プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/12/17 08:05 yuccalina

THE MANZAI 2013のこと

漫才日本一決定戦、THE MANZAI 2013のビデオ見ました~!優勝がウーマンラッシュアワーなのは知ってたので、かなり気楽に楽しめましたわ。

N0058912_l.jpg

おめでとうございま~す。有名なバイトリーダーネタとは違うパターンでしたね。面白かったし彼等は嫌いじゃないけど、実は何度もリピートして見たいとは思いません。あのスピード漫才は、私、見てて疲れるんですよ。多分、聴覚よりも視覚的情報処理が得意な脳みそだからかもね。後基本ダシャレ好きなとこあるんで、オジンオズボーンとか、文句なく好き。それと、やっぱり風藤松原かな。あのボケの子の雰囲気が凄く良い。脱力系で間を楽しめるんです。

Aグループは千鳥じゃなくてオジンオズボーンかチーモンチョウチュウに勝ち上がって欲しかったなー。千鳥好きなんですけど、去年、一昨年と、2本ずつ見てるので、もう良いかなー?って思っちゃった。特にオジンオズボーンは半ばダブルボケに進化してて、かつて「ボケ・マチオ」と呼ばれたツッコミ高松が畳み掛ける後半には、ちょっとゾクゾクしましたもん。一方の、ワリ・コミオがワリコメ・ナイゾウにバージョンアップしてのエンディングは、漫才の作りとしてもパーフェクトだったと思います。

また、ワイルドカードの流れ星が大暴れしたのは痛快でした。上手い漫才ではありませんけど、ファンダジーな展開と、ちゅうえいの愛すべきキャラクターは、これを期にブレイクしそう。私的には、彼がEテレで障害児向け番組の「ストレッチマン・レッド」をやってるってのも、ポイント高いです。一方のツッコミ瀧上は地味ですがキレイなお顔してるんで、女装芸人枠で「内村とザワつく夜」に出て欲しいなー、とか思っています。

その名の通り、みのもんたネタと言う爆弾を投下した東京ダイナマイトも良かったです。生放送で業界のタブーに斬り込むのは、2年前のナイツを彷彿とさせました。どちらもビートたけしチルドレンなんでしょうね。こう言った所に、お笑い芸人としての気概を感じました。



ゼロ票だったコンビもいましたが、どれも皆面白かったです。特に学天即は2年前より格段に面白くなってて、何だかとっても嬉しかったです。まー、あのステージまでくる漫才師さん達は、みな実力者ばかりですから、最後は審査員の好みのモンダイと言えなくもないです。ちなみに私は大竹まこととシュミが合うんだなー、と判明。彼のチョイスはA組オジンオズボーン、B組風藤松原、C組流れ星でありました。

漫才師の皆様お疲れ様。そして、次の戦いに備えて、精進くださいませ~!



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:THE MANZAI - ジャンル:お笑い

クリスマスパーティーの招待状と平面ツリー | ホーム | Big Star 「Jesus Christ」とAlex Chiltonの「The Christmas Song」
Comment
風藤松原、私も今後注目したいと思ったコンビでした。
そしたら、翌朝のZIPの「笑いの単語チョウ」に早速登場していてビックリでした(笑)。同じネタでしたが、笑いました(笑)。
そうなんですか?ウチはZIP見てないので知りませんでした。早速THE MANZAI効果があったのは嬉しいですね。私、風藤松原は5回以上リピートしてみましたが、何度でも笑えました。
ユッカリーナさん、お久しぶりです。
ウーマン優勝は嬉しかったです。実は村本さんの地元民で、地元唯一の芸人さん。なので、地元テレビ局が密着取材してて、ザマンザイ裏側が垣間見れ、緊張感が伝わる映像が見られて、余計応援したくなりました。
が、今回はオジンオズボーンと流れ星にたまらなくはまりました!
岐阜県の方には肘神様のお祭り本当にやってほしいくらい繰り返し見てしまいます(^^)
福井県でしたっけ?確かに他に芸人さん知りません。地元の星になりましたねっ!

ウーマンもそうですが、特にオジンオズボーンは、同じスタイルでありながら、去年から見事に進化してたのに、ゾクゾクしてしまいました。
いやー、面白かったです。何回も見てしまいました。
ウーマン優勝納得です♪
村本さんの底なしの下衆さが好きなんですけど、でも優勝してどや顔されるとちょっといらっとします^^
いやー根っからの嫌われキャラ、面白いです。

オジンオズボーンの進化ぶりは見事でしたね。あの笑いが登り詰める感じ、すごかったです。いつものパターンかなという思いをいい形で裏切ってくれました^^苦労してるだろうにくたびれず今年もがんばってくれてうれしいです。
チーモンチョウチュウも笑いました~、鶴の中にハト混じってるやん、って。ポーポーポッポーが頭でループしてます。
流れ星も好きです。ちゅうえいの顔とあの動き、たまりません^^ひじ神様、夢に出てきそう~。ちゅうえいのギャグはたまりません♪
東京ダイナマイトもいいですよね。エクササイズねたがめっちゃ好きですが、今回のもおもしろかった♪

私的にはA組チーモンチョウチュウ、B組ウーマン、C組流れ星でした♪

どのコンビも素晴らしいパフォーマンスで楽しかったです。その中でもウーマンは一つ頭が出てた感じですね。まさに心技体がピッタリと重なった感じ。今回は優勝者以外でもブレイクしそうなコンビが沢山いて、とても嬉しかったです。
ご無沙汰です^^
昨年、THEMANZAIの記事に
コメントを頂いた者です。
今年は良かったですね~
キングオブコントに較べると
格段にレベルの高さを感じました~
僕もウーマンは凄いとは思うんですが、
早口が疲れるというか・・・
もうおっさんなのかもしれませんね(^_^;)

お久しぶりです。
確かにキングオブコントよりも、レベル高かったですね。レーザーラモンでさえ、明らかにスベッてる感じじゃなかったですから。とても盛り上がって良かったと思いました。
なんとなく好みが似てる気がします。

ウーマンラッシュアワーもいいんだけど、おじいちゃんおばあちゃんはついていけないしね、やっぱり漫才って老若男女いろんな方に見ていただけるのが基本だと思います。

だから、私も初めて見た風藤松原、結構実力はあると思います。

銀シャリも もっと面白いのになんであのネタ選んだかなぁと、応援している関西人としては残念残念でした。

NON STYLEだって違うパターンで頑張ったら良かったのにね

来年は海原やすよともこ出てくれないかなぁ。

今年は少し私としては不完全燃焼かな。
京都のおばちゃんさんへ

去年はたまたま一致しましたが、自分の好みと優勝が合致しないのは仕方ないかな、と思っています。ウーマンは個人的好みでなかったけど、優勝に相応しい戦いでした。ゼロ表でも学天即のネタはとても印象深かったし、今後の活躍が期待出来るコンビが多数いたという面では、良かったと思います。ただ、関西圏の方には決勝に残って欲しい芸人さんが、もっと沢山いるのですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/786-b0ed8a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR