プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/10/23 08:34 yuccalina

スケートアメリカ感想~ほぼ浅田真央ちゃん

昨日はトランシルヴァニアの美しい民族衣装を紹介しましたが、「美しい」繋がりで、今日は浅田真央ちゃんのお話しちゃいますか。

彼女がグランプリシリーズ初戦、スケートアメリカで優勝したのは、周知のことと思いますが、まずは真央ちゃん以外で気になったとこを少々。男子は伏兵?町田樹選手が優勝。4回転が安定してました。しかし、彼のゲージツ家キャラにはちょっと引きました。演技後のお辞儀が尺取りすぎでない?そこで若干、興が醒めちゃいまして、どーもすみません。高橋大輔選手はジャンプがまだ調整出来てない様で、4回転よりも、クリアーな3Aが復活しないのが心配です。小塚崇彦選手はケガからの復帰ということもありますから、ショートで4回転を降りたことは収穫だと思ってます。それと、ショートの衣装が手直しされ、フリーでは全く別のになってて、ホッとしましたよー。

そんで女子ですが、ロシアの天才少女ラジオノワちゃん、ちっちゃーい!アイスドールのリプニツカヤとは対照的に愛くるしい系なのねっ!"元"天才少女(つーてもまだ16才だよっ) のトゥクタミシェワが4位で、かなり体が丸くなってました。ホルモンバランス絶賛変動中で大変なこの時期、立派なもんだと思います。まだまだ先に期待したいですね。つーか、ラジオノワちゃんも2年後はこんな感じになってるのかしらー?

2位のアシュリー・ワグナー選手ですが、実は余り好みでなかったりします。体がムキムキ過ぎて、ジュリエット感がゼロなんですもーん。ジュリエットって、確か原作では14才くらいの設定なんですよね?ってことは、ラジオノワちゃんとかがやるべきプロかもしれませんね。ショートはロックファン的に注目のピンクフロイドでしたが、何だか鈴木明子選手の「キル・ビル」のパクリっぽくないっすか?衣装も髪型も被ってました。と、文句ばかり言ってスミマセン。この辺りはあくまでも、好みのモンダイですよね。

と言ったところで、本題、浅田真央選手。テレビ朝日ってば、これでもかとバンクーバーの映像をプレイバックしおって、時間を無駄遣いしすぎー!と文句を言いつつも、スミセイ、ロッテ、エアーウィーヴの真央ちゃんCM3本立ては、民放ならではの楽しさでございました。

それにしても、ノクターンの美しかったこと!イギリス・ユーロスポーツの解説者が、「氷上のバレリーナ」と呼んでましたが、その通り!トリプルアクセルはマイナス評価でしたが、回転は認定されました。7年前のプログラムも大好きでしたが、大人になった真央ちゃんにもウットリ。至福の時間。これを見て幸せを感じたのは、私だけではあるまい。何ですかね、日本のフィギュア関係者に、「浅田真央の演技はKYに比べたら子供同然」みたいなこと言った人がいるそうですが、頭に虫がわいてるとしか思えませんなー、S田さん。



おっと、真央ちゃんの記事で、こーゆー汚ならしい表現を使うのはよろしくありませんね。で、3A転倒のフリーは、最後のステップで疲れ気味だったのが、気になりましたが、冷静にジャンプ構成を変えて、まとめたのは流石です。メイクも衣装もカッコイイ真央ちゃん、ノクターンとのコントラストが良いですね。これ、ジャンプが全部決まったら、ホント凄いことになるなー、と既にゾックゾクしております。



早くもNHK杯が待ち遠しいー!ブログ主ですが、今週末のスケートカナダは羽生結弦くんが登場ですね。しかし、エントリー書くかは未定でして、今後もフィギュア関係は、ほぼ浅田真央ちゃんの話が中心になりそうーです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

秋のバルコニー~アボカドの木からビワの木の思い出 | ホーム | イーラーショシュ3作目と「カロタセグのきらめく伝統刺繍」
Comment
スケアメ終わりましたね 町田選手は 4回転すばらしかった、、ひとつだけ、、ショートのお衣装が、、なんかいまいちな気が、、私だけでしょうか、、フリーほどのインパクトのない、、織田選手にも似合いそう、、誰が着てもよさそう、、

高橋選手はジャンプは今一歩でしたが、、今回の結果は 負けず嫌いなので奮起になると思います、、

小塚君は けがへの不安とか、、下向いちゃう癖とか、、次回はすべて捨てて自信をもってほしいです 

浅田選手美しかったですね ジャンプすら美しかった、、衣装もすてきだったし、、他の選手とは 格g違うっていうか、、次回楽しみですね
町田くんのSP衣装は、本人の意図があるんでしょうね。文学青年で振付けも自身でした「エデンの東」を、これまでの最高傑作だそうですから。
小塚くんは、いろいろと心配があるでしょうが、最後まで悔いのないシーズンにして欲しい。勿論ソチに行って欲しいですが。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/739-23bf6d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR