プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/09/19 08:20 yuccalina

梅干しは調味料です~豚肉と野菜の梅煮

今年の夏は梅干しで味付けした冷やし麺とかを、沢山食べていたブログ主ですが、最近のお気に入りは煮物。ちょっぴり酸味があって、梅干しでしか出せない味付けってあると思いますが、酸っぱいのが苦手な人には、あまり興味ないでしょうねえ。

豚肉と好みの野菜を醤油、砂糖、梅干しで味付けするだけの簡単メニューです。

cooking164.jpg

<材料>
豚肉バラうす切り 200g
好みの野菜 300~500gくらい
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ2
水 カップ1
梅干し 3個
サラダ油 適宜


鍋で肉と野菜を軽く炒め、調味料と水、梅干しを種ごと加えます。菜箸で梅干しをほぐしながら、水分が飛ぶまで煮込むだけ。食べる前に種は取り除きます。梅干しの塩加減によって、醤油の量は調整してください。ちなみに私は塩とシソだけでつけたしょっぱい梅干しを使用しておりますので、ハチミツ漬けとか甘い物を使う場合は、砂糖を減らして醤油を多めにすると良いでしょう。

上の写真では、じゃがいも、人参、大根を入れてみましたが、この味付けが、トモローにもダンナにも好評だったため、後日違う材料で作ってみました。肉の代わりに厚揚げ、細く切り込みの入ったこんにゃくと、人参、大根、サヤインゲンです。色が悪くなるのでサヤインゲンだけ最後に加えました。

cooking165.jpg

cooking166.jpg

こんにゃくが艶っぽく良い色になってます。厚揚げとの相性も悪くないですよ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

明後日放送の「藤田嗣治・秋田への夢旅~地を泳ぎ天を歩く」 | ホーム | ビートクラブdeロックな話(12)~The Who "Tommy Special"
Comment
こんにちは!
梅干を積極的に使っていますね。
一つ目の料理は見た目「肉じゃが」?
二つ目は見た目も美しく、ばっちりじゃないですか。
さやいんげんが入ると、色どりがいいですね。
> 一つ目の料理は見た目「肉じゃが」?

その通りです。梅風味の肉じゃがって感じですが、じゃがいもが崩れて見た目がちょっとなー、と思い、2番目のはいも抜きにしてみました。でも、味付けはお酒もみりんもナシで、シンプルに砂糖醤油+梅干しです。
こんにちはー

へーーいつも教えていただけるので楽しみに ブログ読まさせていただいてます 梅干しの煮ものですかーーおいしいかも、、うちはだんなさん今年の初めころ中性脂肪肝臓の数値悪くて(もう正常値になんとかなれましたが)揚げ物あまりしなくなって 代わりに煮物いつも作ってますがマンネリ、さっそくやってみますね ありがとうございます また教えてくださいね

息子さん晴れたし 修学旅行いらっしゃいましたね 知らない所や イベントは 熱出しちゃう子もいますもんね 少しずついろんなこと経験して大きくなっていくんですもんね 楽しんできてくれるといいですね
甘酸っぱ塩っぱいという、ちょっと変わった味でもあり、好みがあるかと思いますが、是非お試しくださいませー。

トモローは帰ってから熱出しそうな予感です。
美味しそうですねー^^
3つ目のいんげんのやつなんかは、その写真を部屋に飾りたい位です。
> 3つ目のいんげんのやつなんかは、その写真を部屋に飾りたい位です。

ありがとうございます。ぜひ飾ってください(^^)


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/710-15dd35d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR