プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/01/08 08:00 yuccalina

ハマカーン2013年の展望~その傾向と対策

何やら偉い仰々しいタイトルついてますが、要するに、ハマカーンがどんな風に売れて欲しいかと言う私の個人的希望を、ダラダラ、テキトーに書いていきたいと思います。

お正月番組は元旦の「爆笑ヒットパレード」に、大好きなブラックマヨネーズと組で出演したのが嬉しかったんですが、ライバル意識バチバチの吉田がまた良かったわー。その前に「フットンダ特番」の生放送でも共演していたし、2013年はブラマヨとハマカーンが並ぶ絵ズラを沢山見れたらいーなー!先ずは「ブラマヨとゆかいな仲間たち」で、アツアツトークを見たいものです。

<2013年、この並びを沢山見たいものだ>
hamakaan6_convert_20130104174941.jpg

ヒットパレードと翌日の名人寄席(テレビ東京)での生漫才は、それぞれネタを若干アレンジして変えていたところも好感触。THE MANZAIでの緊張感とはまた違って、ゆったりと楽しめました。

さて、年末年始のネタ番組を色々見ていて思ったのですが、ハマカーンが目指す芸人って、どういうタイプなんでしょうか?2007年M-1王者サンドウィッチマンはバラエティー番組の露出は控え目ですが、ネタ番組では絶対に外さない安定感があります。即席コンビでネタを披露する「ドリームマッチ」に、ここ数年一番多く参戦して、結果も出しているコンビではないでしょうか?特に冨澤は、フット後藤との漫才で優勝もしています。毎回、冒頭のフィーリングカップル(相方決め)では、冨澤、伊達の2人ともに引く手あまたで、早めにコンビが決まっていくようです。今回冨澤はバイきんぐの小峠と組み、惜しくも優勝は逃しましたが、中々クオリティの高い面白コントを披露していました。ネタ前のVTRで、小峠が「何なんだこの感情は?今までになかったよ。早くこいつ(冨澤)に突っ込みたい!」と、かなり興奮気味にワードを連射してた姿が印象的でした。その小峠も、かなりモテモテでしたが、バイきんぐも今後サンドウィッチマンと同様、ネタ番組に欠かせない存在になりそうです。

私としてはハマカーンにも「ドリームマッチ」や「イロモネア」あたりで活躍する芸人になって欲しいところですが、残念ながら現段階では、まだちょっと弱い感じはあります。今年活躍して来年呼ばれる様になって欲しいのですが、ハマカーンは地味な上に、貪欲さに欠ける印象があるのが、心配の種ではあります。

ただ逆に言えば、強みとしてあるのは、特に浜谷は誰からも好かれる好青年だと言うことです。吉本の若手のライヴで司会を任されるくらいですので、誰とでも直ぐ仲良くなれるタイプなんでしょう。私が見た浅草花月でのライヴでも、ジャングルポケットの太田が、矢鱈と浜谷の筋肉を誉めて取り入ろうとしてた?し、ニブンノゴ!宮地が、「浜谷好き」を公言していました。さっくん(佐久間一行)も、ブログで度々「浜谷さんは優しさの極み」と書いてましたが、THE MANZAI優勝後のオードリーのオールナイトニッポン(ANN)で若林がこんな発言をしていました。曰く、

「浜谷はいい男だな!」

<若林の「浜谷はいい男」発言は0:22あたりから>


オードリーがブレイクした2008年のM-1敗者復活戦の話です。決まった瞬間、若林の背中をパーンと叩き見送ってくれた浜谷を心底「良い男だ」と思ったんだそうです。2008年のM-1のビデオがあったので、その場面写ってないかとチェックしてみたら、春日の真後ろに見える七三分けの額と太い眉毛だけ発見。これは明らかに浜谷のデコだなー。オードリーの二人は最初かなり後ろに引っ込んでたんで、残念ながら背中を押されてるとこは写ってませんでした。

<春日の後ろに浜谷のデコ発見>
hamakaan5_convert_20130104174911.jpg

それと、余談になりますが、このANNでは、浜谷からも名言が出ました。曰く

「若林が春日を作った」

若林はお笑いにひたむき過ぎて、四六時中お笑い論を人にぶつけてるから、そんな奴と一緒にいたら「ウィー」しか言えなくなるだろう、と。

で、話を戻せば、ハマカーンがどんな番組に出ようとも、私が世間にわかってもらいたいんは正に「浜谷は良い男!」ってことなのです。ってか、私自身が一番見たいのが浜谷の、異質さよりも親しみやすさ実直さが売りの、筋の通った良い男っぷりと言う訳で、それはそのまま彼の笑いの質と繋がっている筈です。何かよー知らんけど、声がデカイっつーだけで、浜谷が平成ノブシコブシの吉村と似てるとか言うてる人がいるみたいだけど、ゼーンゼン違いますから!同じ大声でも、浜谷は柔道仕込みの礼節を弁えた安定感のある発声。一方の吉村はどっちかっつーと情動的大声ですもん。その辺りを証明する意味も込めて、こんな番組でこんなハマカーンが見たい!を以下に列挙していきたいと思います。私が普段良く見ている、又は見た事がある番組だけなので、かなり偏ってますが、悪しからず。


ロンドンハーツ
私は企画によって好き嫌いがあり、毎回見てはないのですが、共演者との呼吸の合わせ方とか、集団芸を学ぶことが多い番組だと思っています。しかし、所属事務所ケイダッシュステージの芸人があまり定着していない感あり。オードリー春日が時々出てる程度で、去年のHi-Hiも単発でしか出演していません。上手くいってもいかなくても、ハマカーンがザキヤマ&有吉弘行から洗礼を受けるのは良い経験になると思いますので、是非出演してほしいです。ザキヤマさんが「下衆の極み」をパクるとこを見たいし、有吉にどう斬られるかも、ちょっと怖いですが、興味あります。その他「私服センスなし芸人」で神ちゃんとうの姉さんの姉弟共演&浜谷の私服がダサいと弄らたり、「奇跡の一枚」は笑いとは余り関係ない企画ですが、女性からの人気を上げるには良いでしょう。浜谷の男前&肉体美をアピールして、世間をアッと言わせてチョーダイなー。

アメトーク
ロンハ―とは姉妹番組ですが、逆に若林が定期的に出演し、ポジションを確立しているようです。プレゼン大会にも多数参加してますので、信頼度は高いのでしょう。この番組を機に若林はザキヤマ&有吉との横の繋がりを深め、その他のバラエティ番組での立ち位置も決まった感じがします。浜谷が一度だけ「マイナー軍団芸人」で春日と一緒に出演してましたが、残念ながら、イマイチ印象を残せませんでした。ハマカーンのトーク力は、これから磨いていく部分だと思いますので、是非出て頂きたいですね。という訳で、ハマカーンが有りきで無理やり企画(カッコ内はメンバー)を考えてみました。

1. ケイダッシュステージ芸人(はなわ、原口あきまさ、オードリー、Hi-Hi、ハマカーン)
2. 柔道芸人 (ますだおかだ増田、サバンナ、つぶやきシロー、Wコロンねずっち、ハマカーン、オテンキのり)
3. 美容芸人 (藤井隆、フット岩尾、ノンスタイル井上、ハマカーン神田)
4. お坊っちゃま芸人 (ハマカーン神田の他に誰がいるのか分からんけど、、)

お試しかっ!
以前浜谷が「帰れまテンオーディションに出てましたので、呼ばれる可能性大です。当然浜谷の活躍に期待。「フットンダ」を見る限り、MCのタカアンドトシとの相性は良さそう。浜谷は豪快な食べっぷりを見せてくれるかな?2人の分析力はどうでしょうか。神ちゃんは感覚が世間とズレてそうですが、女子目線でのチョイスに期待しましょう。

ナインティーンナインの冠番組
「ぐるナイ」で若手芸人がネタ披露する企画「おもしろ荘」にハマカーンは出てましたので、ナイナイの番組には色々出てきそうです。「めちゃイケ」なら、シンクロで氷風呂に落ちるやつとか、色々ありそうですね。

<「おもしろ荘」での漫才。バッチリ七三分けの浜谷が新鮮>


ピカルの定理
ピースとは縁がありそうですし、THE MANZAIファイナリストの千鳥がレギュラーなので、共演が見たいです。そして何と言ってもノブコブ吉村との違いをアピールして欲しいんですが、「ビバルイ」はあまり好きじゃないんで、あれはあまり見たくないですね。体を張った「テブラーシュカ」が一番ハマりそう?

Eテレ及び教養系番組
高校講座「生物」の続投はあるでしょうか?前々から言ってますが、浜谷には「にほんごであそぼ」で野村萬斎&市川猿之助と共演して欲しいです。また、神ちゃんの得意なドイツ語講座はどうでしょう?2人とも東京農工大学という国立大を卒業してますので、クイズ番組「Qさま」のインテリ芸人枠に入る資格は充分にありそうです。また、神ちゃんは雑学ありそうなんで、雑学王とかにも挑戦して欲しいですね。

レポーターとして
情報番組のレポーターなら、現在レギュラーの「テイバンtv.」で毎回やってますので、そつなくやってくれると思います。テイバンのロケでは、一度もキャーキャー言われたことないと、嘆いていましたが、今後は状況も変わってくるんじゃないでしょうか。

<「テイバンtv.」では毎回ロケ>


スポーツ系バラエティ
浜谷自身「体を使った仕事」を希望してるそうです。実際彼は過去3回「炎の体育会TV」の柔道に出演してますが、是非とも柔道着姿の浜谷にモエーーな女子を増やして、他の競技にも参加して欲しいです。

hamaken.jpg

また浜谷は「黄金伝説」の無人島ロケに憧れているとか。事務所の先輩オードリーがレギュラーの番組ですから、出ていきやすそうですね。仲良しの春日とペアで無人島もアリか?もう1つオードリーのレギュラーで体力系「TORE」のオファーも濃厚ですね。因みに浜谷の肉体美を今すぐ見たい方は、DVD「キャラキング」と「おどおどオードリー」を見ましょう。「二択ファイター」や「ブリーフ運動会」といったオゲレツ企画での浜谷と春日が見られます。

<オードリーとのユニットコント「二択ファイター」>
hamakaan7_convert_20130104175008.jpg

キャラ☆キング あの春日がトゥース!リアルファイトは悩んじゃうなぁ の巻 [DVD]キャラ☆キング あの春日がトゥース!リアルファイトは悩んじゃうなぁ の巻 [DVD]
(2009/05/29)
スピードワゴン、オードリー 他

商品詳細を見る


おどおどオードリー 白ワインのブリーフはやめられない編 [DVD]おどおどオードリー 白ワインのブリーフはやめられない編 [DVD]
(2012/05/16)
オードリー

商品詳細を見る


ネタ番組
現在レギュラー出演している「ワラッタメ天国」(フジテレビ・日曜)が、ハマカーンの代表作として成長してくれたら良いなと思っています。まだ深夜枠ですが、「笑えてためになる教養エンタメ」をうたってますので、も少し早い時間帯になっても良いんじゃないでしょうか。正月のスペシャルで神ちゃんが予想外の活躍をした「フットンダ」にも、今後定期的に出てくれると良いですね。ここでもやはり、神ちゃんのちょっと変わった感覚が功を奏するか?ドッカーンと大きな笑いを取るのではなく、「クスッ」と出来る感じが良いと思います。「爆生レッドカーペット」は既に常連ですが、やはり今年は「北野演芸館」に出演して、たけしから指導を受けてほしいです。短い時間でどれだけ出来るかは分かりませんが、「イロモネア」も芸を磨くのには、良い経験になるでしょう。今回バイきんぐがファーストステージ敗退で、ショートネタの難しさを実感したようですが、あれは何度も出続けて、挑戦のし甲斐がある番組だと思います。そして、「ドリームマッチ」はもうちょっと先の話でしょうかね。あと、1つ付け加えるなら、テレビの仕事が増えて忙しくなっても、漫才ネタは作り続けてライヴでの披露も欲しいですね。

THE MANZAI優勝賞品番組(4月スタート予定)
前回パンクブーブーの番組「ミタパンブー」は余りにも酷い手抜き番組でした。今回もあまり期待しない方が良いのかもしれませんが、フジテレビには、ちゃんと芸人を活かした番組作りして頂きたいと思っています。


と言ったところで、そろそろまとめ。先のANNで、オードリー若林が早くから神ちゃんのタレント性に気が付いてた話が出てましたが、思ったことを包み隠さず素直に口に出してしまうところ、言葉のチョイスの妙や、世間一般とはちょっとずれた感覚等、彼の個性を活かせる場が見つかると良いなと思います。神ちゃんが素を出すほど、浜谷とのコンビのバランスが良くなってきて、それが漫才に生きている訳ですから、バラエティの仕事でも同じようにやって行ければ良いと思います。基本的に2人ともガツガツしてませんので、今年一気にブレイクはしないかもしれませんが、彼等の漫才と同様にゆったりとスタートし、ジワジワと知名度&人気がアップして、盛り上がってくれれば良いと思っています。尚、「下衆の極み」「鬼畜の所業」といった浜谷の決め台詞が流行語になるのは、ちょっと難しいでしょうか。子供が気軽に使える感じがしませんし、あのセリフに辿りつくまでの言い回しに良さがある訳ですからね。

年末までに、どれだけ実現しているか楽しみですが、いやー、しかし、今回は柄にもなく分析的な事書いたのので、疲れちゃいました~。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン オードリー サンドウィッチマン ブラックマヨネーズ アメトーク

テーマ:ハマカーン - ジャンル:お笑い

弱った胃腸にスリッパリーエルム | ホーム | 鈴木常吉「さびしい時には」から中原淳一と丁寧な暮らしの話
Comment
新年が明けましたこと、並びに
ハマカーンの新番組もきっと始まりますことを
お喜び申し上げます(笑)
ハマカーンの新番組は小さくても長く続けられるものであってほしいです。
漫才の番組が増えてくれないかな、
そしたらみんな勉強して、タレント稼業ばかりしている訳にはいかなくなるのにな、とよく思います。
ハマカーンさんはユッカリーナさんの言うとおり着実にお茶の間に浸透してって欲しいし、その力はあると思うけどな。
早速BS朝日のテイバンTV見ようと思います。
浜谷さんも神田くんも なんか優しくて人が良さそうな雰囲気ありますよね。そこがイイな。
私はアメトークの大ファンで、絶対に柔道芸人をやって欲しいデスね。
貧乏芸人やったカナ?そこの芸人は多いと思うので そこに感覚の違う神田くんがゲストで出るのも面白いかも。
京都のおばちゃんさん、今年もよろしくお願い致します。

「北野演芸館」や「爆生レッドカーペット」「エンタの神様」は、昨年と同じペースでオンエアーされると良いなと思っています。それと「ワラッタメ天国」はマメ知識とお笑いを組み合わせるというコンセプトが良いと思っているので、ゆくゆくはゴールデンタイムに進出して欲しいですね。
「テイバンtv」以前は毎回漫才のショートネタをやってくれたりしてたんですが、最近はレポートばかりなのが少々不満です。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/536-d8f00592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR