プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/06/23 08:17 yuccalina

お祖母ちゃんと一緒に東京ドイツ村・紫陽花の森

昨日は久し振りに梅雨の晴れ間でしたが、我が家から車で30分程のホームに暮らすお祖母ちゃん(お姑さん)と4人で、東京ドイツ村に紫陽花を見に行ってきました。ちなみに名前は東京でも、場所は千葉県の結構奥の方です。

大阪で一人暮らししていたお祖母ちゃんが、脚を悪くして自活不能となり、ホーム暮らしになって3年目。会いにいくと、パパと私で車椅子を押したり等、お祖母ちゃんの世話をするのが気に入らなかったトモロー。取られると心配だったのか、かつては会うと露骨に不機嫌だったものですが、いつの間にか良い子でいられるようになりました。帰り際に自らお祖母ちゃんの手を握りに行ってくれたりして、喜んでもらえた模様。

それと、ホームにお迎えに行ったときにふと気が付いたんですが、ちょっと前までスリッパ履いて歩けなかったんですよね。ちょっとしたことにも成長の後が見えるものです。

tomoro160.jpg

お祖母ちゃんは90歳という高齢で、脚だけでなく手の力も弱ってきている為、車椅子から車のシートに移動するのも一苦労。ダンナと私の二人がかりで乗せている最中も、トモローは大人しく座って待っていてくれました。

ドイツ村に着いてからも、車から出られないお祖母ちゃんの手前、いつものように沢山遊べず、消化不良だったかと思いますが、不平も言わずに10分程で戻ってくれました。良い子過ぎて、逆にちょっと心配になりましたよ。

tomoro161.jpg

最近体調が悪くてほぼ寝たきり状態だったお祖母ちゃんですが、久し振りに外の空気を吸って、リフレッシュ出来たようです。紫陽花もきれいでした。

doitumura1.jpg

doitumura2.jpg

今年の正月頃にはまだ自力でおトイレが出来たので、一緒にお出かけしたり、遊びに来てもらったり出来たのですが、それも中々難しくなってきました。そんな状態だからこそ、トモローが自分からお祖母ちゃんの手を握ってくれたことは、私としてとても嬉しいことでした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ハマカーンのお仕事記録(18) (6月17日~6月23日)~認定漫才師のチョイスが気になる「ハマ3」 | ホーム | モール糸の手提げバッグが完成
Comment
トモローくんの成長を感じられた日でしたね。
ウチも人との関わりに変化があると、ほんとうれしいし、ちょっと安心が増える気がします。
> ウチも人との関わりに変化があると、ほんとうれしいし、ちょっと安心が増える気がします。
苦手なりにも、頑張ってる姿を見ると、一杯褒めてあげたくなります。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/653-e465a743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR