プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/08/30 09:23 yuccalina

続・ハマカーン応援宣言‐THE MANZAI 2012認定漫才師50組が決定

お笑いの話がすっかりご無沙汰になってたが、何か知らんうちにTHE MANZAI 2012(公式サイトはこちら)の認定漫才師50組が決まっていたよー。50組全部にコメントしてるヒマもないので、気になるところをボチボチと、、。

まずは、ハマカーンが順当に残った。めでたい。改めて言うのも何ですが、今年も当ブログでは、ハマカーンを大々的に応援したいと、ここに宣言いたします~。彼等はキングオブコントの準決勝にも残ってるらしいし、今年も良い感じで来てるぞ。昨年THE MANZAIの決勝に出た16組で、引き続き勝ち残っているのは、

アルコ&ピース
囲碁将棋
ウーマンラッシュアワー
エルシャラカーニ
学天即
磁石
スリムクラブ
千鳥
テンダラー
Hi-Hi
ハマカーン

の11組で、その中でも今年ブレイクした千鳥とHi-Hiが出てきてくれたのは嬉しい。M-1でも決勝に残った翌年ブレイクしたら、忙しくなって漫才やるヒマがなくなり、翌年は出てこないパターンがあったりしたからね。名前が無いのは昨年のチャンピオン、パンクブーブー、準優勝のナイツ、博多華丸大吉、銀シャリ、チキチキジョニーの5組。その中でもナイツがエントリーしなかったのはとても残念だ。ブラックマヨネーズのトーク番組「ゆかいな仲間たち」にゲストで出た時に、ネタをずっと作り続けてる話や漫才への熱い思いがとても印象的だったから。まさか去年生放送でのりピーネタで「ひとつやらかした」から出入禁止とかになってないよね?

今年はM-1チャンプが3組出てるのも話題の的。中川家、NON STYLEそして笑い飯と、タイプが全く被ってないとこが良いが、これで年末の決勝への戦いは益々厳しいだろうなあ。また、私のお気に入りであるモンスターエンジン(最近あんま話題にしてなかったけど)とジャングルポケットの名前もあるぞ。モンエンはM-1決勝を2度経験しているし、今年は是非漫才でもハネて欲しい。ジャンポケはモンエンと同期らしいけど経験値では不安があるかな。実は私、ルミネと浅草花月で彼等を見た事があるんだけど、2回とも一番しっかりしてそうな太田が噛んでたんだよね。レギュラー番組「パワープリン」の中でも「意外と本番に弱い」と指摘されてたし、ちょっと心配。そして、今年ハマカーンよりも更にテレビの露出がイマイチな磁石にも、頑張って欲しい。私の大好きな東北人特有のオトボケ感を見せて欲しいものだ。

と言ったところで、話はまたハマカーンに戻そうっと。これまでに「爆生レッドカーペット」や「笑点」で見てきたネタも、浅草花月で見たナマ漫才も、どれも仕上がってきていると思う。あとは本番で場の空気を支配し、どれだけ弾けられるかで、ある程度、運もあるのかなー。なんて考えると不安材料も結構あってさ、先日「お願い!ランキング」の「帰れま10・オーディション」に浜谷が登場。呼ばれるのは3回目らしい。Hootersとかゆーアメリカ―ンなレストランチェーンでのランキング当てクイズ。過去2回を私は見てないのだが、結構やらかしちゃった?今回も、最初に迷っていた3位候補で選ばなかった方が実は当りで、手柄をジャングルポケット武山に持ってかれちゃったよ、トホホ。このクジ運の無さは逆に何か持ってる?と思えなくもないんだが、、。でもジャンポケと浜谷が何か仲良さそうだったな。思えば、浅草花月の裸祭りでも結構和んでたかも。

<いつの間にか髪型が変わってた浜谷。短いの似合う。この眉毛も大好きだ~!>
hamatani2_convert_20120830091825.jpg


と、話を漫才に戻すと、ハマカーンのネタでポイントになるのは実は「微妙なあるある感」ではないか、とふと思った。「カブトムシ」の話で「本当に強いのは勇気を持って武器を捨てたメスの方」ってのもある意味であるあるである。「美人なら必ず合格する歯科助手の面接」もあるある、だと思う。漫才のボケは「ないない」ネタを言って「んなわけないだろ」と突っ込まれるパターンが多いと思うけど、時々「あるある」ネタが挟まれると、なんか気持ちいいことに気が付いたよー。その辺を計算でやってるのかどうかは分からないけどね。

「あるあるネタ」漫才の宝庫と言えば中川家ですな。こちらもホント楽しみだわ~。とは言うものの、彼等の市井の人々を描く漫才ネタは、あの特異な舞台で爆発力を持っているのかどうかは分からないんだけどさ。ただ、彼等を含めM-1優勝者が多数出てきたことで、あのブラックマヨネーズのお尻にも火が点いてくれたらな、とか別の期待もしてまうわ~。「ブラマヨとゆかいな仲間たち」でも言ってたが、そろそろ新しいネタを作ろうか真剣に考え始めてるらしい。来年エントリーしてくれたら大変な事になるが、今の仕事振りだと、やっぱりキツイのかな~。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン ブラックマヨネーズ

テーマ:THE MANZAI - ジャンル:お笑い

イチロー・スズキとオトコの美醜モンダイ | ホーム | ファンカラティーナと呼ばれて‐アイドルからインディーズまで
Comment
初めまして
お笑い最高ですねw
> お笑い最高ですねw

そうですね。お笑い無くしては生きていけませんっ!


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/446-1a16f994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR