張れる力が少しずつ付いてきたので、きっと乗り越えてくれると思っています。
トモロー君、卒業おめでとうございます!

中等部の成長も楽しみですね。
ユッカリーナさんのブログに出会って、半年が経ちましたが、トモロー君の成長が良く分かります。
きっと、トモロー君も今が幸せだと思います。
トモロー君の今後の成長と記事の更新を楽しみしています。
トモロー君のご卒業、おめでとうございます(*^^*)
ユッカリーナ様も万感の思いで授与式をご覧になったことと推察いたします。
胴上げ、手作りのアルバム、先生のコメント、どれも温かくて胸が熱くなりました。
中等部でもトモロー君が、ステキな成長の日々を送れますよう、お祈りしておりますvv
温かい卒業式の記事に、全ポチ応援☆彡デス^^
とろんさんへ
ありがとうございます。
卒業はゴールでなく一つのプロセスですが、トモローのこれからの糧になってくれたら良いなと思っています。
まーさんへ
応援ありがとうございます。
6年間沢山笑って怒って泣いて喜んで、トモローなりに色んな事を吸収してくれたんだなあ、と実感できる一時でした。
トモローくん、ご卒業おめでとうございます。
トモローくんは、うちのお姉ちゃんと同じ年です。
うちの卒業式は来週です。

うちもいろいろありましたが、できない事を数えるより、できた事を数える方が、ずっと幸せに暮らせるのだと学びました。

私も泣いちゃうかなv-356
モトさんへ
ありがとうございます。娘さんも卒業なんですね。おめでとうございます。

> うちもいろいろありましたが、できない事を数えるより、できた事を数える方が、ずっと幸せに暮らせるのだと学びました。
私も心掛けてます。自分に対しても他人に対しても優しくなれる秘訣ですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/851-bcdbf384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR