プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/07/01 18:20 yuccalina

『判事ディード・法の聖域』―第12話・携帯訴訟

私は韓国ドラマも日本のさえ一切見ないんだが、唯一好きなのが、CSのAXNミステリー・チャンネルの海外ドラマだ。フレンチ・ミステリー『女警部ジュリー・レスコー』は、ファッションやインテリア、雑貨類等がおしゃれで、見てるだけで楽しいし、オーストリアの『刑事犬REX』はウィーンの歴史を感じさせる、美しい街並みを堪能できる。その他、スウェーデンのドラマ『スウェーデン警察クルト・ヴァランダー』なども放送しているAXNミステリーだが、何だかんだ言っても、一番面白いのは、イギリスものですな。私はミステリー小説は全然読まないし、日本の刑事ドラマもサスペンスも見ないが、単なるイギリス好きの延長で見始めてしまった。やっぱ、中1の時にテレビでセックス・ピストルズを見て、「何か怖そうだけど、イギリスってカッコ良くね?」という意識が植え付けられて以降、ロックもファッションも、やっぱり英国至上主義に走ってしまいがちだー。

今ハマっているのは、『判事ディード・法の聖域』(木曜午後8時他)。主役のディード判事は白髪混じりのおっちゃんだし、彼を取り囲む登場人物も、おっちゃん、おばちゃんばかりなんで、韓流ドラマとは真逆の世界かもね。話も刑事モノみたいな派手なアクションもないし、大半は法廷でのやり取りですから。でも、それが段々見てるウチにハマってきましたー。もはや、法の番人達の、奇妙なズラ姿も気にならなくなってきた。アレは制帽みたいなもんです。

<前の4人が手にしてるのが、法廷でかぶるズラです>
johndeed_convert_20110701181914.jpg

昨夜の第16話は、ゲイの青年が恋人である勤務先の社長から、「詐欺横領」で訴えられるお話。そこから社長の不正&政界への賄賂話に波及して、原告の社長は敗訴した上にスキャンダルを暴露されて追い詰められる。一応一話完結の形を取ってはいるが、話のベースはずっと、ディード判事と彼に圧力をかける官僚ロチェスター卿の対決だ。毎回ロチェスターがしゃしゃり出てきては、財界や政界の重要人物が関わる裁判には「手心を加えよ」と判事に脅しをかける。今回もあの手この手で邪魔したけど、結局ディードの勝ち。ま、その辺がやっぱドラマだけどね。次回は「ダイオキシン汚染」で障害児が産まれた夫婦の話らしいが、被告が今回の原告だった社長だから、対決はまだまだ続く。第12話「携帯訴訟」は、携帯電話の電磁波が原因で脳腫瘍になったと訴えたシングルマザーの話だったが、こんときも被告は同じ社長で、同じグループ内の携帯通信会社が訴えられた為。このエピソード放送当時は、「携帯電話で脳腫瘍なんて、ドラマにしちゃって良いのか?」と思ってたけど、その後6月の上旬に、WHOが発表した「携帯電話の電磁波が脳腫瘍のリスクを高める」見解が、日本でも報道されたんで(新聞にも載ってました)、逆にビックリした。やっぱアリな話だったのね。勿論携帯電話の使用が直接的にガンを引き起こす訳ではなく、発症の確立が高まる、という話だが、このドラマがイギリスで放映されたのが2005年だから、日本って遅れてない?それともそういう研究が進んでるのを、私だけが知らなかったのか?

参考に携帯電話の関連ニュースは
こちら

一方、第14話「恐怖への挑戦」では、被告が属している犯罪グループが、陪審員を脅して裁判が成り立たなくなりそうになる話だった。裁判員制度が始まった日本国の人間としても、考えさせられる内容だった。裁判員の安全の確保や、個人情報の保護等、ちゃんと法の整備は出来ているのかしら?

それともう1つ面白いのが、ディード判事は法廷では常に真実と向き合い名裁きを見せるのと対照的に、私生活ではセックス依存性で、それが元で周囲に迷惑をかけまくるところだ。ちょっと不安な事があると、直ぐに(毎回違う)女と寝る。「またかよー!」と脱力しながら見ていたが、「養子だったこと」「幼い頃に養母が自殺したこと」が影響している事が段々明らかになる。「人に深く関わり合うことに不安を感じる」のも、簡単に行きずりのセックスをしてしまう原因であるらしい。

うーん、何かドラマとして楽しそうな点をアピール出来ないのは残念だが、私は「正義とは何ぞや?」と毎回考えさせられるとこが好きなのかも。って真面目かっ?
関連記事
スポンサーサイト

タグ: イギリス

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

アメトーーク・第11回プレゼン大会 | ホーム | 『コレってアリですか?』―おネエに一番人気は若林
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/84-3326f9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR