プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/02/13 08:15 yuccalina

「父のワルツ」と父のこと

昨日話題にした映画「最初の人間」は、父を知らずに育った主人公の父親への強い思いが描かれていました。母親や叔父に「どんな人だったの?」と尋ねては、自分なりの父親像を思い描く少年のいたいけな姿に、胸がキューンとなりました。今回はちょっと父親について、書いてみたいと思います。

先日、1月にトモローが通っている施設で行われた鈴木常吉さんの演奏会の模様を、YouTubeでアップした話(こちら)を書きましたが、1曲だけ残しておいたのがこの「父のワルツ」。ファーストコンタクトから中尾勘二さんに興味津々だったトモロー。若しかしたら、演奏中に彼に纏わりつくかもしれんなー、と予感はしていたのですが、やはりここでやってくれました。ムクッと立ち上がって突進。

<0:48頃に中尾さんに突進するトモローが写り込んでいます>


取りあえず演奏の邪魔をせずに済んでホッとしましたが、逆にもう少し泳がせても大丈夫だったかな、と言う気もしてしまいました。中尾さんの肩に触る程度で、気が済んでたかも?その後トモローは中尾さんの足元でゴロゴロしながら曲を聴いていました。

で、このファーストアルバム「ぜいご」に収められた短調のワルツ曲は、酔っぱらったお父さんと踊る幼い息子の視点で描かれています。

酒くさいあなたの息で 

子供は頭がくらくらしたが

必死にしがみついていた

こんなワルツも楽じゃない


ぜいごぜいご
(2010/12/26)
鈴木常吉

商品詳細を見る


酔っぱらって足元が覚束なくても、シャツにしがみつく少年にはきっと信頼感があったのでしょう。と、この歌を聴きながらちょっと、自分の幼い頃の父親との思い出に心を馳せてみることにしました。

父とワルツは踊ったことないですが、私は柔道技(大外刈りか?)かけてもらって、背中からコテッと倒されるのが大好きでした。父が夕方帰宅すると「じゅーどー、じゅーどー」と言ってせがんだのをよく憶えています。ちなみに父は別に有段者でも何でもないんですけどね。多分一瞬フワッと体が浮く感覚が、好きだったのだと思います。また、身体が軽かったころは、背中からドシーンと落ちるのが楽しかったのかもしれません。しかし、その幼い頃の良い思い出のせいか、ハマカーン浜谷が柔道やってるとこ見ながら、「浜谷に技かけられてー!投げられてー!」とか、ヘンタイ染みたことを思ってしまう私です。

ところで、私は物心ついたころから「父親似」としか、言われたことがありません。見た目も性格的にもです。母とは違って愛想が悪く、気が利かない上にお勉強もイマイチでした。母方の祖父母、親戚から可愛がられた記憶が殆どなく、覚えているのは箸の使い方が下手とか、食べ方が汚いとか、悪いことばかり。「可愛くて賢い姉と比べ、出来の悪い残念な子」という扱いでした。ところが、秋田の父方の親戚のウケは頗るよろしくて、居心地の良かったこと。

私がこのブログでも度々東北系日本人を名乗り、秋田や東北の話題を出す背景には、そういう父との繋がりがあるのです。私には常に、姉や回りの子供達と同じことをさせたくて必死だった母。それに対し父は「無理強いするな」といつもかばってくれました。自分自身が母親になってからは、母の気持ちも理解し、自分を思ってくれてたんだと分かりましたが、やはり今ならばきっと「発達障害傾向」と認定されていたであろう、変わった子供だった私にとって、父の存在は大きかったと思っています。ああ、何か今キーボードを叩きながら思い出してしまいましたよ。左右の理解が中々出来ない私に、食事中、箸とお茶碗を持ちながら、根気よく丁寧に教えてくれた父の姿。後々、父の口から聞いた話によると、自身も成長が遅くて学校でいじめられた経験があったとか。朝になるとお腹が痛くなり、軽く登校拒否っぽい時期もあったそうな。そんな時、彼の父(祖父)は、「そんな体が弱いんじゃあ、、」と息子を連れて温泉に湯治に連れてってくれたそうです。

そんな事を思い出しながら聴く「父のワルツ」は、また一味違っていたのでした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 鈴木常吉 東北 発達障害

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ヴァレンタインにラグノオ「ポロ・ショコラ」と、愛についての考察 | ホーム | 「最初の人間」と岩波ホールと私
Comment
いいお父様ですね。
優々Kakaさん、ありがとうございます。



Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/559-9cb9c894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR