プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/02/17 09:30 yuccalina

しるこ豆腐にせんべい汁粉~ゆで小豆の新しい食べ方

今回はお料理カテゴリーです。相変わらず梅干しの使い方を色々と模索中ではありますが、これまで紹介してきたのと似たり寄ったりなので、今回はあんこ物にしようかと思います。

私の母は冬になるとストーブの上でよく小豆を煮てくれたものでした。私もガスを使用してはいますが、冬にはよくあんこを作ります。

cooking241.jpg

息子のトモローが豆好き(しょっぱいのも甘いのもOK)なので、ゆで小豆(薄味)のままでおやつにしたりもします。

cooking242.jpg

その一方で、新しい食べ方を考えるのも好きでして、以前からやってみたかったお豆腐+あんこを試してみましたよ。豆腐を甘くしてデザートにするのは、去年の夏にきなこ黒蜜かけ豆腐(写真下)を紹介しましたが、しるこ豆腐も中々です。冬は暖かくして、夏は冷して超カンタン和風デザートですな。

cooking243.jpg
cooking75.jpg

そんで、定番のお汁粉の変形も考えてみました。お餅1個だと、デザートに食べるにはボリュームがあり過ぎるし、餅を焼くのって結構面倒。だったらお煎餅で代用してみっか?と。

cooking240.jpg

と、シンプルな塩味のお煎餅でやってみました。適当な大きさに砕いた煎餅に、適量の水で薄めたあんこをで加えてレンジで温めるだけ。

cooking239.jpg

お煎餅に小豆汁が少し滲みて、且つ、歯ごたえが残る程度が食べごろですね。塩味とあんこの相性も当然良いです。

cooking237.jpg

そして、もう一つ。東北名物、南部せんべいでもやってみましたよ。南部せんべいは青森南部と岩手北部の旧南部藩地域で食べられている、小麦粉でできた煎餅で、いろんな種類がありますが、こちらは黒ゴマ入り。

cooking234.jpg

こっちも合いますよ~!

cooking236.jpg
cooking235.jpg

八戸名物せんべい汁ならぬ「せんべい汁粉」、かなりイケますわ。黒ゴマとあんこのハーモニーが最高!です。私は普通のお汁粉よりも好きかもしれません。そして塩煎餅vs南部煎餅の対決は、南部の勝利かなー?


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 東北

テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

フィギュアスケート女子を前に~スケ連の悲しいうわさ | ホーム | 祝金メダル!羽生結弦くん
Comment
普通の煎餅でいけちゃうんですか!?
チョット思いつかなかった・・・

お餅1つとか、確かに面倒ですよね。
私もやってみますー!!!

ユッカリーナさん、発想が豪快で素敵です♪
すくるんさんへ
「ぬれ煎餅」というのもあるくらいなので、私は全然抵抗なかったんです。
でもお米の煎餅よりも、南部煎餅のほうが合うと思いました。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/826-b9ba80e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR