プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/06/04 08:05 yuccalina

運動会と睡眠不足でヘロヘロの1週間

先週末、運動会が無事に終了しました~。運動会がというよりも行事全体が苦手なトモロー。家での様子や、学校とのやりとりから知り得る限りでは、走ったり体を動かすのは好きな方なんですよね。多分、普段と違う雰囲気とか、沢山の人に見られたりするのが、落ち着かなくて嫌なんだと思います。

去年は春の運動会、夏の林間学校、秋の文化祭に春の卒業式等といった行事に関しては、事前学習が始まる1週間前くらいから、もれなく様子がおかしくなりました。寝付き悪くなって、食欲低下&排泄の不調が起こります。んな訳で、今年も予定通り、夜中までウダウダ起きてる日々が1週間続きましたが、今年は食欲と排泄には余り影響なかったので、まだマシだったかもしれません。多分それは、嫌という感情を頻繁に出せるようになったのと、関係していそうです。怒りっぽくなった分、ストレス性の下痢が格段に少なくなりました。しかし、その分私やパパが八つ当たりされて、睡眠不足でヘロヘロな上に生傷だらけなんですけどねー。手や顔を引っ掻いてくるので、毎晩のように戦いが繰り広げられていた話は、また別の機会に書こうと思います。何はともあれ今年の運動会も、参加出来て良かったです。

と言う訳で、参加種目のお話。徒競走はいつも、マジ走りする子と、のんびりマイペースの2タイプに分かれるのですが、当然トモローは後者。組み分けは4~6年生をミックスで4人ずつ、レベルが近い子同士にしてくれた様です。そのお蔭でどの組も接戦になって、盛り上がりました。トモローのいたのんびり屋さん組は、スタート直後からノロノロ渋滞。先に少し前に出てしまった女の子が、心配そうに後ろを振り返っていました。

<スタートからいきなりノロノロ渋滞の図>
tomoro156.jpg

トモローは今年も観客席を見ながらくるっとターンしたり、立ち止まったり、中々前に進みません。先生の実況で「中々良い勝負になっておりまーす」には、客席から笑いがもれました。

<ゴール前でも混戦模様?>
tomoro152.jpg

先に飛び出したのに引き返す子がいたり、途中でコースアウトして脱走を図る子、固まって動けなくなる子に、ゴールテープの下をくぐる子など、トモロー以外にも個性的な走りを見せる子供達は沢山いて、例年通りの盛り上がりを見せた徒競走でありました。

次の出番は玉入れ。トモローは玉を手に取ったまま遊び出したりして、やっとこ1つカゴに入れたと思ったら終了、って感じ。元々緩ーい運動会にあって、輪をかけてマイペースなトモローさんでありました。

<玉を中々手から離さないの図>
tomoro154.jpg

<介助員さんに促され、なんとか1個だけカゴへポイ>
tomoro155.jpg

しかし、今年はちょっとした見せ場があり、閉会式では優勝旗を校長先生から受け取る役目。事前に聞いていなかった為、慌ててシャッター押したので、写りはイマイチでしたが、何とか手で支えられたようです。先の尖った部分を触りたくて、中々放そうとしなかったのは、笑っちゃいましたけどね。

<優勝旗を受け取る大役をなんとか果たせたと思ったら>
tomoro158.jpg

<もっと触らせて~!と不満タラタラ?>
tomoro157.jpg

トモローは大きな音が苦手なので、運動会の間ずっと耳を手で塞いでいたり、待ち時間も辛そうだったりは毎年の事ですが、今回も頑張って耐えていました。そんな姿を見るのは、正直楽しいものではありません。子供の楽しそうな笑顔を沢山見たいのが親心ですもんね。でも、辛くても頑張っているところを見守るのも、務めなのかなと思います。

<終始こんな感じでした>
tomoro153.jpg

ちなみに、支援学校には大きな音を苦手としている自閉症児は沢山いますが、行事では特に配慮して音を下げたりはしていません。賑やかなのが大好きなダウン症児も沢山いる訳ですし、なんとかそういう雰囲気に慣れてもらおうという意味もあるんだと思います。中には防音用のヘッドフォンを付けているお友達もいますが、トモローは帽子も苦手な為、装着は難しいようです。

しかし、こうした行事では、同じ障害児でも、様々な個性、価値観を持った子供達の姿が見られるのが、とても興味深いものです。走るのが大好きでゴールへ一直線の子もいれば、客席に手を振りながら行く子、トモローみたいにやる気がなくて、早く終わんねーかなー?とダラダラしてる子、それぞれが面白いんですよね。そして、車椅子のお友達(脳性マヒ等)が、手を震わせながら動かしてる姿、それを一生懸命応援して、ビデオやカメラに収めてる親御さん達、そこから醸し出される空気感が、私は好きなんです。

そんな訳で、何とか最後まで頑張ったトモローを褒めてあげましたよ。また、この場に参加できただけで、十分OKだよってね。苦手なりにも、また一つ成長を感じた運動会でありました。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コットンスカーフとペイズリーの思い出 | ホーム | ハマカーンのお仕事記録(16) (5月27日~6月2日)~認定漫才師と同じくらいゲストの黒谷友香さんが光ってた「ハマ3」と「ミラクル9」
Comment
おはようございます

運動会お疲れ様でした 大きい音が嫌いでは 少しうるさかったかもですね、、

優勝旗を受け取る大役を果たされていい経験しましたね みんなと競技への参加もいい思い出ですね
運動会、お疲れさまでした。
トモローくん、がんばりましたね。
ありがとうございます。
> 優勝旗を受け取る大役を果たされていい経験しましたね みんなと競技への参加もいい思い出ですね

何事も経験することが大事と思って、苦手なことを乗り越えるとこを見守って行きたいです。
> トモローくん、がんばりましたね。

ありがとうございます。本人がどれだけのストレスに耐えていたのかは分かりませんが、私に出来るのは褒めてあげることだけかな、といつも思っています。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/640-0fa89f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR