プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/31 09:26 yuccalina

イチロー・スズキとオトコの美醜モンダイ

これから語るのは、一塊のオバハンの個人的な美意識ですので、正反対に思う人がいても何ら不思議のない話であることを、先にお断りしておきます。

私は高校生の頃から既に、駅のホームで鏡を覗きこむ男子を見ると「オマエの髪型なんて誰も気にしとらんわ!後頭部をぶん殴ってやりてー」という衝動にかられたものでした。今思えば私的ファンタジーだったのかもしれませんが、「男は己れの美醜に振り回されてはいかん!」という思い入れが強かったのです。そして「自分の格好良さに気付いてない男が本当に格好良いのだ」とも、思っておりました。。

丸坊主の高校球児達の眉毛が不自然に整っているのを見ては興醒めし、ロンドンオリンピックではワキ毛は無修正のクセに眉毛が細すぎる内村航平くんが気になったり、なでしこの佐々木則夫監督の白髪姿が見たい、と思ったのも、多分その美意識のせいだと思います。また、浜谷健司(ハマカーン)のゲジゲジ眉毛を魅力的に感じたり、そもそも美形過ぎる男に興味がわかないのも、同じ理由でありましょう。全く手を加えるなとは言いませんけど、やはり容姿に関しても自分を受け入れてる男に、私は清々しさを感じるのですよ。例えば、以前はちょっとでも良く見せようと髪型を気にしてばかりいたフジモンは、結婚して丸坊主になった現在の方が、よっぽど格好良いと思うのです。

と言ったところで、話をニューヨーク・ヤンキーズのイチロー・スズキ選手に移しましょう。私の記憶が正しければ、彼のあの立派な眉毛は無修正の筈です。昔インタビューで自分の顔で好きなところはと聞かれ、「この眉毛が好きだからいじってない」と答えていたような、、。私は特に熱心なイチローファンではありませんが、最近は新聞で彼の打撃結果をチェックするのが日課となっています。実を言うと、あの眉毛以上に私が萌え~なのは、白髪混じりの頭だったりします。

<彼の様な天然モノ眉毛はもはや絶滅危惧種か?>
ichiro.jpg

きっと黒く染めればまだまだ若々しく見える筈の38歳イチローは、敢えてそのままにしてるのでしょう。これもまた彼の美学なのかもしれません。そう、矛盾に感じる人もいるかもしれませんが、美醜にこだわらず、かつ美意識を持った男性に、私は惹かれてるのかもしれませんね。彼がファンに見せたいのは打って走って、キャッチして送球するプレーであり、そこに髪の色は全く関係ない筈です。そして、何と言ってもアスリートとして、加齢による肉体的な衰えと戦っている最中なのです。私はあの髪に、そうした自分との戦いを包み隠さず晒け出すイチローの覚悟を感じる、だから萌えるのですよ。

ここでまた気付いたのですが、その美意識の根底にあるのは、「自分の何をどう見せたいか」という能動的な意識にあるのかもしれません。ともすれば、人に体操演技を見せることに全身全霊を捧げている内村航平くんのあの細い眉毛にも、彼なりの拘りと美学がある可能性は否めませんけどね。ただ、若い時分は「人からどう見られたいか」という受動的な意識の方が強いのも事実だと思います。はたしてリオデジャネイロ五輪でも内村航平くんの眉毛は細いのか、そしてついでに母・周子さんの髪型もツインテールを貫くのか、楽しみにしております。

<全員眉毛は修正済みだが、やはり航平くん細すぎないか?ムムッ!>

と、話が逸れましたが、私も息子を持つ身となり、流石に鏡を覗く男子をぶん殴りたいとは思わなくなりましたし、発展途上の若い子はまだまだ良いでしょう。もっと気になるのはオッサンの毛染め&ヅラ問題です。私が小倉智昭を嫌う理由はそこにつきます。見た目を取り繕ってるやつが、偉そうなこと言ってんじゃないよと思うし、薄毛で影響受けるような男前だと勘違いしてるのか、とも疑えますが、何といっても「若く見せようと頑張ってる感」が一番頂けません。潔さがない。つまるところ、美醜も若さへの拘りも、男が己を受け入れずにジタバタしてる感じが嫌なのです。若作りに使う金と暇を、別のところにかければ良いのに、と思ってしまいます。ちなみに、私の父親もダンナも、頭髪は一切無修正です。高橋克美やモト冬樹は大好きですし、ちょくちょく話題にしている池田清彦先生もハゲ親父ですもん。

そんな訳で、若作りしてる男は余り信用出来ません。共和党のロムニー氏65歳。もみあげ周辺だけ白くて後は真っ黒という怪しげな頭髪、ヅラ疑惑アリ。私には全くインチキ臭いジジイにしか見えません。イチロー・スズキを見よ!やるべき仕事に打ち込んでいる男は、見た目を取り繕ったりはしないのですよ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 内村航平 ハマカーン

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

心に茨を持つ男・サバンナ高橋とBBCドラマ「法医学捜査班 Silent Witness」 | ホーム | 続・ハマカーン応援宣言‐THE MANZAI 2012認定漫才師50組が決定
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
早速リンク貼らせて頂きました。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/448-84f002b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。