プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/11/11 10:02 yuccalina

NHK杯を終えて~モロの目にも涙の高橋大輔「ソナチネ」他

浅田真央&高橋大輔の優勝で幕を閉じたNHK杯ですが、シングルのみならず、ペア(成龍組頑張りました!)、アイスダンス共に名演技たっぷりで大興奮でありました。しばらくリピートが続きそうです~!

ってな訳で感想をば書いておこうと思います。

先ずはシニア初参戦の宮原知子(さとこ)選手ですが、体は小さいのにジュニアっぽさを感じないと言いましょうか、とても演技が上品。ジャンプにもう少し高さが出たら、もっと見栄えが良くなりそうです。これからが楽しみ。

3位に終わった鈴木明子選手は、フリーでジャンプミスが多く本人も不満の残る内容だったと思いますが、次はきっと立て直してくると思いますので、期待したいです。

2位のラジオノワちゃん、可愛かったですね~。どう成長するのか楽しみですが、2年前より相当真ん丸になったトゥクタミシェワ選手とか見てると、やはりこれから先は体型変化との闘いが待っているのでしょうね。まー、浅田真央ちゃんにしても、それほど丸くはならなかったけど、成長期はジャンプが不安定で大変な時期があったようですから、誰もが通る道なんでしょうけど。

んで、堂々自己ベストで優勝の浅田真央選手。前回転倒したフリーの3Aを両足ながら着氷。2A-2Tだった中盤のコンボジャンプが2A-3Tと、また一歩前進しました。次は最初のコンボを3F-2Loを3F-3Loに上げていきたいところですが、3Aの調子が良ければ2回に増やすのもアリなんでしょうか。そっちでも8トリプルになるんですもんね~。既にジャンプ構成が鬼プロと言われてるのですが、どこまで進化するのか楽しみです。



ちなみに、ユーロスポーツの映像には左上ボックスの下段(current)に、ジャンプやスピンなど、技を終える毎に点数が加算される仕組みになってるようで分かりやすいです。バンクーバー以降プルシェンコの苦言のお蔭もあってか?男子は4回転時代に突入しましたが、女子では浅田真央選手一人でトリプルアクセルを守っています。アメリカ大会の時に、アシュリー・ワグナー選手はその事に敬意の言葉を述べていたそうですが、真央ちゃんの引退後、こんなエキサイティングな演技を見せてくれる選手は現れてくれるんでしょうか?

さて、男子は3位のアボット選手から。フリーが「エクソジェネシス」復活ですが、この曲鉄拳のパラパラ漫画「振り子」のやつですね。なんかシンクロしちゃって泣けてきましたわ。でも、ここでは敢えてショートの「ピナ・バウシュ」のお話しますね。





サフチェンコ&ゾルコビー組は、棒のように倒れる女性を支えるポーズとか、分かりやすいモチーフを使えたのですが、シングルの場合は表現が難しいかもしれません。コンテンポラリーでは腕を直線的に使う表現が多いのですが、そこが決まるともっとパワフルになりそう。表現力豊かなアボちゃんだからこそ挑戦できる曲とも思えるので、まだまだ良くなっていくと期待しています。

2位の織田信成選手も、素晴らしかったです。フリーでは最初の4Tが3Tになりましたが、誰もが心配したザヤ(ジャンプの飛び過ぎ違反)にならなかったんですよねっ!今シーズンはショート、フリー共に彼のキャラクターにピッタリなプログラムで、見てて楽しいですわ。イヤー、これで五輪代表にちょっと近付いた?



そして、優勝の高橋大輔選手ですが、まずはショート終了後のモロゾフの涙にビックリでした。どーしちゃったのー?まだ早いでしょ?大歓声にも表情を崩さない大ちゃんとは対照的。





私も演技中はちょっと目がウルウル来てたんですが、「モロの目にも涙」がテレビに大写しされた瞬間に、涙が引っ込んじゃいましたわ。ショートの高得点にも顔を緩めない大ちゃんには、決意の強さを感じていましたが、翌日のフリーでも4T成功しました。ジャンプミスはいくつかあったものの、アメリカ大会に比べたら、かなり良い感じになってきましたね。確か2シーズン前が、試合ごとに調子を上げてきて、世界選手権にピークが来たのを思い出しました。この感じでソチで頂点が来ると良いですね。

高橋大輔選手はこの優勝でソチがグッと近くなったと思います。過去の実績(選考に考慮すると明言されてるし)からしても、町田樹選手の優勝とは扱いが違うのかな、と。織田信成選手も良い感じに仕上がってきました。今現在GPSの結果では、無良崇人選手が一番出遅れてて、その次は小塚崇彦選手、ってことになるのでしょうか。小塚くんはケガからの復帰ですし、バンクーバー五輪の経験者なので、まだ大丈夫だと思うんですけど。ホント、どーなっちゃうんでしょうかねー、全日本選手権が楽しみでもあり怖くもあり、今年の年末は凄いことになりそうです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

アーユルヴェーダのオイルマッサージ、アビヤンガで冷え対策 | ホーム | ビートクラブdeロックな話(15)~DBMT, Chicago Transit AuthorityとTerry Reid
Comment
浅田選手 高橋選手とも普段はぽわんとしてたり してるのに試合は顔つきがまるで違って 勝負師の顔してますもんね、、これはいけるかも、、って始まる前からわかります 反対に織田選手は緊張一番しそうな方なのにスマイルがテーマだから 笑顔作ってえらいなーと思います 小塚君は前表情を崩すと演技に出ちゃうから作れないって言ってましたもんね、、

あと男子で試合は羽生選手 町田選手ですね、、3つしかない椅子、、究極の椅子取りゲーム、、皆ソチ行ってほしいけど、、三人だけ、、緊張感マックスですねーでもでも、、小塚君がんばってほしいです、、全日本、、、
> あと男子で試合は羽生選手 町田選手ですね、、3つしかない椅子、、究極の椅子取りゲーム、、皆ソチ行ってほしいけど、、三人だけ、、緊張感マックスですねーでもでも、、小塚君がんばってほしいです、、全日本、、、

きっと6人全員が全力でくると思いますので、凄い戦いになると思います。悔いのない試合にして欲しいと思います。GPファイナルは全日本の前哨戦、全日本はソチ五輪のとなるのでしょうが、日本だけでなくアメリカやロシアもきっと国内の戦いは凄まじいかもしれませんね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/753-701e3c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR