プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/10 14:15 yuccalina

ハマカーン浜谷が元カノに反省漫才~ブラマヨの「謝りたい人がいます」

今回ハマカーンの話題ということで、便宜上お笑いのカテゴリーに入れておきましたが、漫才の出来云々を書くつもりは毛頭ないことを、先にお断りしておきます。

月曜日の深夜に始まったトークバラエティ「謝りたい人がいます」は、ブラックマヨネーズと小林麻耶がMCを務める、謝罪限定の「あの人に会いたい」的内容。私はこの手の、芸能人の私生活を晒してお涙頂戴的番組は、本当は余り好きじゃないけど、見届け人として、かつて謝りまくっていた陣内智則を配置するのは、中々好きなセンスです。ブラックマヨネーズにも笑いをガンガンとるより、場を和ませる気遣いが感じられましたよ。

さて、既にタイトルにある通り、浜谷は元カノに謝罪。3年間の同棲生活で彼女に対し「リアル下衆の極み」だったそうです。でも彼女は全く恨み辛みを言わずに、楽しかった事を喋ってくれました。

hamakaan31.jpg

彼女の前で、自分がいかに下衆の極みで鬼畜の所業をしてたかを漫才ネタにして披露。最後にすみませんでしたと深々と頭を下げた浜谷に対し、彼女は当時の自分の思いを手紙に書いて読んでくれました。そこで、あのTHE MANZAI優勝時にも泣かなかった浜谷が、目頭を押さえていました。最後にふと横を見ると、神ちゃんが「いたよ」と一言。そんな彼の顔を見て「涙が引っ込んだ」と浜谷。ちょっぴり笑える幕切れも良かったと思いますが、ずっと隣で見守っていた神ちゃんもかつて一緒に遊んでた仲間だったそうなので、二人の姿を見てきっとホッとしたことでしょう。

<「涙が引っこんだ」浜谷にハンカチを差し出す神ちゃん>
hamakaan32.jpg

同棲を解消した後に、彼女の方から復縁を匂わせてきた時、浜谷は突き放したそうです。「ゴキブリみたいなオレと一緒にいたら、この子は幸せになれないと確信があった」という浜谷の言葉に、私は何だかジーンと来ました。それはきっと、彼が1つ成長した瞬間だったんだと思ったからです。かつて「浜谷は良い男だってところを見たい!」と書いた私ですが、こうしたダメッぷりを出したとこを見て、やっぱり良い男だと思いました。

ここで話がちょっと脱線しますが、私が20才で社会に出た頃、毎日の生活がかったるくて仕方ありませんでした。ある休日のこと、父に「私の人生は気怠い」と言ったら、特にそれを批判することもなく一言「それはお前がまだ大切な人と出会っていないだけだよ」。当時は直ぐにピンと来ませんでしたが、その後の私の人生で、事ある毎に思い出された一言でした。私達は大切な人との出会いと別れを通して、日々どれだけのことを学んでいることか。

話を戻すと、浜谷の元カノとっても良い子でしたよ。同じ様なネタを、匿名で女性誌に安売りする女がいてもおかしくない話なのに、TVに顔出し出演でOKしてくれたんですから。もうその時点で、彼に悪意はないんだろうと想像出来ました。さらに結婚して子供もいるのなら、きっとダンナさんも理解ある人なんでしょう。

ところで、今回は謝罪人として浜谷の後にもう一人、武井壮が登場しました。彼がプロゴルファーを目指していた時の恩人の前で、宣言通り見事にホールインワンを決めるエンディングが余りにも盛り上がっちゃって、浜谷のエピソードはちょっと霞んじゃいましたね。ま、そのあたりも地味の極みハマカーンらしいと言えなくもないでしょうか。

最後にもう1つ、ギャンブルについて。昨夜の「もてもてナインティナイン」欽ちゃんが言ってました。「運は仕事に使え」と。同じような事をビートたけしも昔ラジオで言ってたのを、私はよく覚えています。それは、「人間には皆、大体均等に運不運が振り分けられているから、例えば宝くじなんかに当っちゃって、クジで運を使っちゃうのは勿体ない」みたいな話でした。当時私は10代後半か20歳くらいだったと思うのですが、ビートたけしに傾倒してましたので、ギャンブルは勿論のこと宝くじも買ったことがありません。だから何か運のいいことがあったのかは、定かではないのですが、ハマカーンが昔オンエアバトルで不運にあったこととか、もしかしたら浜谷のギャンブルが良くなかったのかも?とか思えなくもないですね。まー、考え方は人それぞれですけどね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン ブラックマヨネーズ ビートたけし

テーマ:ハマカーン - ジャンル:お笑い

フィギュア国別対抗戦を前に浅田真央ちゃんの話 | ホーム | ハマカーンのお仕事記録⑩(4月1日~4月7日)~クイズ番組とコラボ漫才
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/600-99aadd8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。