プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/06/29 09:17 yuccalina

品川よしもとプリンスシアター『ステージマンショー』

キャーー昨日初ヨシモト行ってきましたよ。品川プリンスホテル。『ステージマンショー』ってやっぱ、スネークマンショーを洒落てんのかしら?漫才、コントネタだけでなく、ダンスに大道芸パフォーマンス等々贅沢な内容だ。

プログラムはこちらをクリック



これで3500円(前売)は安いと思う。ネタはピース、サバンナ、フルーツポンチ、パンクブーブーに友近と、チョー豪華メニューでございましたが、何と言ってもあのHIDEBOH先生が出る!と知って、即チケットを購入した次第。ぬあんと、水玉れっぷう隊(ケンさん頑張ってたよー)、カラテカ矢部と一緒に、肉襦袢を着てお相撲さんコントした後で、その衣装のままタップダンスHIDEBOHとLiBLAZEのメンバー2人に交じって、れっぷう隊の2人も、タップダンス頑張って踊ってました。私がHIDEBOH先生の舞台を見たのは、『座頭市』よりも遡る10数年前だったけど、当時は髪型も衣装もセヴィアン・グローヴァーを意識した様な、ブラックな出で立ちだった。時は流れて、舞台上の彼はピンストライプのスーツ姿。トークもこなれてて、観客に簡単な手拍子(クラップ)+足踏み(スタンプ)のレクチャーをして、コラボレーションしてくれたり、とサービスも満点だったわー。また、出演する事になったら絶対行くよー。

<『座頭市』の踊りも入ってます>
THE STRiPES Funk-a-Step LIVE 2005 [DVD]THE STRiPES Funk-a-Step LIVE 2005 [DVD]
(2005/11/23)
ダンス

商品詳細を見る


ネタではピースも良かったけど、パンクブーブーが一番面白かったかも。平日の昼間という事もあり、小さい子供連れのお客もいたらしく、ネタの途中で「エーーン」と泣き出した。2人は「泣いたっていいんですよー、泣くのが子供の仕事ですからねー」とニコニコしながらも、最後は佐藤が思いっきり嫌味な顔で、明後日の方を向きながら、一言「まっ、親の責任ですけどー」で、会場はドッカーン大爆笑。

実はライヴに行く前は、ピースに一番期待してて、「明日のブログは又吉フェスかも?」と勝手に期待し過ぎていた。これもまた「先入観」の一つだが、自分でハードル上げちゃったのが悪いだけで、決してピースのせいじゃない。ナマ又吉はテレビで見るより、更に顔色わるかったけど、登場するなり「マタヨシー」と黄色い声上がっていた。そして、やはりオシャレであった。対してナマ綾部はまるでワタル君人形(リカちゃんのお友達)の様であった。なーんか髪の質感がマネキンぽいし、全体的にお人形みたいなんだわー。因みに私は「HIDEBOH」コールは、興奮して思わず出ちゃったけど、又吉コールは出来んかった。あれ見たら息を飲むのが普通だと思います。

20代、30代は海外アーティストのコンサートやダンスの舞台なぞに、お金と時間を費やした私だが、やはりライヴって良いわー。又吉の不気味オーラは、テレビの演出ではない事が分かったし、あの魔性の微笑みは是非ともナマで味わって欲しいです。

勿論HIDEBOHもエキサイティングだったが、この日一番のライヴ感を満喫させてくれたのは、ジャグリングで世界的にも認められているという、桔梗ブラザーズだった。MCのエハラマサヒロの振りで、ジャグリング界では滅多に見られないという、「一度に11本」という技に挑戦。1回目でいきなり成功か?と思ったら最後の1本をちょっとハンブルしてキャッチ。そこで終わっても良かったのに、「出来るまでやらせて」となり、2~4回目は明らかに失敗してしまう。うわー、だんだんパフォーマンス落ちてないか?大丈夫か?と思いつつ「成功してくれー」と祈るように見た5回目で見事成功した。エハラが「途中から24時間テレビ見てるようでした」と語ってたけど、ライヴならではの緊張感と達成感を同時に味わえる、素晴らしい演技だった。後で思い出したが、実はしょっぱな、別に難しそうでない箇所で、ミスったのを見てしまい「緊張してそう、大丈夫かしら?」と心配してたんだが、途中からすっかり忘れていた。まだ若くルックス的にも◎な兄弟なので、まずは『笑点』にでも出させてもらって顔を売って欲しいもんだ。YouTubeで動画見っけたので、貼っておきます。

<世界選手権銀メダルだってさー。“桔梗”って本名(苗字)なんだ、横浜出身だってさ、カッコエエなー!>
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 又吉直樹 タップダンス HIDEBOH

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

HoSoNoVaと、Cherry Redの思い出と | ホーム | 先入観を捨てて、今を生きよう
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/81-7467fcaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR