プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/08/09 15:30 yuccalina

3年振りの発達外来受診と親子の距離感

水曜日は約3年振りに発達外来を受診してきました。I先生にはトモローが3歳になる前から、診ていただいています。春に予約して3カ月後ですから、電話した時に比べたらトモローも大分落ち着いてきましたが、今回は思春期も近いことですし、パパにも付き添ってもらいました。

発達外来といえば、どれだけ成長してるかのテストを受けたりする方もいるのでしょうが、ウチの場合はその辺についてはもう児童相談所で療育手帳の判定を受けてますので、もっぱら困っている事の相談とかです。今年の春先から、トモローが荒っぽくなってきた話は何度か書きました。自分の思いを言葉で表せない彼が、何か訴えたい事があって、つかみかかってくるのだろうとは思いますが、手の甲や顔に爪を立てられたりすると、やはり恐怖に感じたり、何すんじゃー!と反射的に手を上げてしまったりと、中々大変でしたので、相談したいと思ったのです。

質問は箇条書きにしておいて、結構な量になりましたが、私が一番確認したかったことは、トモローが荒れてる時の対処ですね。叩いたり爪を立てたりしてきた時、まだトモローの体か小さかった頃は、本当にたまにしかありませんでしたし、全部受け止めてあげようと、付きっきりでいたものでしたが、I先生が仰るには、距離を取って見守る方が良いとのことです。要するに子供相手とはいえ、大人でも痛い思いをすればついカッとなって、冷静ではいられなくなりますから、こちらが怒ってしまうと益々収拾が付きにくくなると。

また荒れてる時以外でも、親子で一緒にいる時間を、段々と減らしていってください、とも言われました。別に予想してた訳でもないですが、私自身もそれは感じていて、今年の春から土曜日のレスパイトサービスを月に2回ほど、利用するようになりました。理由としては、週末パパを少し休ませてあげたいな、という気持ちがありました。90歳の義母は車で30分程の介護付老人ホームで暮らしています。車椅子の生活で手の力も利かなくなってきました。パパは毎週土曜か日曜に通っていて(私とトモローも一緒なのは月1回くらい)、いつもお疲れ気味ですので、たまにはトモローのいない土曜日にゆっくりさせてあげたいな、と思ったのです。最初は「何で土曜日も行かなきゃならないのか」納得いかない様子のトモローでしたが、回を重ねる毎に、慣れてきたようです。

そして、服薬に関してですが、積極的に飲ませた方が良いとは言われませんでした。不安定になる時期や原因がハッキリ分かっていて、対処出来てる分は必要ない。但し、不眠等で親が体力的にも精神的にも負担が大きいのなら、使った方が良いでしょうと。

今現在、必要に迫られていないのですが、来春の中学への進学を考えたら、やはり一度試してみた方が良いなと思っています。取り合えず、実際服薬してる子のママから話を聞いたり、ネットでも調べてみようかなと。トモローの体質を考えた上で、副作用を起こしやすい薬とか、あるかもしれませんし。ただ、これまでの様子を見てると、トモローは薬を飲まずに、色々と乗り越えてきた感もありますから、ホント、判断が難しいところですね。

思えば、3年前に受診した時、不安定の原因は義母のことでした。独り暮してた大阪の家を引き払って、ウチの近くのホームにやって来た時、トモローは結構な荒れ様だったのです。別にお祖母ちゃんが意地悪な訳でもなく、仲が悪いのでもありません。ただ、これまでトモローの世界にいた大人は、皆自分の言うことを聞いてくれる人ばかりで、彼は常に最優先される存在でした。しかし、車椅子のお祖母ちゃんの出現は、彼の位置を脅かすものだったのでしょう。パパや私がお祖母ちゃんのお世話をしてると、露骨に不機嫌になり邪魔をするように、まとわりついてばかりいました。

あれから3年の月日が経ち、月に1回の、それも短い時間ですが、ホームへお祖母ちゃんに会いに行っても、大人しく出来るようになりました。わが家に遊びに来た際は、車椅子を押してくれたりもします。かなり時間をかけてですけど、トモローなりに変化を受け入れてくれたんだと思っています。

そう言えば、I先生も、この3年間でのトモローの成長を喜んで下さったようです。特に食事の面では、偏食がかなり改善され、それと共に不器用だった手や指の動きも、良くなってきました。毎日ビスケットばかり食べてた時代から、診ていただいてましたから。こうして、ハンバーガーを食べたり、

tomoro197.jpg

冷えた食べ物は中々受け付けなかったのですが、今年は冷やし中華をガンガン食べています。

tomoro198.jpg

苦手だった帽子もご覧の通りです。

tomoro196.jpg

以前、ヨガのレッスンでこんな事を言われました。「無いものより、持ってるものに気が付きましょう」って。トモローが出来るようになったことに、もっと感謝しなくちゃいかんのかもね。それと、毎回I先生から言われる「彼等を一般的な価値観にはめ込もうとしないでください」も、心に留めておこうと思います。多分私も「もう中学生なんだから」という意識に凝り固まらない方が、新学期を向かえるのに良いのかもしれません。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ゴーヤのグリーンカーテンと夏野菜の思い出 | ホーム | 梅干を使った惣菜いろいろ
Comment
お疲れさまでした。
いろいろとアドバイスをいただけてよかったですね。
トモローくんの成長を再確認する機会でもありましたね。
確実に日々成長するんですよねぇ、子供って。すごいですよね。
fc2ブログランキングよりたどりつきました。
僕は発達障害者です。
トモローくん、がんばっていますね。
その後、身長は大分伸びましたか?
親子の会話は楽しいですか?
いい親御さんに育てられてトモローくんが幸せに思えます。
中華チラシの食べ方を工夫しているんですね。
応援しています。
> トモローくんの成長を再確認する機会でもありましたね。
> 確実に日々成長するんですよねぇ、子供って。すごいですよね。

日頃はどうしても、まだ出来ないことばかり考えてしまって、人それぞれの歩みがあるってことは、普段どうしても忘れがちなんですよね。
はじめまして!
ご訪問とコメントありがとうございます。
トモローは知的障害が重く、言葉は単語も話せないのですが、最近やっと気持ちを伝え合えるようになってきた気がしています。

とろんさんのブログにも遊びに行きますね。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます。
私にとって自閉症や発達障害、個人による感覚の違いを考える良い機会になったと思っています。違った世界観を持ちながらも共存する手立てを探していきたいと思っています。
ユッカリーナさんのブログに出会ってから何年か前の記事まで読み、とても勉強になりました。
前回のコメントでは失礼なことを言いましてすみません。
これからも、トモロー君の成長日記を楽しみにしています。
「トモロー」とはどんな漢字ですか?
> 前回のコメントでは失礼なことを言いましてすみません。
いえいえ、気にしないでください。自閉症にも色んな方がいるのは知っています。学校にもおしゃべりが大好きなお友達もいますから。

> これからも、トモロー君の成長日記を楽しみにしています。
私もとろんさんのブログで頑張ってる様子を見れるのを、とても楽しみにしています。

> 「トモロー」とはどんな漢字ですか?
「斗茂朗」と書きます。

また、遊びに来てくださいね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/654-bbff42e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR