プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/10 11:00 yuccalina

「アメトーク・体毛のびのび芸人」と「内村航平のワキ毛モンダイ・アゲイン」

昨年の夏、巷がロンドンオリンピックで盛り上がっていた時のこと。体操個人総合で優勝した内村航平くんのワキ毛について、ネット上で話題になってることを知り、私は当ブログで取り上げました(内村航平のワキ毛モンダイ)。それを思い出したのは、5月3日付朝日新聞の国際面、「魅惑のツルスベ・むだ毛処理欧州男子の常識」を読んだからです。

asahi.jpg

ウィーンの中心街て、女性20人に街頭インタビュー。内村航平選手と、ドイツのグエン選手(ワキツルツル)の写真をみせて「違和感がないのはどっち?」と。結果は20対0でグエン選手の圧勝。また、美容家電が世界的に評価されてるというバナソニック社が、日本、ドイツ、インドの3国で調査した、20~30代男子のムダ毛処理実施率、なんてのも載ってましたよ。ドイツでのワキ毛処理実施率は62%、日本が10%、インドが何故だか85%。ところが、胸毛に関しては、ドイツ38%、日本15%、インド0%と、グッと低くなります。欧州では体毛全般でなく、ワキ毛に対する嫌悪感だけ突出しているってことなのでしょうか。

どうやら内村航平くんのワキ毛に狂喜乱舞してたのは、一部の日本女性(男性もかな?)に限られるようですが、私は欧米を基準とする考え方には、あまり賛成したくないので、その他の地域でも調べて欲しいなーと思いました。

そんな折、翌週のアメトークのトークテーマは「体毛のびのび芸人」。朝日新聞の記事はこの番組の前フリだったんか?と疑いたくなるようなタイミングですね。テレビ朝日系列の番組ですから、可能性高いですよ~。

胸毛を売りにしてるピース綾部は出てないんですね。ココリコ田中直樹が意外でした。彼は余り肌を見せる仕事をしないので、気がつかなかったんでしょうか。それと、アンタッチャブルの柴田を久々に見られて何か良かったですわ。コンビで漫才はもうやらないんでしょうかねえー。アメトーク10周年特番で、M-1の頃の彼等を見たら、やっぱりアンタッチャブルの漫才が見たくなっちゃいました。体毛のびのびとは関係ないですけどね。久しぶりのテレビ出演にテンション高すぎて、多少空回り感のあった柴田に、もっと出て頑張って欲しいなと思いました。

しかし、単に体毛が濃いと言っても、人それぞれ濃い場所にバラツキがあるのが、とても興味深かったです。特にココリコ田中の肘下のみに、柔らかそうな長い毛が密集してるやつね。父方から代々引き継いだ遺伝だそうです。経理の人がやってる肘あてみたいやね、と盛り上がっていました。その他のメンバーは、リーダーのワッキー、品川祐、キンコメ今野、フット岩尾、原口あきまさ、等々を見てると、体毛の濃さ→男性ホルモン過多→闘争的という図式に必ずしも当てはまらないのが、また不思議なところです。ワッキーなんかは体鍛えてるし、イメージと合いそうですけど、ココリコ田中や岩尾のんちゃんなんかは、性格的に優しそうなんですもん。

ametalk1_20130510100223.jpg


ここで、思い出すのが、男性ホルモンには外見担当ジヒドロテストステロンと、中身担当のテストステロン、2種類あるってことですね。先に紹介したエントリー「内村航平のワキ毛モンダイ」の中でも書いてたのですが、フィギュアの羽生結弦君やケヴィン・レイノルズ君のように、髭も体毛も薄くてツルツルお肌でも、ハートは男前な子がいるように、その逆で、髭は濃くてもおっとりさんはいるのですよ。

ま、お笑い的には、体毛のびのびは良い武器になってますね。番組の最後に観覧客から、体毛濃い人へのイメージがアップした結果が出たのも良かったですよ。あと、ココリコ田中が「遺伝的に受け継いでる腕毛」を大切にしてる感じがなんだか良かったです。折角親からもらったものだから、抜いたり剃ったりせずにおこう、って思ってるような?彼が腕の毛を撫でてる仕草が、とーっても優しげで良いなと思ったんですけど。

今回のアメトーク見ていて思い出したんですが、私が昔勤めていた職場に、腕の毛が真っ黒で「毛ガニ」と呼ばれている九州男児がいました。彼にも体毛に関する持ちネタみたいのがあって「腕に蚊が止まると毛に絡まって死んじゃう」とか、「うなじから背中の毛、ケツ毛まで繋がってて、たてがみみたいになってんだよ~」などと女子に言っては、ギャーという悲鳴を浴びていました。私はそのお蔭で、ちょっと耐性がついたかも。敢えて体毛の話に触れ、笑うことで親しみがわいたのだと思います。そんな彼と顔を合わせると、「純毛ですねー」が挨拶代わりでありました。

もう1つ思い出しましたよ。去年の夏、美容院で帰り際に、試供品の除毛剤を要りますか?と訪ねてきた担当の美容師(男)さんが、自分も使ってると腕を見せてくれたのを。私自身は生まれつき体毛が薄く、ワキ毛も殆んど生えていませんので、要らないと断りました。腕やスネの毛を抜くって、考えただけでも痛そうで、鳥肌が立つんですけど、結構一般的なんでしょうか。

ちなみに私が手入れしなくてはならないのは、眉毛だけで、放っておくと一本に繋がってしまいます。これは比較的体毛濃いめで眉毛が繋がってる父親と、体毛が全く無くて眉毛も薄い母親から、上手い具合に遺伝したみたいです。眉毛の手入れは欠かしたことがありませんが、逆にアイブロウを殆ど使わなくて良いのは経済的です。ワッキーやのんちゃんが髭剃りを見てたら、かなりのお金と時間を費してて、中々大変だなーと思いました。

しかし、のんちゃんって好きな芸人なんですけど、やっぱり眉毛を作り過ぎなのが嫌かもー。私はハマカーン浜谷みたいな、ほぼ無修正のゲジゲジ眉毛を偏愛してるんですよね。詳しくは「イチロー・スズキとオトコの美醜モンダイ」で書きましたが、男が鏡に見入ってる姿だけでも、何か好きじゃないんですわ。以前ニベア・フォー・メンの「シワを目立たなくするクリーム」のテレビCM見たときは、「この父親バカなんじゃないか?」と疑いました。顔のシワを気にする暇があったら仕事しろやー!と、もし自分の父が鏡みて気にしてたら、頭叩いてるよな、とかね。

そういう意味でも、体毛が濃いのを、気持ち悪がらないで!という今回の企画、私的には気にしてチマチマ処理してる男よりもずっと良いと思いました。しかしその一方で、眉毛整え過ぎな男は嫌やー!を再確認するという、意外な結果が待っていたのです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アメトーク 内村航平

テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い

ハマカーンのお仕事記録(14) (5月6日~5月12日)~「ハマ3」濃いいメンツの認定漫才師を堪能 | ホーム | ビートクラブdeロックな話(3)~The EqualsとGeno Washington
Comment
体毛はびっくりですね。
父が全然なかった人だったので、ないのが当たり前なので、主人の水着姿でびっくりした日のこと思い出しながら 体毛のびのび芸人を見ていました。
私からすれば おしりに毛が生えるなんてエエエですが、アメトークを見てなるほどでした。
アメトーーク素晴らしい!!!
これまでも「中学イケてない芸人」や「人見知り芸人」等、負のイメージを笑いで払拭する、アメトークはそういうお笑いの素晴らしさをいつも伝えてると思います。
ステキな記事!
きのう体操世界選手権みてググっててここにきました。

全体にナチュラルな人が良いですよね。鏡見てばかりの男子は嫌だわ~。
美容院で男子のヘアカタログなんか見かけると、
みんなワックスキメキメで松ぼっくりみたいな頭が並んでいて気持ち悪いですよ。

私ものんちゃん好きだけど(割りとブサイク好きかも)鏡はよく見てそうですよね


平和だから、そのうちみんなツルツル志向の世の中になるんでしょうか。私は体毛濃いけど、処理するのはなかなか大変です。

初めて付き合う人とかはそうゆう綺麗さもとめてたけど、その後はあまり気にしなくなったかも。
みんなナチュラル志向であってほしいな
やさぐれママのブログさんへ

世界体操については、全日程が終了したら、何か書こうと思っていたのですが、古い記事へのご訪問&コメントありがとうございます。

> ステキな記事!
> きのう体操世界選手権みてググっててここにきました。
>
> 全体にナチュラルな人が良いですよね。鏡見てばかりの男子は嫌だわ~。
> 美容院で男子のヘアカタログなんか見かけると、
> みんなワックスキメキメで松ぼっくりみたいな頭が並んでいて気持ち悪いですよ。
>
> 私ものんちゃん好きだけど(割りとブサイク好きかも)鏡はよく見てそうですよね
>
>
> 平和だから、そのうちみんなツルツル志向の世の中になるんでしょうか。私は体毛濃いけど、処理するのはなかなか大変です。
>
> 初めて付き合う人とかはそうゆう綺麗さもとめてたけど、その後はあまり気にしなくなったかも。
> みんなナチュラル志向であってほしいな

ツルツルとノビノビ、どっちにしても異質を受け入れられる環境が一番素敵だな、と思っております。なので、私も眉毛を抜いてる男にあーだこーだ言わないように、心掛けたいです。色んな人間と付き合うことで、各々の良さが分かってくる筈なので、偏見で情報を遮断しないのが一番ですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/620-9ab19c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。