プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/03 08:10 yuccalina

神保町から御茶ノ水駅まで~「ささま」の和菓子と思い出の店と

既に、岩波ホールでの映画鑑賞(こちら)に、シンガポール料理店「マカン」でのランチ(こちら)と、記事にしてきた同日の出来事を、もう1つ書いておこうと思います。その日は久し振りに一人で自由な時間を過ごしたので、かなりテンションが上がっていたかもしれません。

岩波ホールで「最初の人間」を見て、「マカン」でフライドホッケンミーを食べた後は、街を散策して帰ろうと思いました。

この界隈は輸入盤レコードに手を染めた高校時代に足を踏み入れ、短大もこの辺りでしたし、社会人になってからも古本屋巡りしたりと、兎に角思い出深い場所です。まずは、すずらん通りに入って駿河台下に出ました。この通りには「ろしあ亭」というロシア料理店がありますが、こちらは比較的新しめ、と言いつつ20年は経ってるんでしょうか?私は駿河台下の「サラファン」の方が好きでした。

jinbocho5_convert_20130226181140.jpg

看板には「40年」って書いてありますね。それと、この辺りには昔「バラライカ」という、夜はロシア民謡の生演奏が聞けるお店があったと思うのですが、いつの間に無くなったんでしょうか?御茶ノ水にはニコライ堂もありますし、この辺にはロシア文学を愛する学生達も多かったんでしょうね。今はどうだか全然分からないのですが、明治大学に左派の学生が多かったのも、そういう伝統だったのかな?、、、などと思いつつも、その明治大学や主婦の友社といった趣のある古い建造物が、ことごとく近代的なビルに変わってしまったのは、とても悲しいことです。

そんな訳で、駿河台下から御茶ノ水駅に、向かう上り坂を歩きながら、学生時代から変わっていないお店を探してみましたので、少しだけ紹介します。神保町の古書店には、洋書専門とか中国書物専門店などもありますし、確か古書センターの中には、民族音楽を沢山扱っているレコード屋さんがあった記憶があるのですが、この界隈は飲食関係でも「昔ながらの外国風」なお店が多い様な気がします。アルゼンチンの民族音楽の名を冠した「ミロンガ」は今も営業中で、ちょっと安心しましたよ。

jinbocho7_convert_20130226181418.jpg

そして、インド風カリーなのに、何故か店の名前は「エチオピア」。実はずーっとどんなんだろうと思いつつ、一度も入ったことがないお店です。一体どんな味なんでしょうか。しかし、メニューサンプルの間に飾られたピンクの貝殻模様の絵が、何気にラウル・デュフィーなところが文化の香りですなー。

jinbocho2_convert_20130226181111.jpg

坂道を登り切って御茶ノ水駅前に近づいてきました。史跡「大久保彦左衛門屋敷跡」を通り過ぎると、丸善脇の細い路地に入りました。まだありましたよ「喫茶店ミロ」。こちらは何度か入ったことがあります。薄暗い店内にはホアン・ミロのリトグラフが沢山飾ってありました。

jinbocho6_convert_20130226181353.jpg

jinbocho1_convert_20130226181226.jpg

と言ったところで、最後はお土産の話にしようかと思います。実はすずらん通りから駿河台下に着いた時、この辺りに、昔何度か買ったことのある和菓子店「ささま」があったなと思い出したのですが、見つけるのに結構てこずってしまいました。周囲の様子がかなり変わっちゃったんですよね。近所にヨシモトの劇場があったりしてね。

jinbocho3_convert_20130226181253.jpg

暖簾にある「御くわし屋」の文字が粋です。春を感じる淡~い桜色と黄緑色の桜餅と鶯餅を、ダンナと自分に買って帰りました。

<桜餅と鶯餅、どちらも白っぽく見えちゃうのが残念>
jinbocho4_convert_20130226181325.jpg

1つ約300円でしたから、結構な贅沢ですが、ゴディヴァのチョコに比べたら全然安いしー、栄養価も高いしー!と色々言い訳を付けて自分を納得させました。帰宅すると、ちょうど3時過ぎでしたので、久し振りに緑茶を入れて、美味しく頂きました~。しかし、上の写真淡~い絶妙な色みが写っていなくて、ちょっとガッカリです。ちゃんとカメラで撮れば良かった。やっぱり色彩も造形も味も、私には洋菓子より和菓子の方がウマが合うんだな、とつくづく思います。目で楽しんでから、香りと味と食感を存分に楽しんで、あ~幸せ~!きっとこういうのは、たま~に食べるからこそ良いんですよね。

今日はひなまつりですが、スーパーの、良く言えばあざやかな、悪く言えばえげつないピンク色の桜餅を食すことになるでしょう。まあ、それはそれで十分美味しいんですけどね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:おいしい和菓子 - ジャンル:グルメ

ハマカーンのお仕事記録⑥ (2月18日~3月3日) | ホーム | 「ワラッタメ天国」から「高校講座・生物」~ハマカーンの跡継ぎにはアルコ&ピースを
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/573-64843790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。