プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/11/11 09:01 yuccalina

ロステレコム杯・男女シングル結果

小塚2位、ファイナル進出=織田5位、女子の村上4位―ロシア杯フィギュア

 【モスクワ時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、ロシア杯は10日、モスクワで男女フリーなどが行われ、男子でショートプログラム(SP)3位の小塚崇彦(トヨタ自動車)は153.65点で、合計229.99点の2位となり、シリーズ上位6人で争うGPファイナル(12月、ロシア・ソチ)進出を決めた。SP8位の織田信成(関大大学院)は154.74点で、合計217.92点の5位。SP1位のパトリック・チャン(カナダ)がフリーでも1位となり、合計262.35点で優勝した。
 女子でSP6位の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は109.56点で、合計166.34点の4位にとどまった。キーラ・コルピ(フィンランド)が合計177.19点で、SP2位から逆転優勝を果たした。

 

今回もアッサリと書きたいと思います。まずは小塚崇彦選手、2位でグランプリファイナル進出、おめでとうございます。今季のプログラムは、どちらも彼の品の良さが活かされてて、完成形が楽しみです。私は一番崇ちゃんの気品を感じるのは、ちょっと地味ですが、バタフライです。常にフワッと優雅で美しいんですよね。

<今季はショートの方が私的にツボです>


優勝のチャン選手は今季上半身の使い方が格段に良くなったと思いますが、演技構成点が90点超えてたのは呆れました。今年もこのパターンが続きそう?

上半身の使い方と言えば、女子優勝のキーラ・コルピ選手について。何故私には彼女の演技が美しく見えないのか、分かってきました。滑ってない時の方よっぽど綺麗?なほど、腕がいつも案山子みたいで短く見えるからです。上半身だけ見てると、ジュニアの選手みたいなんですよね。あー、勿体無いなーい!ジャンプのランディングが成功した時でも、何か腕がバタバタしてて、何とかならんのか?と思ってるのは私だけでしょうか?

村上佳菜子選手は僅差で表彰台を逃し、残念でした。そして、アデリナ・ソトニコワ選手がミス連発なのも、、、。それほど太った印象ではありませんが、タクタミシェワ選手同様に、体の線が丸みを帯びてきましたので、やはり体の変化に対してのコントロールが難しい時期なのかもしれませんね。

といったところで、来週はフランス、エリック杯です。ジュベール選手が出てくれるのか、気になるところです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

清彦と寅彦~言葉センス有りな理系男子から19世紀末カルチャーと「世界不思議百科」 | ホーム | コットン糸の半袖セーターとチュニック風ベスト
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/495-5b6fcfc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR