プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/09/11 08:05 yuccalina

トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュその2

1カ月半振りにハンドメイドの更新です。最近は編み物よりも刺繍にドップリハマッておりますわ。トランシルヴァニア(カロタセグ)の伝統刺繍、イーラーショシュ・チャレンジの第2弾です。ちなみに第1弾はこちら

イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍
(2013/05/31)
谷崎 聖子

商品詳細を見る


前作をチクチク刺していた時に思ったんですが、私は日常生活において、同じことを地道に繰り返すのが苦手なのに、刺繍とか編み物とかは、意外に平気なのは何故なんだろう?やっぱりそれは、何かが出来上がっていくのに快感を得られるものならOK、ってことではないでしょうか。多分ハンドメイドをされてる方の多くは、この快感を得たくてやってるんじゃないかと思うんですが、どうでしょう?あ、それと、私は手先を使ってる時だけ、結構な集中力が出てると思うんですよね。そのあたりにも、快感要素がありそうな気がします。

ちょうちょ結びが中々出来なかったり(流石に今では出来ますが)、箸の使い方が下手だったり(こちらは今でも自信ナシ!)、不器用な私は小学校の家庭科で、運針がいつもボロボロだった話は何処かで書きました。そんな私でも先生に初めて褒められたのが、ハンカチの刺繍だったのを良く覚えています。私はお絵描きが大好きな子供でしたので、その延長として楽しめたのだと思います。自分で描いた図案を刺す時は、もの凄い集中力で、正確に刺繍針を刺すことが出来たのではないかと。苦手だったものでも、どこか好きなこと、得意なこととの結び付きによって、状況が変わることは多いと思います。子供に何かを教える時のヒントになりますよね。そう言えば、まだ体がバキバキに硬かった20代の私が、突然ダンスに目覚めたのも、音楽が好きだった事と深く関わっているのですわ。

とかいう思い出話はこれくらいにして、今回もお洋服に刺繍してみましたよ。近隣の雑貨屋さんBleu Bleuet GENERAL STOREで購入したインド綿の安価なスカートです。チェック柄が好きでつい手が出てしまいましたが、私は柄物の布に刺繍するの、結構好きなんですよね。以前ストライプのエプロン(こちら)を紹介したことありますが、色んな色が混じる楽しさだけでなく、ストライプやチェック等の規則的な柄物は、図案配置のガイドラインになるので実用的でもあります。

handmade11.jpg

そして、前回と違う点は2つあります。まずは糸を刺し子用から、一般的なフランス刺繍糸に代えました。因みに今回使用したのはフランスDMCのblanc(白)で3本取り。スカートの布が薄く柔らかい綿だったので、刺し子糸では糸の引きが強すぎるかと思ったからです。ちょっと粗めに織られたインド綿との相性はとても良くて、前回のリネン生地よりも針の進みが速かったです。

もう1点は図案ですが、前回は刺繍する範囲が狭かった為、フリードローイングで描きましたが、今回は厚紙で型を作り、水性ペンでなぞってみました。

しかし!これらの苦労も、きちんと本を読んでいれば直ぐに解決してたんですよね?刺繍用のコピーペーパーってのがあるのを知らなかったんですよ。そう言えば小学校ん時にも、片面のチャコペーパー使ってたな、と後で思い出す始末。

<厚紙で作った型と刺繍用コピーペーパー>
handmade13.jpg

最近やっと購入したので、次回から使おうと思います。

<モチーフのアップ>
handmade12.jpg

このモチーフはダブルのハートをイメージして作ってみましたが、今回は渦巻きを多用してるのがミソです。丸く曲線を刺して行くのって、中々難しくて、前回のワンピでは諦めていたのですが、柔らかいフランス刺繍糸だと、私でも刺しやすかったです。ちなみに、これを見たダンナは「ムンクの叫びか、真実の口みたい」ですってー。うーん、確かに人の顔に見えなくもないですね。それと、今回は後ろ側も同様に刺繍し、モチーフは全部で20個です。

てな訳で、1カ月半かけて完成したのは、インド製のスカートにフランス製の糸を使ってトランシルヴァニア風の刺繍をする多国籍コラボ作品となりました。そんで、着ている私は勿論日本製でございます。

handmade10.jpg

ところで、最近手芸用品を扱う店って減ってませんか?これまで良く利用してた近所のイオンモールから、いつの間にか手芸売り場が無くなっていました。食品を買いに行ったついでに覗くのが好きだったので、とても残念です。実は、ちょっと足を伸ばせば専門店最王手のY屋があるのですが、いつもレジが混んでるのと、店員さんの感じが余り良くないのが気になって、あんまり行きたくないんですよね。そんな折、谷崎聖子さんサイトで知ったのが、イーラーショシュ用の糸を扱ってる「越前屋」というお店。私が週一で通ってる綿本ヨーガスタジオから、歩ける距離にあったのです。

ネット通販もあるようですよ。
手芸の越前屋ネットショップ

そこで、イーラーショシュ糸と先述のコピーペーパーを購入して参りました。糸は1綛100gもあり、フランス刺繍糸と比べたらこのボリュームです。刺し子糸よりも太いのですが、艶があって、柔らかくて、とても使いやすそうです。やっぱり用途にあった材料選ぶのは重要ですね。刺し子糸だと、糸の寄りがしっかりして硬めな為、重なる部分がボコボコし過ぎるんだと思います。あれは、やっぱり平面に刺していく刺繍に向いているのだな、と実感しました。

<色はこの他に赤と白があります。1綛1260円>
handmade14.jpg

このイーラーショシュ糸を使うなら、やはりそれなりの布を準備しなくっちゃと、始める前からちょっとワクワクしておりますが、紹介出来るのは第4弾以降になりそうです。早くこれで何か作りたいところですが、第3弾はもう着手してて、次もDMC糸を使用しておりますので。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

白だしナンプラーで色々漬けてみた~ゆでたまご、青唐辛子etc. | ホーム | イチロー・スズキと股関節の話~開脚と赤ちゃんのポーズ
Comment
コツコツ系作業ですね、、、ユッカリーナさん、尊敬します。よい瞑想になりそうですね〜
刺繍、めちゃカワイイ〜
着用している写真、めっちゃオシャレですね。トップスとスカートのクタッとしたバランス、大好きです。
チェックに刺繍が絶妙でビックリ。(自分は絶対にできないけど)新しい発見です。

手芸ができたら、楽しいだろうな・・・ボタン付けるのも四苦八苦の私には、想像もできない世界です(-_-;)
ご訪問&コメントありがとうございます。

> よい瞑想になりそうですね〜
そうですね!確かにやってる最中は何もかも忘れて集中出来てる気がします。
コメントありがとうございます。

> チェックに刺繍が絶妙でビックリ。(自分は絶対にできないけど)新しい発見です。

そうなんですよー、私、結構柄もん同士を合わせたりも好きなんで、コラージュ的な?ゴチャゴチャしてそうで、実は整ってるみたいな?人によってはクドいと思われるかもしれませんが。

フレアスカートの裾いっぱいの刺繍、とても素敵です!
チェック柄のせいか、エキゾチックな雰囲気がありますね。すばらしい集中力だと思います。

ダブルハートのデザインも、こちらの格子の模様を連想させます。また新作、楽しみにしていますね。

ご覧いただけて嬉しいです。ありがとうございました。

そちらにも、同じような模様があるのですか?是非見てみたいです。
実は、後で気が付いたんですが、アイヌ刺繍のチカップ美恵子さんの本に、似たような模様があるんです。知らないうちに影響されてたんでしょうね。アイヌとトランシルヴァニアで、共通する美意識があると思うと、何だかとても楽しいです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/703-df6f2756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR