プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/02/11 07:23 yuccalina

イーラーショシュのエコバッグが完成

ほぼ月イチ更新のハンドメイド報告。今回も、トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュの作品を紹介します。

イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍
(2013/05/31)
谷崎 聖子

商品詳細を見る


以前着手した話を書いてましたけど、手芸研究家谷崎聖子さんの展示会で購入した、図案付エコバックの刺繍が終わりました。

刺繍前(上)と完成したもの(下)>
handmade33.jpg
handmade43.jpg

今回は丸や雫の形など、これまで避けてきたものに挑戦したので、最初の頃に刺した右側と最後の左側で、出来が全然違います。やってるうちに「上手くなってきてる?」と実感出来たのがとても嬉しかったです。

handmade44.jpg
handmade45.jpg

と、ここでお仕舞いにしても良かったんですが、何か持ち手の部分が細くて弱い感じがしたので、補強も兼ねて刺繍してみました。渦巻と葉っぱの繰り返しです。

handmade47.jpg
handmade46.jpg

ところで、このエコバッグの図案は、イーラショシュ本に掲載されているものと、殆ど同じなのですが、線の太さや空間の取り方が違うだけで雰囲気が変わるのが面白いですね。

<イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍より>
handmade42.jpg

これまでは自分でデザインを考えていましたが、どれも1つのモチーフを並べるだけのものでした。この様に色々な形を組み合わせる図案は、とても面白かったです。こんな風に1枚の絵を描くように構成できたら、さらに楽しいでしょうね。ただ、自分で考えるには、もうちょっと色々やってみてからにしたいと思っていて、最近、紙にあれこれデザイン画を描き始めました。組み合わせ方、配置の仕方等、本当に無限に広がって行きそうで、描いてるだけでワクワクしてくるんです。

という訳で、次の作品に手を着けるのは、もう少し時間がかかるかもしれません。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 刺繍

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

ソチ五輪・フィギュアスケート男子を前に | ホーム | ソチ五輪フィギュア団体戦のこと
Comment
息子さんと楽しい四連休過ごされましたか、、

刺繍すごい緻密ですねー パチパチパチ、、これだけできたら楽しいんでしょうね 丸や雫って難しいんですか、、どれも細かくできてますよ、、わんこのぬいぐるみの修理しかできない私に比べたら、、雲泥の差です、、、
イーラーショシュ、すごくステキで
ユッカリーナ様のブログを拝見すると
いつも「自分もやってみたい」と思います^^
図案付きのものだったら、
不器用なワタクシにもできるでしょうか・・・汗
ふぁる代さんへ
いつもありがとうございます。
四連休はちょっと大変でした。急な予定変更には中々対応が難しいようです。
刺繍もやっていくうちにコツがつかめてきて、益々楽しくなってきています。
まーさんへ
ありがとうございます。
図案付というか、線がシンプルなものから始めていくと良いと思います。例えばクロスに一本線の枠を入れてみるとか、私も最初は直線から始めて、緩やかな曲線や渦巻など、徐々にステップアップしてきてる感じです。
こんばんは。
刺繍ってとっても根気のいる作業だと思います。
これだけのものを刺すには、とってもお時間がかかった事と思います。
私も手芸は好きな方ですが、刺繍と編み物はなかなか。
両方ともコンパクトなので、持ち歩いてちょっとした時間に出来るのが魅力なのですが。
和裁をする関係で日本刺繍をしたいと思っていましたが断念しました。
yuccalinaさまの根気が羨ましいです。
陽月さんへ
ありがとうございます。
私の場合、根気というよりも「急がずにのんびりと」を心がけています。物事に取り組む時、私は早く結果が見たくて、ついつい雑になりがちな人間なので、焦らずに少しずつ進めるという作業が、逆に新鮮だったりします。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/822-cf203260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR