プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/15 08:05 yuccalina

豆好きトモローのお気に入りとアーユルヴェーダプチ情報

トモローは豆類が大好き。サイゼリヤに行くと、青豆の温サラダのグリーンピースをパクパク食べつつ、ミネストローネスープに入ってる白インゲンを、スプーンで拾ったりしています。ちなみに温サラダに乗ってるたまごには、見向きもしません。塩味も好きですが、甘い煮豆やゆで小豆も大好き。しかも嬉しいことに、市販品でなく自家製の甘さ控えめの方が、好きみたいです。

<煮豆を食べるトモロー>
foods6.jpg
foods5.jpg

そんなトモローが時々私と一緒に食べてる、渋ーいおやつがこちらの2点。黒豆の甘納豆と、秋田県の銘菓「もろこし」で、どちらもコープデリで購入しました。高血糖の私が、たまーに甘いものが欲しくなった時に、ほんのちょっとつまめるように、買っています。黒豆の方は、毎年正月にお祖母ちゃん(私の母)が作ってくれる薄味の黒豆を、トモローがパクついていたので、試しにあげたらやはり好きみたいです。

<なんとも地味なヴィジュアルですが、、>
foods1.jpg

そして、一方のもろこし。この地味ーなお菓子が、全国ではどんだけの知名度なのか、いや東北内でさえちゃんと知られてるのかどうか、私は全く知らないのですが、小豆の粉を固めて焼いたもので、見た目は落雁に似ています。

<黒豆甘納豆に負けず劣らずお地味な「もろこし」>
foods7.jpg

<もろこしを齧るトモロー>
foods8.jpg

しかし、私には、落雁よりもずっと味わい深い一品なんです。きな粉が好きな人なら、絶対イケると思います。きな粉棒の硬いやつで、小豆の味、とでも言ったら良いのでしょうか。実はこのもろこし、子供時代に父の秋田の実家に行ったり、親戚が来たときのお土産で、よく家にあったのですが、当時の私は美味しさが全く分かりませんでした。特に豆好きじゃありませんでしたし。

そんな私も、歳とともにシンプルな味が好きになって、30歳の頃にもろこしと再会。一口食べた時、こんなに美味しいもんだったのか?と驚きました。チョコだのクッキーだの、油っこくて矢鱈甘ったるいお菓子ばかり食べていた頃には、刺激が無さすぎて、全く味がしてなかったんでしょうね。また地味な見た目も、普通の子供にはウケが悪そうです。

トモローが何故このもろこしの味を受け入れたのか?やはり洋菓子を殆んど食べないのと関係していそうです。普段コンビニでおやつを選ばせると、お煎餅やポテチなど、塩っぱいものばかり選び、甘いものだとみかんゼリーくらいですから。勿論、チョコやクッキーの類を食べさせた事はありますが、それほどハマりませんでした。自閉症児は味覚も過敏な為、新しい味を受け入れるのにとても時間がかかるのですが、逆に一度認識した豆の味を、敏感に感じ取ってるのかもしれませんね。不思議なものです。

さて、わが家の朝食は殆どパン食なのですが、パンにもこんなのを塗っております。「坂口のパンにぬるきなこスプレット」

<こちらもコープデリで購入>
foods2.jpg
<トーストしてから塗っても、塗ってから焼いてもOK>
foods3.jpg

原材料をチェックすると、脱脂粉乳で煉られていてるようです。粉っぽさがない上に、乳脂肪特有のしつこさがないのが私好みの味です。しかし、逆に言えば、ミルキーな味が好きな人には物足りないかもしれませんね。私はこれを全粒粉または玄米のパンに塗って、その上にバナナのスライスを乗っけて食べるのが好きです。

foods4.jpg

と言ったところで、最後に豆類について、アーユルヴェーダのプチ情報を。食物繊維が豊富で健康に良いとされてはいますが、その繊維質が腸にガスを溜める原因となりますので、食べ過ぎには注意したいです。トモローにも好きだからと言って、大量に食べない様に気を付けています。当然、下痢してる時は避けましょう。アーユルヴェーダの体質診断で、ヴァータ(風の性質)が強い人は、ガスが溜まりやすかったり、便秘と下痢が交互にきたりと、腸の状態が不安定になりがちだそうです。私も見事に当てはまる為、食べる量やタイミングには、いつも気を付けています。

インドの生命科学 アーユルヴェーダインドの生命科学 アーユルヴェーダ
(1996/04)
上馬場 和夫、西川 眞知子 他

商品詳細を見る


ついでに、バナナについてもちょっとコメント。アーユルヴェーダでは体を冷やす食べ物とされています。冷え性の私は冬の間バナナを食べないのですが、そろそろ解禁です。昔、朝バナナダイエットなんてのがありましたけど、とっとと消えてしまいましたね。ただ、アーユルヴェーダ的にも、バナナは夜取ってはいけないもので、朝が良いそうです。しかも、1本のバナナにギー(バターから全ての不純物を取り除いた純粋な油)小さじ1杯とカルダモン1つまみを振りかけて食べると、過食を抑えるのに良いそうです。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アーユルヴェーダ 自閉症 東北

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

中川家の親戚のオッサンから同性婚と「アホの極み」 | ホーム | ハマカーンのお仕事記録(14) (5月6日~5月12日)~「ハマ3」濃いいメンツの認定漫才師を堪能
Comment
yuccalinaさんへ

トモロー君は味覚がとても繊細ですねー。
でも、本物志向で安心ですねー。

「もろこし」美味しそうですね!!!
近くに売っていたらかいたくなりましたよー。
yuccalinaさ〜〜〜ん!
おはようございます。

マメ好きはいいですね〜ぇ!私も結構頂きます。(笑)栄養豊富だし、色んな料理にも使えます。
敏感な味覚を持っていると、変な物に嵌りません。私も不自然な味が苦手で、結構、気になります。
ゆっくりでいいので、すくすく育って欲しいものです。

では、では、また。
コメントありがとうございます。

> トモロー君は味覚がとても繊細ですねー。
繊細さゆえに面倒くさいことの方が多いのですが、良い事もあるみたいです。
「もろこし」試す機会があったら、是非ご賞味くださいませー。
コメントありがとうございます。

> 敏感な味覚を持っていると、変な物に嵌りません。私も不自然な味が苦手で、結構、気になります。

敏感過ぎて面倒くさいと思う事の方が多いのですが、良い事もありますよね。私も化学調味料とか気になる方ではあります。それと、塩分も甘味も、素材の味を楽しむには薄味が良いですね。
きなこ もろこし、、好きですー今日はじめて食べたんですが ブルボンのほろ和菓きなこ、、おいしかったですーー
> ブルボンのほろ和菓きなこ、、おいしかったですーー

情報ありがとうございま~す。今度買ってみますね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/629-1e34dfde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。