プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/10/09 08:02 yuccalina

フィギュアスケートの今季プログラムについて~浅田真央、高橋大輔、etc.

先週末のジャパンオープン(JO)&カーニバルオンアイス(COI)にフィンランディア杯で、フィギュアスケート今シーズンのプログラムを多数見ることが出来ましたので、少し書いておこうかと思います。

浅田真央選手
大人っぽくバージョンアップしたショートプログラム(SP)の「ノクターン」は、薄紫の衣装が素敵です。彼女の透き通ってて、ふんわりした感じにピッタリです。オリンピックに鉄板な選曲。浅田真央選手には、ショパンがよく似合います。COIでの披露でしたので、冒頭のトリプルアクセルがスッポ抜けたのも、まあ仕方ないかな?
逆にJOでのフリープログラム(FP)ラフマニノフでは、アクセルを両足着氷ながら、回りきっていました。真央ちゃんについては長くなりそうなので、また別の機会に改めて書きたいと思います。



高橋大輔選手
宮本賢二先生渾身のコリオグラフィー「ソナチネ」は、神々しく、人を寄せ付けない雰囲気が漂います。作曲の佐村河内守さんについては、初めて知りました。まだまだ未完成な状態ですし、今後印象が変わるかもしれませんが、FPより好きかも?で、そのFPの「ビートルズメドレー」が、今一つハマらないのは、私が元々、ロック曲のオーケストラアレンジが余り好きでないからだと思います。ロックの曲なら、そのまんまの方が好きなんですもん。羽生結弦選手の「パリの散歩道」みたいな格好いいブルーズロックと、比較しちゃいかんのは分かっているんですけどね。ちなみにビートルズメドレーと言いつつ、ビートルズの曲じゃないのが1つ入ってますね。「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」を作曲したのは、第5のビートルズと呼ばれたプロデューサーでアレンジャーのジョージ・マーティン。彼のアルバム「イン・マイ・ライフ」に収録されているのですが、ジェフ・ベックやフィル・コリンズ等豪華メンバーが参加したコンピレーションです。振付けのローリー・ニコル女史は、最初からビートルズでなくジョージ・マーティンのアルバムから、発想した可能性もありますね。





イン・マイ・ライフイン・マイ・ライフ
(1998/03/18)
オムニバス、フィル・コリンズ 他

商品詳細を見る


羽生結弦選手
初戦のフィンランディ杯で、見事優勝しました。心なしか体がガッチリしたよーな?顔付きも大人っぽくなったよーな?まだまだ成長は止まらない感じでしょうか?SPは持ち越しの「パリの散歩道」です。FPの「ロミオとジュリエット」で、4回転サルコウも成功し最後はクタクタになってましたが、ペース配分はこれからで良いでしょう。衣装はやはりジョニー姉さんデザインですね。シニアデビュー以来、FPはずっとジョニー・ウィアー作。ワンショルダーと言うか、カシュクール風と言うか、トップは必ず斜めのラインが入ってるんですよねー。



ハビエル・フェルナンデス選手
羽生選手のライバルは、JOで4回転を3回成功して脱帽でした。初戦からこんなにバンバン飛べちゃうのか?その他のエレメンツや演技構成点では、点数稼げないので、ジャンプ命なハビエル君ですが、スポーツとしては清々しいものがあります。しかし、この「ピーターガン」、テーマ曲聴いてるとつい「ブルース・ブラザーズ」を思い出しちゃいます。

小塚崇彦選手
昨シーズンより持越しのFP「ロンド・カプリチーソ」は、衣装が大変なことになってまして、テレビの前で絶叫してしまいました。2年前評判の悪かった「インナー・アージ」の赤系の衣装になんだか似てるんです。どうしましょう。SP「アンスクウェアダンス」の方もねえ、、。衣装が気になって、何だか演技に入り込めないのです。どうしましょう。同門の浅田真央選手は、いつも素敵な衣装なのに、なぜなんでしょう。まー、本人の好きなテイストとか、動きやすさとかあるんでしょうけど。衣装の話だけになってどーもスミマセン。

と何だか男子選手ばかり並んでしまいましたが、これから試合毎に、印象に残った事を書いてく予定です。来週末にグランプリシリーズが開幕。浅田真央選手はその開幕戦スケートアメリカと、NHK杯に出場します。後者は例年以上の盛上り必至ですね。浅田真央ちゃんのラストシーズン、彼女の真っ直ぐな姿勢と視線を見習って、余りジタバタせずに見届けたいと思います。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

内村航平選手はエレガント? | ホーム | 一家に一瓶オススメしたいっ!ティーツリーオイルの話
Comment
こんにちはー

いよいよですねー

真央ちゃんはほんとラベンダー色とか似合いますねスタイルもいいし、、鈴木選手とかみてるとジャンプうまいのはしっかりついてる下半身ならではと思いますが真央ちゃんは すんなりしてるのに 3Aとかすごいですねー愛らしいお顔なのは変わらないのに 滑ってるときはほんと風格がでてきて、、曲もラストシーズンにベストマッチですねー

逆に素人がしんぱいしても仕方ないけど高橋選手 ビートルズは冒険かな?でもベストマッチの曲ほかにあるのに勝負の年に、、って思います、、長いあいだ牽引してきた方だからくいなく追われればいいですね

羽生選手はすごいのひとことですね 脱帽です、、、あの驚異のハートの強さはどこから来るんでしょうね まだまだ進化がありそうです、、すごーいです

小塚くんは、、曲は勝負の年に二つとも最高の曲揃えたなー仕上がりも怪我を思えばすごいできだし、、でも、、衣装が、、、うぇーーんだれか小塚くんの周りの人世間の意見くみとって変えてくれないんでしょうねかね、、あの衣装は 歌手のJUJUさんの衣装やってる方だそうですがJUJUさんの衣装はご本人にあっててとても素敵なんです、、でも小塚くんのは、、曲と二つともまるであってない 他のてがけた衣装とかみたらそのデザイナーさんの傾向がよく現れてる衣装なのは分かりましたが、、今年の曲に小塚くんの滑りに360度くらいあってない、、ジャージみたいだし、、交通整理の旗振りのおじさんみたい、、悲しい、、
小塚くんの衣装が有名なデザイナーさんのものとは、全然知りませんでした。

彼に似合ってるとは思えないのですが。気になって演技に集中出来ないのが、やはり困りますね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/724-38822522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR