プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/09/04 08:11 yuccalina

新学期がスタート~お薬とハーブティーの話

一昨日新学期がスタートし、自分も含め世の母親達はさぞかしホッとしてることでありましょう。トモローは始業式前日はやや興奮気味で寝付きが悪かったものの、元気に学校に通っています。夏休み最終日となった日曜日には、アスレチックと水遊びをしてきました。

tomoro229.jpg

tomoro228.jpg

tomoro227.jpg

かつては、高いところで留まって下を眺めてるトモローを、必死で動かそうと焦ったこともありましたが、それは、人と上手くすれ違えずに、押してしまったりすることがあったからです。今では距離感が分かってきて、トラブルも殆どありません。他の子供達と同じ遊び方をさせようと言う焦りから解放されて、こちらも余裕を持って見ていられるようになりました。勿論、迷惑行為になりそうな時は、止めに入りますが、極力本人の好きなようにさせたいと思っています。

さて、8月に発達外来を受けた話は既に書きましたが、お薬の服用について、私とダンナに温度差があるのが判明して、ちょっとビックリしてしまいました。I先生が積極的に薬を勧めてる感じはしませんでしたし、親の対応に限界が来そうなら、薬に頼っても良いですよ、という言い方でした。テンションを下げるリスパダールというお薬を処方してもらってる自閉症児が多いこと、但し誰にでも同じ効果があるわけでないこと等を教えてくれました。どこで処方してもらえるかというと、我が家から徒歩5分の総合病院Sで扱っているとのこと。私は、今後もしもの時に考えようと受けとりました。

ところが、帰宅するなりダンナから「で、S病院はいつ行くの?」と聞かれ、唖然としてしまったのです。今現在、とても安定してる状態ですし、トモローが荒れる時の原因って、大体私かダンナが作ってるのは明らかなのです。だからこそ、こちらがなだめることで、何とか乗り越えてきたと思っています。それなのに、安易に薬で落ち着かせようとしてるみたいで、とても厭な感じがしました。

ダンナ自身が薬好きで、西洋医学至上主義っぽいところがあるので、まあ、さもありなん、ではありますけど。私がアーユルヴェーダを勉強しつつ、免疫力アップのハーブとか、風邪をひいた時に良い食べ物、飲み物とかを勧めても、彼は絶対に口にしないのです。私とトモロー2人でウムカを飲んだり、エキナセアティーとか、ターメリック(ウコン)豆乳を飲んだりしてる横で、せっせと風邪薬(D製薬のS)を飲み、私達が治った頃に一人でまだゴホゴホやっています。どうも、あまり頻繁に風邪薬を飲んでるため、絶対に効き目が低下してるんじゃないかと思うのですが、「この薬が一番効く」と信じてるようなので、放っておいてますけどね。

まあ、私にしてもアーユルヴェーダを信頼してるからこそ、ハーブの効能があるのかもしれませんが、トモローに対して「これを飲むと楽になるよ」と言いながら与えてるのが、効果あるのかもしれません。、、、と言うことはつまり、もしリスパダールを飲ませるにしても、私自身が「これはトモローの為に良いんだ」と思っていないと、ダメかもしれませんね。

秋は行事も多いですし、来春中学に進学する際、劇的な変化に不安を覚えることでしょう。ただ、それらの不安を少しでも解消してあげる努力もなしに、最初から薬で抑えよう、ってのは如何なものかと、その辺りの私の考えをダンナに話し、取り敢えずは納得してくれたみたいです。

ところで、アーユルヴェーダというよりは、アンドリュー・ワイル博士の影響ではありますが、最近試しているハーブティーにヨギティーベッドタイムがあります。「ナチュラル・メディスン」で、比較的安全な入眠薬として紹介されていたヴァレリアン(カノコウソウ)が含まれています。ちなみにヴァレリアンはニオイがかなりキツくて、本の中でも「腐った靴下のような臭い」という記述がありますので、ストレートのハーブティーは怖くて飲んだ事ありません。一度グリセリンで薄めたチンキ剤を買ったことがあるのですが、かなりの異臭で、フルーツジュースに混ぜても厳しい感じでした。

ワイル博士のナチュラル・メディスンワイル博士のナチュラル・メディスン
(1993/06)
アンドルー ワイル

商品詳細を見る


ヨギティー ハーブティー ベッドタイム (16袋入)ヨギティー ハーブティー ベッドタイム (16袋入)
(2012/12/15)
オーバーシーズ

商品詳細を見る


ということを踏まえると、このヨギティーベッドタイムはかなり飲みやすく出来てると思います。ヴァレリアン以外の成分は、スペアミント、カモミール、カルダモン、シナモン、ローズヒップ、ラベンダーフラワー、セントジョーンズワート、ローズマリー、リコリス(甘草)に、甘味としてステビアが加えられています。好みは人それぞれですが、私的にはリコリスの味が苦手な為、カモミールティーとベッドタイムの2パックをティーポットに入れ、カップに蜂蜜とレモン汁を小量入れておいて、少し味を変えています。トモローと二人で、夜飲んでいるのですが、今のところ、トモローが夜中まで起きててギャーギャー言うことがなくなりました。

、、とか言って、ダンナにしてみれば、私が取り組んでるヨガとかアーユルヴェーダを眉唾物と思ってるみたいなんで、薬にはうるさいくせにそういうのには簡単に手を出すんかと、不満タラタラかもしれませんね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ヨガ アーユルヴェーダ

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

0655おはようソング~ナイツ塙、渾身の「なんちょピステップ」 | ホーム | ビートクラブdeロックな話(11)~ハードロックとソウルのゆくえ~Deep Purple, James Brown etc.
Comment
こんにちは!
トモロー君、夏休み最後に楽しい思い出ができたようですね^^

うちも夫が西洋医学一辺倒でちょっと調子が悪くなっては鎮痛剤や風邪薬を飲んで薬漬けで心配してますが、全然聞く耳をもってくれません!
私も昔は早めに薬を飲んでたけど、アロマや免疫の本を読んだりしてから考え方が変わりました。
食べ物やアロマやハーブを利用しながら、足りない部分は西洋医学も使えばいいかなって今は思ってます。
子どもができたら薬のことで夫と喧嘩しそうでこわいです~。
お互い子どものために最善の薬をと思う気持ちは一緒でも、信用してる医学が全然違うので・・・。

トモロー君、新学期も楽しく過ごせますように^^
こんばんは

お薬との付き合い方ってむずかしいですね ほんとこれは効くって信じて飲むのとは違うと思います
これは効くよ、、といわれて小麦粉飲んだら効いたって話ありますもんね

うちも 薬を信じてない訳でもないし 自然治癒とか食べ物 漢方とかだけに頼ってもいません どちらもいいところはありますよね 

うちの義母も 、アルツハイマーを遅らせるアリセプトが効きすぎて ハイテンションで困ってた時に メマリーを処方してもらってテンションさげられてお薬に助けられたときもあります

でも義母の機嫌は介護するこちらと合わせ鏡で現れることも多くだんなさんが怒り口調で接してると義母も不穏になったり、、けっきょく こちらの対処の仕方 自然治癒を高めてくれる身体にいいもの+お薬 全部に頼ってよくしていくしかないのかなーと思います

アロマでサイプレスというのがありますが 頑張りすぎちゃう人や 頑張れない人の気持ちを中庸にしてくれて プラスマイナス0にしてくれて 心を楽にしてくれるアロマがあります お客様で 社交ダンスの全国大会でベストな力で出たい、、と相談された時 サイプレスを持たせてあげて 全国3位になったことありました いらいその方は試合には持っていってます 自分に合えば 薬でもハーブでも自分に合ったものがいい、、ってことですね
概して男性の方が西洋医学重視になるのは「権威に弱い」特性が出てるんではないかと思っています。アーユルヴェーダのチャクラ(エネルギーポイント)は西洋医学でも証明されているんですけどね。

でも、信用度がそのまま効き目に現れるのは、心の作用が一番体に影響してる証拠ですし、何を信じるかは個人の自由。ただ、子供に関しては、父親が全て管理するのは無理なので、口だしさせないようには出来ると思いますよ。今回も結局、ダンナは一人でトモローを病院に連れていけないないので、私の言う事聞くしかなかったみたいです。
義母さんのお話は、心の作用が体に及ぼす影響の大きさを表していますね。
そういう意味で、本人が安心アイテムとして薬を受け入れられたら、それが一番良いんだと思います。多分ウチのダンナさんにとっては、薬はそういう意味があると思っています。

自分の体や心と向き合って、合ったものを選べれば良いなと思います。
ウチも主人が西洋医学という選択肢しかないタイプです(^_^;)。
もっと人の話を聞く耳を持てば
持病の腰痛や頭痛も少しは楽になると思うんですけどねぇ。
残念です。
やっぱり男性にはこのタイプが多いみたいですね。
多分どこかで西洋医学の方が、その他よりも偉いとどこがで思っていそうな気がしますし、自分の考えに固執して、違ったものを受け入れにくいですよね。何か勿体ないと思っちゃうんですけど、本人がそれで幸せならしょうがないかな、、。
リスパダールをいただいたのですね。
僕が初めてリスパダールを飲んだのが23歳でした。
もう17年飲んでいますが、本当に効きました。
初めはずいぶんと楽になり、助けられた時期がありました。
今は1日3ミリ飲んでいます。
初めは眠気が出るかも知れませんが、トモロー君が楽になれるような気がします。
クスリの中では強い方ですが、医師が処方がされたのであれば、トモロー君が辛い時もあるのでしょうか。
僕が一緒に暮らしていないので、何も言えないのにすみません。
リスパダールは半分に割れると思います。
細かな調整もできそうです。
またコメントお待ちしています。
いつもありがとうございます。
私の文章が分かりにくかったのかもしれませんが、お薬はまだ頂いてなく、病院にも行っておりません。
現在はとても良好ですし、まだ考え中です。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/700-07dc6829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR