プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/11/01 08:20 yuccalina

小4時代のお友達K君の思い出~ルネちゃん作戦と「緑色の屋根」

ちょっと前に子供時代に着ていたお洋服の話(こちら)を書いた時に、写真を見ながら思い出したことを書きたいと、ずーっと思っていました。チェックのサロペットパンツにイチゴ柄のシャツという、少々恥ずかしいスタイルをした小学4年生の私。社会科見学で羽田空港に行った時のスナップショットに、こんなのがあったのです。

yuccalina19.jpg

女子のお友達ばかり並んだ中、私の右隣に一人だけ男の子が。後に写真を見返した時、姉から「ねー、ねー、何で女の子ばっかりの中に一人男の子がいるの?」と問われたことも、よく覚えているのですが、彼の名前はK君。小学時代は、何故か4年と5年に上がる際にクラス替えがあった為、4年生の時はたった1年だけを過ごしたクラスメートが多く、彼もその1人なのですが、私はこの1年間をとてもよく覚えていました。

それは、担任のF先生が、とても気さくで児童から好かれており、クラスの雰囲気が凄く良かったからなのです。その要因として考えられるものの一つが交換日記。クラス全員に何でも良いから毎日日記を書かせ、先生は朝に回収し、帰りまでに返事を書いて、ノートを返してくれました。

私は当時あまり文章を書くのが好きでなく、「今日の給食はおいしかった」だの「夕飯がどーのこーの」と、食べ物の話が矢鱈多かったのですが、友達と遊んだ話となると、頻繁に名前が登場したのがK君。別に彼が女の子の遊びが好きだった訳でなく、私が男の子の遊びに寄ってた方でした。学校から帰って近所のブタ公園(出入口に大きなブタの像があった為こう呼ばれてた)に、男女5、6人集まって遊んだ中にも、いつもK君がいました。そうそう、一度だけですが、私の家に遊びに来たこともあったなー。等々思い出しましたよ。

はたしてK君が私を好いていたのかどうか分かりませんが、私的には男の子として意識は全くなかったと思います。ここではK君、と書いてますが、F先生との交換日記には「今日はKと遊んだ」とか、苗字の呼び捨てで書かれてましたので、多分本人に対しても、そうだった筈。K君も私を苗字で呼び捨てしてたと思います。

さて、そのF先生との交換日記の中で、ちょっと面白い記述があったので紹介します。

〇月〇日
今日のひる休みは、Kといっしょに「ルネちゃんさくせん」でMをやっつけた。


対して先生の返事

それはいったいどんな作戦かな?

F先生にどんな作戦かを話した記憶はありませんが、ルネちゃん作戦は覚えていましたよ。それは、

「ルネ・シマール、首しまーる!」

と言いながら、お友達の首をかるーく絞める。村上ショージが言いそうなダジャレがメインであり、勿論本気で首を絞めて攻撃する訳ではありません。「ルネ・シマール首しまーる」が、ユッカリーナ当時9歳、渾身の一発ギャグだったのかどうかは分かりませんが、あの頃は学校でいかにイケてるダジャレを言うか、クラスメートと競っていた気がします。

現在の小学校では、このルネちゃん作戦もいじめに繋がると、禁止令が出ちゃうかもしれませんね。ちなみに作戦をかけた相手のM君は、体は大きいけどのんびり屋でクラスのいじられキャラでした。彼の親から苦情も来なかったし、私もK君も、F先生から注意されることはありませんでした。(但しM君本人がいじめと思ってた可能性はゼロではありませんけど。)

ところで、ルネ・シマールって誰でしたっけ?ダジャレは覚えていても、ルネ・シマール本人の記憶はおぼろげです。今でいうなら、「消臭力のミゲル君」みたいな子供の歌手だったようで、お菓子のCMとかに出てた気がします。YouTubeで探してみたら、あったあった。



やはり私が小学四年生の時に、歌謡祭でグランプリ、日本で人気を博したのですね。オマケで、「あの人は今」の映像もありました。



日本では今でも根強いファンがいるのかしら?とは言うものの、歌の方はよく覚えていませんでした。やっぱり、私にとっては「緑色の屋根」よりもルネ・シマール首しまーるの印象が一番強いんですわー。ファンの皆様ごめんなさ~い。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい話 - ジャンル:日記

「バラカン・モーニング」で思い出したボビー・チャールズとウォーレン・ジヴォン | ホーム | 内村航平くんの脚線とチェアーポーズ
Comment
ルネの名前とこの歌の日本語版は覚えていました。
でも、フルネームまでは知りませんでしたけど(^_^;)
なるほど、ギャグにしていたんですね(笑)。

交換日記も懐かしいです。
私の学校ではグループ日誌とかもありました。
こんにちは。私はリアルタイムでは知りませんでしたが、あの人は今で、見たのを覚えてましたよ。年代ごとに、人気の外国人スターがいて、面白かったです。
歌は全然覚えてなかったんですよね。

あー、確かにクラスで班分けして、その中で交換日記してた気がします。

確かに外国人タレントの移り変わりも激しいですねー。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/730-c9de9148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR