プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/10 08:34 yuccalina

侮れないスポーツウェアとボーダー柄の話

梅雨が明けて、既に猛暑が続いております。夏は汗を一杯かくし、ガンガン洗濯してもOKなコットンの服が多くなります。夏の服装と言えば8~9割方、Tシャツ又はブラウスにクロップドパンツが私の定番スタイルなのですが、今年は昨秋に購入したボーダー柄のTシャツを下しました。

<大体いつもこんな格好>
border2.jpg

こちらはアディダスのもので、近隣のショッピングモールにあるスポーツオーソリティーで購入。素材は柔らかな肌触りのコットンで、白地に赤と青、トリコロールカラーのボーダー柄。襟ぐりは浅めのボートネックです。ボートネックは深すぎると、インナーの肩ひもが見えてしまうのがイヤで、普段あまり選ばないのですが、これは丁度良い深さになっています。9月の終わり頃に、トモローのウェアを買いに行ったついでに見つけたので、一度試着しただけで、年を越していました。

fashion36.jpg

しかし、スポーツウェアってホントおしゃれになりましたよね。そして、肌触りとか吸水性、速乾性など、素材的に優れたものが多いのも嬉しい限り。これが何用の服だったのかもよく分からないんですが、勿論普段着にするべく買いました。多分バーゲンの売れ残りで、店の片隅のワゴンにひっそりと残っていたものです。第一印象は「アディダスって、ドイツのくせに中々おしゃれじゃなーい?」と、凄い偏見ですけど、最終処分で1980円くらいだったでしょうか。

スポーツオーソリティーもホントはチョコチョコ見に行きたいのですが、余計な買い物をしない為に、私は普段あまり近寄らないようにしています。そこで、私が長年かけて辿りついた「ユッカリーナ流・服の買い物で失敗しない方法」を紹介したいと思います。

1. バーゲンには行かない。
2. コストパフォーマンスを考えない。
3. 手持ちの服とのコーディネイトがスッと頭に浮かぶものを買う。

私の場合バーゲンは行かないに限ります。特に並んでだなんてありえないです。バーゲン会場は、「自分が好きな物、欲しい物」を探す事よりも、ついつい「人より得をしたい」と思ってしまう要素があり過ぎて、理性を失うからです。店員さんは「お買い得です」を連呼して煽ってくるし、周囲の人に対して変に競争意識が出てしまったり。

20代の頃、世はDCブランド花盛りで、私もラフォーレ原宿や、青山・表参道界隈のアトリエセールに行列を成し、血眼になって買い物した時代がありましたが、いつしか気がつけば、人が手にしてる服がよく見えて、つい買ってしまった自分に似合わなさそうな服や、単に安いからと手を出して結局余り袖を通さなかった服の山。私はそれらを、一部は人にあげたりしましたが、かなりの量を棄てました。実はこの、棄てるという行為は、無駄な買い物を繰り返さない為には、とても有効であったと私は思っています。なまじっか何かに役立ててしまうと、失敗がチャラになった気分になってしまうからです。

勿論バーゲン会場でも冷静に買い物出来る人なら、何ら問題ないのですが、私は回りの雰囲気にのまれるのを自覚してますから、敢えてバーゲンには近付かないようにしている訳です。

しかし、値下げ品を全く買わない訳ではありません。それが先に書いたような、セールの期間が終わって売れ残った品。そこで、大切なのが2になります。つまり、「この値段ならば」と敢えて考えるようならば、買わない方が良い。人は何かとても気に入ってたり、満足している時は、コストパフォーマンスを考えないものです。考えてる時は、自分に言い訳してる時であり、「この商品が好きで欲しい」気持ちよりも、「少しでも得したい」気持ちが勝っている証拠なのです。

そして、3番はもうこの年になったら当然だと思うのですが、どうでしょう。ファッションも色々と冒険して、失敗を繰り返しながら、自分のスタイルが定まってくれば、皆自然とこうなってくるのではないかと。

ところで、ボーダー柄で私が思い浮かべるのは、ピカソやジャン・ポール・ゴルチエだったりするのですが、ホントこの縞模様のハーモニーが大好きなんですよねっ!配色や縞の太さの違いで、これだけ色んな表情があって、楽しい!チェック柄と共に、私の必須アイテムなんです。

<ドアノー写真集よりボーダーを着たピカソ。手を模したパンが可愛い!>
border1.jpg

<ダイエットコークCMのゴルチエねえさん>
jpg.jpg

半袖の夏物を引っ張り出してみたらボーダーは5枚ありましたが、長袖はもっとありそーだな。

fashion35.jpg

こうして並べて見ても、左下のアディダスはその上のプチバトー(フランス)や右下のZUCCA(日本)に負けないくらい、おしゃれですわ~。ドイツのくせに~。ってしつこいですか?別にドイツの悪口じゃなくて、ボケてるだけですからね。念のため。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:☆レディースファッション☆ - ジャンル:ファッション・ブランド

私の料理は男前か?~チキン・マサラに挑戦の巻 | ホーム | ハマカーンのお仕事記録(20) (7月1日~7月7日)~ドッキリと「ハマ3」で認定漫才師カウントダウン
Comment
こんにちは!
ボーダー、仰る通り侮りがたいですね。
以前いくつか持っていたようなのですが、
いつの間にか無くしてしまったようなのです。
ピカソのボーダー、格好いいですね!
可愛らしさやお茶目さも感じられます。
オンリー・ワンズいいですね
ピーター・ペレットは今でもあの風貌を維持しているみたいです
少し前、あるサイトでリサーチをかけたのですが、最近の若い人はパンク・ムーブメントやネオアコの辺りを全く知らないようで少し驚きました
それ以前のグラムやブリティッシュ・インベイションの頃も当然知らないのでしょうねv-406
ピカソは確かにお茶目で、似合ってますね。ボーダーは着る人に可愛らしい印象を与えると思います。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/664-ec3f2a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。