プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/22 11:19 yuccalina

オイスターソース味の惣菜2種~きんぴらレンコンと切干し大根の煮物

キッチンの調味料を収めた戸棚を整理してた時のこと、オイスターソースがあまり減ってない事に気付き、何か使い道無いかなー?で思い立ったのが、和風の惣菜に使用してみることでした。やっぱり一品料理よりも、常備菜を作りたくなるんですよね。夏場は多少濃いめの味付けが良いかもしれません。そして、トモローがオイスターソース味を受け入れるのかどうかも確かめたくて、興味津々で料理してみました。

まずはレンコンのオイスターソースきんぴらから。わが家のきんぴらはゴボウよりもレンコンを使用する事が圧倒的に多いのですが、それは、トモローがあの歯応えが好きみたいで、サラダにもよく使っているからです。

cooking113.jpg

<材料>
レンコン 100グラム
ニンジン 100グラム
油揚げ 1枚
ごま油 大さじ1
酒 大さじ2
醤油 小さじ2分の1
オイスターソース 大さじ1~1.5
バルサミコ酢 適宜
白ごま 適宜


先にお断りしますが、材料の分量は作りながら大体これくらい?と思ってるだけなんで、味付けは余りあてにしないでください。基本はレンコンとニンジンで、それにこんにゃくか油揚げ(勿論両方の場合もアリ)を加えます。今回は油揚げのみですが、調味料を入れた後で投入します。ちなみにこんにゃくは逆で一番最初ですね。で、レンコンとニンジンをごま油で炒めたら、酒と醤油、オイスターソースを加えて混ぜた後で、刻んだ油揚げをいれます。先に入れちゃうと調味料を吸ってしまうので、レンコンとニンジンに味が付いた後で入れましょう。最後にゴマをかけて出来上がり。ちなみに、私は余り甘いのが好きでないので、みりんは入れません。オイスターソースだけで、結構甘いですよね。それと、わが家はみんな、酸っぱいもの好きなので、きんぴらにも、よくバルサミコ酢を入れています。

お次は切干大根の煮物ですが、これは、パッケージにもレシピが載っている煮物の、和風だし→鶏がらスープ、醤油→オイスターソースにチェンジするだけです。材料は大体

切干大根 40グラム
ニンジン 100グラム
油揚げ 1枚
鶏がらスープ カップ1
酒 大さじ2
オイスターソース 大さじ1~1.5
バルサミコ酢 適宜


cooking112.jpg

といったところでしょうか。鶏がらスープの塩分が結構強いので、オイスターソースは汁気が少なくなってから、味見しながら少しずつ加えてください。みりんは無しで変わりにここでも最後にバルサミコ酢を足してますが、酸っぱいのが苦手な人は、入れなくて良いと思います。私的には、オイスターソースのくどさが抜けて、結構食べやすくなりました。

ところで、このバルサミコ酢、私は酢の中でも一番使用する頻度が高く、例えばサバ味噌煮やさんま蒲焼きの缶詰に、かけて食べています。息子のトモロー(11歳)も、そのままよりバルサミコ酢入りの方が好きなんですよね。そんな訳で、生協のカタログに良さそうなのがあるとつい買ってしまって、現在はこの2本が戸棚に入っています。どちらもイタリア産ってのに釣られちゃったんですよね。とか言いつつ、イタリア料理には殆ど使ってませんが。

cooking114.jpg

ちなみに、このオイスターソース味の惣菜2種は、どちらもトモローのお口に合ったようで、白飯無しでパンと一緒にパクパク食べておりました。ホントはご飯に合うのにねえ、、、。あとビールにも合いそうですよ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 常備菜

テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

トランシルヴァニアの伝統刺繍「イーラーショシュ」 | ホーム | 怒って、泣いて、タメ息つかせて~ヨガの話だけど息子の話
Comment
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/674-c4eaedd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。