プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/07 09:47 yuccalina

マレーシアで出会った錦繍二重唱とお気に入り女性アーティスト色々

かつてマレーシアで暮らした日々(1999~2000年)を思い出しつつ、サンディー・スズキの事を書いたのは数ヵ月前のことでしたが、もう一組思い出深いアーティストがいます。その名は錦繍二重唱、英語名がWalkie Talkie、台湾の女性デュオです。YouTubeで動画を漁ってみたところ、どうやら現在も活動中の模様。当時、香港や台湾のチャンネルで頻繁にPVが流れていて、直ぐに好きになりました。



一見してパフィーを意識してるのが分かりました。媚びた感じがなくて、好き勝手やっちゃってる感じが好きなのです。ショートカットの娘が高橋真麻アナみたいだし、二人とも美女とは言い難いですが、それが逆にナチュラルに感じて良いです。歌の内容は「日曜は誰にも邪魔されず、好きなことをするんじゃー」みたいなもんでしょうか?前半のちょっとアンニュイな雰囲気から一転して明るくなるのも良いです。この曲が入ったCDが入手出来ず、日本で見つけたこちらのアルバムも、元気一杯でグー。

walkietalkie_convert_20121106145738.jpg


で、そのご本家とも言えるパフィーですが、結婚前から新婚時代にダンナとよくカラオケでデュエット(勿論フリ付)したのがこの曲「ネホリーナ・ハホリーナ」。トータス松本作曲。PVは多分当時やってた深夜番組「パパパパパフィー」のセットだと思うんですが、この番組も大好きでした。



ユーミンもドリカムも全く聴かない歌わない私にとって、唯一歌いたい女の子の歌がパフィーなのかもしれません。ま、その奥に奥田民生好きがあることは否定しませんけど。

と言ったところで、こっから先はそんな私が何故か好きになった女性アーティストを紹介。既に特集を組むくらい傾倒してるパティ・スミスは別格として、ニコ、トレーシー・ソーン、スリッツ、レインコーツ、少年ナイフゼルダなぞと一緒に紹介したかったけど出来なかった皆様です。

先ずはチャイニーズ系で外せないのが、フェイ・ウォン。アルバムをちゃんと聴くほどのファンでもないのですが、やはり香港映画「恋する惑星」でのイメージが強烈で、挿入歌になったクランベリーズのカバー「夢中人」が大好きです。キャビンアテンダントの彼女にフラれた警察官(トニー・レオン)に一目惚れした彼女の妄想とストーカー行為?が、ミョーーに可愛らしく思える不思議な映画。



恋する惑星 [DVD]恋する惑星 [DVD]
(2006/06/23)
金城武、ブリジット・リン 他

商品詳細を見る


とチャイニーズ系はこれくらいしか知らんので、直ぐに80年代のイギリスにジャンプ。お次はバナナラマです。それも「ヴィーナス」以前に限ります。何かいつの間にかアメリカで売れて、「マドンナのB級品」みたいになってたんですよね。勿論、そうゆーのが好きな人もいるでしょうし、否定はしないですけど、私はファンボーイスリーのバックやってた頃の彼女達が好きなのです。踊りとかテキトーで、緩ーい感じがね。



そして、バナナラマと同じ頃、アメリカに出現したガールズバンド、ゴーゴーズ。「泡いっぱいの恋」っつう邦題が何故か絶妙にはまっていました。



と言ったところで最後にオマケ。どんな縁なのか分かりませんが、先述のファンボーイスリーがこの曲をカバーしてて、何気にキュートなんざんす。女性アーティストじゃないけど。




お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: イギリス

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

コットン糸の半袖セーターとチュニック風ベスト | ホーム | 新番組「NexT」で漫才武者修行のハマカーンとTHE MANZAI 2012
Comment
楽しませて頂きました(^^)v
私もバナナラマは初期の方が好きでした。ホンダのスクーターのCMとか可愛かった。
ウダモさん、コメントありがとうございます。
抹茶アイスさん、確かにありましたねバナナラマのCM。ホンダはCMで海外アーティスト使うことが多かったかもしれないですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/457-cfbb5076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。