プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/12/02 07:16 yuccalina

スターフィッシュ柄のバッグと思い出の毛糸

何週間か前のことですが、久しぶりにわが家へ遊びに来た友人が、私の手編みのバッグを小脇に抱えていました。もう何年前だったか覚えていないのですが、彼女の誕生日にプレゼントした、スターフィッシュ(ヒトデ)柄のバッグです。

knitting14_convert_20121127163621.jpg
knitting13_convert_20121127163555.jpg

形やカラー、デザインは自分でしましたが、スターフィッシュ柄はこちらの本を参照しました。イギリスの本で、子供用ニットと小物の編み方が多数紹介されています。

Little BadgerLittle Badger" Contemporary Classics: 25 Knitwear Designs for Children from 0-6 Years
(2000/07)
Ros Badger

商品詳細を見る

<こちらのカーディガンの模様を参考にしました>
knitting16_convert_20121130161546.jpg

持ち手の内側に綿テープを入れて縫い付け、本体の内側にはコットンの裏地を付けています。余り重いものは入れられませんが、友人は大切に使ってくれています。

懐かしさと嬉しさから、その画像をカメラに納めつつ、私は使用した毛糸の事を思い出しました。私は普段はワゴンセールになった安い糸を使う事が多いのですが、この毛糸はイタリア製で若干高めだったような。何と言う名前だったか思い出せませんが、多分素材はポリエステルで、ボコボコと凹凸のある極太程度の太さ。軽くて、肌触りがとても柔らかくて気持ちが良いです。そして、何と言っても色味が良いんですよね。そこは流石イタリアだなと思うんですが、ちょっとくすんだ水色やネイビーとか、絶妙なんです。実は私、この毛糸に惚れ込んで、色々作っていたんだなーと思い出して、今まで作った作品を並べてみたくなりました。

下の写真にあるのが手元に残っているもので、全てトモロー用です。ノルディック柄のベストに使ったモンブラン色は、上のバッグのベースカラーに。ネイビーのジャケットのは指し色になっています。

knitting10_convert_20121127163503.jpg
<中央のベストとパンツを着たトモロー。生後7か月くらい>
IMG_convert_20121127163712.jpg

こちらは、自分用のベストと帽子。

knitting15_convert_20121201210801.jpg

そして、次の写真は解いて別のものに編み直してしまったものです。

IMG_0001_convert_20121127163733.jpg
IMG_0003_convert_20121127163802.jpg
IMG_0002_convert_20121127163748.jpg

化繊なので静電気が起きやすいのが難点ではありますが、やはり皆良い色です。この毛糸と出会ったのは、トモローを妊娠していた頃なんで、既に11年前。先日近隣のユザワヤへ同じのを売っていないか、探しに行きましたが、見つかりませんでした。インターネットでイタリア製毛糸を扱うショップを当たってみたものの、ダメでした。という訳で、現在手元に残っている作品を解いて、また別のものに編み直すか考え中です。特に自分用のボーダーベストはサイズが大きすぎて部屋着になっている為、前々から編み直したいなと思っていたのですが、いずれにせよ、大切に使いたいなと思います。

丁度前のエントリーで、山形の佐藤繊維株式会社の話を書きながら、社長さんの毛糸開発への思いとかに心惹かれていたところなんですが、私もこの毛糸の色と風合いを作った人の気持ちを受け取りながら、編み針を滑らせていきたいなと思っています。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 編み物 イギリス

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

春菊と椎茸の辛子味噌マヨ和え | ホーム | エミール・ガレのボトルから山形発ニットまで
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/512-81c353ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR