プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/03/28 08:10 yuccalina

草団子と抹茶プリン~茹で小豆で和スイーツ三昧の巻

私が常に実践しているアーユルヴェーダ的食生活として、「季節の旬の食材を楽しむ」というのがあります。

cooking47_convert_20130326101620.jpg

ソメイヨシノが絶賛満開中の今、季節を感じる食べものとして、パン屋さんに並ぶ桜あんぱんなんてもの乙ですが、これも忘れないで頂きたいですね、ヨモギ。マンションの敷地内や公園にも沢山生えてます。去年も一昨年も、お家で草団子を作りましたが、勿論今年もね。

<若い小さな葉っぱの方が筋が少なくて調理しやすいです>
cooking43_convert_20130326101434.jpg

てな訳で、早速小豆を茹でました。市販の缶詰やレトルトの茹で小豆だと甘すぎたり、砂糖の味が好みでなかったりするので、私は必ず自分で作ります。ちなみに使用してるのは「きび砂糖」。小豆は黒豆みたいに、皮が破かないようにする必要ないので、簡単に調理できます。好みの甘さに出来るので、甘さを薄めにして柚子茶と混ぜてパンに挟んだり、と色々と楽しめます。

cooking40_convert_20130326100530.jpg

さて、ヨモギの葉っぱは茹でてからすり鉢でつぶし、こんなに綺麗な若草色になります。それに白玉粉を混ぜて、水を加え、耳たぶくらいの硬さにし、一口サイズに丸めて茹でるだけです。

cooking45_convert_20130326101524.jpg

cooking46_convert_20130326101557.jpg

フレッシュヨモギを使用すると色と香りが格段に違います。比較すべく市販の「乾燥ヨモギ」使用の下記と比べてみてください。緑色の質が全く違いますし、色は濃いのに香りが全然しないんですよ。多分スーパーで売ってる草餅とかって、この緑ですよね。色だけでヨモギの香りが全くしない。

<何だか変に濃いー緑色なんですよねえ>
cooking44_convert_20130326101459.jpg

アーユルヴェーダではカパという性質が優位になる春には、苦味のものを食して刺激を与えると良い、と言われているのですが、ヨモギは正にその苦味。それが、甘いあんこを引き立ててもいるのですが、香りも苦味も薄い、ただ色がついただけの草団子は、ちょっと味気ないものでした。

一方、同じ苦味系で小豆と相性が良いのが抹茶です。コープデリでいつ買ったのか忘れてしまいましたが、抹茶プリンを作ってみました。

cooking38_convert_20130326100452.jpg

京都のお茶屋さん「森半」の名を冠した商品ですが、粉に熱湯を注いて容器に入れて冷やすだけです。

cooking41_convert_20130326101344.jpg

当然の如く、そこへ茹で小豆をてんこ盛り。しかし、これはホームメイドの薄味だから成せる技かもしれません。この抹茶プリン、そのままでも十分甘く出来てますので、市販の茹で小豆を乗せたら、かなりクドイ味になりそうです。

cooking42_convert_20130326101409.jpg

ともあれ、この緑とあずき色のハーモニーだけでも、そそられるものがあります。味的にもやはり苦味+甘味の組み合わせが良いんですよね。ちなみに、前述したあんこに柚子茶の組み合わせは、甘味+苦味+酸味、ってことになりますね。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アーユルヴェーダ

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用

アーユルヴェーダ&ヨガ的色の使い方とカラーコーディネイト | ホーム | 歴代の晴れ着と、思い出のリメイク服と
Comment
美味しそうですね。名前からバレバレと思いますが、抹茶デザート大好きなんです。最近音楽のお話少なくて、少し寂しいですが。
> 最近音楽のお話少なくて、少し寂しいですが。

すみません。音楽はつい後回しになりがちかもしれません。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/591-72095338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR