プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/01/15 08:05 yuccalina

イーラーショシュ4作目とICIRI*PICIRIのエプロンドレス

息子の学校が始まり、やっとハンドメイドに費やす時間が出来ました。去年の11月に始めたイーラーショシュの4作目が完成しました。今回は愛用してるカフェエプロンの裾に、お花とスクエアのパターンを施してみましたよ。

handmade39.jpg
handmade35.jpg

このデザインは、谷崎聖子さんのイーラーショシュ本で紹介されていたこちらを参考にしました。

handmade37.jpg

イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍
(2013/05/31)
谷崎 聖子

商品詳細を見る


イーラーショシュは、ステッチの端が大分外側にせり出してくる為、下絵よりも太い線に仕上がります。その為、この様な花びらを描く時は、隣同士があまりくっ付きすぎないように、余裕を持たせないといかんですね。茎の両側が狭すぎて、同じステッチに出来ませんでした。改めて本のデザインと比べてみると、茎の左右を広げて花びらを9枚にすれば良かったのかと気が付きました。今後の作品作りに反映したいと思います。

handmade40.jpg
handmade38.jpg

で、エプロンと言えば、もう1つ紹介しておきたいものがありましたよ。半年前に谷崎聖子さんのネットショップ「東欧雑貨ICIRI*PICIRI」(リンク欄参照) で購入した古着がこちら。

handmade36.jpg
handmade41.jpg

古着とは言え新品同様の良い状態でした。ワンピースとして売られてたのですが、私はエプロンドレスとして使用しております。無地のカットソーと相性の良いポップな色と柄。春夏は着けたままお買い物もOKで、重宝しています。これにも黒の糸で何かワンポイント刺繍入れたいなー、と考え中。但しやり過ぎてうるさくならないように注意せねばいかんですが。

ところで、前回ちょこっと紹介したエコバッグの方も、着々と進んでおり、近々紹介できそう。こちらは今まで避けてきた葉っぱのステッチにチャレンジし、最初は悪戦苦闘してたのですが、段々とコツが掴めて来たところてす。それでは、また。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 刺繍 古着

テーマ:刺しゅう - ジャンル:趣味・実用

ビートクラブdeロックな話(20)~ナッシュヴィル特集とBlack Sabbath | ホーム | ヨ・ラ・テンゴとフィーリーズ~ホーボーケンサウンドの記憶
Comment
とてもかわいくてきれいな刺繍ですね、、でも、、肩とかこりませんか?雑巾もめんどくさい私には、、せいぜい娘のぬいぐるみを治すぐらいしか裁縫はね、、こんなの作れる方はうらやましいです、、
今年もよろしくお願いします!!

イーラーシュ、魅力的です。生成りの生地にこれを刺繍したバッグとか、素敵だろうなぁとか妄想したんですけど、私はお裁縫が苦手なので、とてもできない・・・

ちょっと前の記事の、絵と同じポーズをしているyuccalinaさんにウケた私です。お茶目ですね♪
ふぁる代さんへ
ありがとうございます。私はずっと編み物をやってたのですが、それに比べるとこのイーラーショシュは全然肩こらないんです。手にかかる負担が少なく、ステッチもそれほど細かくないので、目も疲れを感じない、、とあくまで本人比ですが、、。
すくるんさんへ
こちらこそ、 今年もよろしくお願いします。

> イーラーシュ、魅力的です。生成りの生地にこれを刺繍したバッグとか、素敵だろうなぁとか妄想したんですけど、
丁度生成り生地のエコバッグも作成中なんです。これまでは、自分の手持ちの物に刺してきたのですが、エコバッグは下絵が印刷された専用のものです。イーラーショシュって本来は生成りに刺繍するもので、私のはホントは邪道なんです。
黒の糸だと、お花柄でもシックになりますね。
抹茶アイスさんへ
そうですね。イーラーショシュは単色使いなので、お花柄も甘くなり過ぎないのが好きなんですが、その中でも黒はとりわけシックで落ち着いた雰囲気になるのが大好きなんです。
yuccalinaさん、また素敵な刺繍ですね!
チェックの布に刺すと、定規にもなって便利ですし、ほどよい下地の柄がアクセントになって新鮮です。

イーラーショシュというと赤のイメージですが、私もこの黒い糸が一番好きなんです。大きな図案がこのインパクトのある刺繍の雰囲気にぴったりで素敵です。私もまた何か作りたくなりました。
谷崎聖子さんへ
ありがとうございます。黒の刺繍糸は、どんな色にも映えて、存在感はあるのに落ち着いた雰囲気もあり大好きなんです。黒い糸だけ沢山買ってしまいました。次は別の色で伝統柄に挑戦しています。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/802-2081aa3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR