プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/03/10 08:10 yuccalina

ビートクラブdeロックな話(24)~Eric Burdonでアッサリ最終回

フィギュアスケートの話題にキックアウトされるかの如く、すっかりご無沙汰になってました、伝説のロックTV「ビート・クラブ」(ドイツ・ラジオブレーメン製作)のDVD BOX2から、数曲チョイスして紹介するシリーズ。24回目にして最終回です。第59回放送分(1970年)の収録内容は以下の通り。

ビート・クラブ 2 [DVD]ビート・クラブ 2 [DVD]
(2011/10/12)
オムニバス

商品詳細を見る


Disc 8-3 : Beat Club No.59(1970年)
Artist : Title

Status Quo : Spinning Wheel Blues
Status Quo : April, Spring, Summer And Wednesdays
Third Ear Band : Hyde Park
Frank Zappa
Black Sabbath : Iron Man
Sergio Corbucci
Black Sabbath : Paranoid
Eric Burdon & War : Spill The Wine*
Jimi Hendrix : Hey Joe
(*印は今回紹介する項目。タイトル無しのアーティストはインタヴューまたは紹介VTR等。)


いやー今回は困りました。コレ!というのが無かったんですよ。フランク・ザッパって実は低音ヴォイスがイケてるのね~と気付いたけど曲は流れないし、サバスの「Iron Man」はオジーのヘタウマ調ヴォーカルが結構好きだけど、2回も取り上げる程ではないかなー、等々。

んで、最後はエリック・バードン&ウォーでアッサリ地味に終わりたいと思います。



とは言え、曲は全然アッサリしてません。R&Bやソウルというよりはフュージョンみたいですね。バックメンバーが全員黒人ミュージシャンで固めてます。そして、モロにストーンズの「Paint It Black」なフレーズが飛び出すという、何か不思議な世界です。ってかアニマルズもバードンも、あんまり良く知らないんですよね。これを機会に、聴きこんでみたいと思います。

という訳で、DVD BOX VOL.2の全24枚を見終えました~!これまで余り縁のなかったジャンルやアーティストが沢山見れて、とても面白かったです。特に、80年代以降にカヴァーされるアーティストや楽曲を知ることが出来たのが、一番の収穫かもしれません。

これからVOL.1と3をどうするか考え中ですが、当面はどちらも買わないつもり。音楽カテゴリーは別の話で行こうかと思っております。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

「大人のおしゃれ手帖」とICIRI*PICIRIの古着 | ホーム | 「愛の小さな歴史」と「24時間の情事」
Comment
昔住んでたトコの近所に(徒歩1分)
ロックBARがありました。
入口にザッパが便座に腰掛けてる
ポスターパネルが立て掛けてあり、
野暮なお客をはね返す魔除けみたいでしてた。
足蹴く通ったですが、ザッパだけは
どうにも理解できず、サザンロックや
シスコロックが代わりに好きになりました。
70年代系は誠に濃くて
ロックの道は一生かかるもんだと
常々思います。

難しくて理解できませんでした。
四の字硬目さんへ
フランク・ザッパは全然ハマったことないんですが、改めて聴いてみようかなと思ってるところです。
私は理論よりも感覚で生きてる方なので、物事を理解しようとは、はなから思ってないところがあります。例えば本でも知らない言葉が出てきても、平気で読み進めるタイプ。ですので、音楽も何か変だな~?とか、不快だな~とか、感じても聴き続けるんです。その結果、頭に残ってるかどうかで、ハマるかハマらないかが決まるようです。

ザッパのインタヴューを聞きかじっての印象ですけど、多分音楽のスタイルは余り重要でなくて、彼の中心部分にある音楽への姿勢に何かありそうですが。
ご無沙汰してます。とうとう24枚見終えたんですね。
私も知らないアーティストを沢山紹介されてて、楽しかったです。
抹茶アイスさんへ
ありがとうございます。
楽しんで頂けてよかったです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/845-1f631bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR