プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/09/01 07:14 yuccalina

心に茨を持つ男・サバンナ高橋とBBCドラマ「法医学捜査班 Silent Witness」

昨夜のアメトークはサバンナ高橋茂雄がプレゼンした「涙腺よわよわ芸人」。ちょっとした切り口から面白い話を引き出せる高橋は、あるある話が上手い芸人だ。彼の告げ口ですら笑いに変えられるトーク術は、バラエティ番組で欠かせない存在だと思うが、リアルスネ夫的人格として、世間の評判は余りよろしくないかもしれない。

そんな高橋が実は良い奴なんや、と思える企画でもあった。妹(結構可愛いです)の引っ越しの時に彼女が兄への手紙を読む隣で、必死に涙を堪えてる姿はとても愛おしくなったよ。似たようなキャラの芸人にピース綾部がいるが、常に「自分の厭らしさやダメダメ振りを前面に出して笑いを取る」という高橋の姿勢が好きな私には、綾部はスマート過ぎてイマイチ好きになれない。勿論好みの問題と言えばそれまでだが、私は高橋茂雄の持つ「光と闇のバランス感」が好きなのかもね。ま、「涙腺よわよわ芸人」において、闇の部分は封印されていたけどさ。

良く気が付くし優しい子なんだろうけど、残虐性も持ち合わせてそう。だから「心に茨を持つ男」と命名させて頂きやした。自身、闇の部分に自覚があるらしく、トーク中にイヤミを言う時にとてつもなく怖い顔をすることがある高橋。彼はドラマとかで、「一見気弱な青年だが実は残虐な連続殺人犯」みたいな役をやらせたら、絶対ハマると思うんだが、誰が作ってくんないかなー。なーんて思ってたら、英国BBCのミステリードラマ「法医学捜査班 Silent Witness」に高橋ソックリの男が出てきてビックリしちゃったよ。番組の詳細は下記の公式サイトをどうぞ。
「法医学捜査班 Silent Witness」 ― AXNミステリー公式サイト



上の動画は第41‣42話「殺りく The Meaning of Death」より。高橋似の男は哲学科出身ニーチェかぶれ。友人と2人で「理由なき殺人」を繰り返すが、完璧と思えた彼のシナリオにも綻びがあった。

ところで、サバンナ高橋といえばやはり「中学イケてない芸人」のエピソードが秀逸だと思う。かつてレッドカーペットでも度々中学生をネタにコントをしていたが、「アホなダメダメ男子中学生」をやらせたら、彼の右に出るものはいない。それは、中川家・礼二演じる「大阪のオッチャン」に負けてないくらいに素晴らしいと、私は思っているのだ。

という訳で、最後に「心に茨を持つ男」というタイトルの元ネタを紹介。1985年イギリスでヒットした曲、ザ・スミスの「心に茨を持つ少年」(原題はThe Boy with the Thorn in His Side)、この邦題は中々の名作だと思う。歌詞の内容はてんで無視で、高橋には「心にいばら」が何か似合いそうな気がしちゃっただけなんだが。ちなみにシングルのジャケットはセシル・ビートンのカメラによる作家トルーマン・カポーティのポートレイトで、当時話題となった。



<シングル「心に茨を持つ少年」のジャケット>
thesmiths.gif

「涙腺よわよわ」と言えば、私はロンドンパラリンピックの開会式見ただけで、ウルウルしてしまったわー。ホーキング博士から両足の無いダンサーのパフォーマンス、寄り添いあって入場行進する選手団。イギリスチームの車椅子が、皆車輪の側面にユニオンジャックがデザインされててオシャレだったなー。パラリンピックの話はまた追々していきたいっす。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アメトーク イギリス

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

ダウン症の出生前診断とアイスランド大学のゲノム解析 | ホーム | イチロー・スズキとオトコの美醜モンダイ
Comment
こんばんは。
遅れましたが相互リンクありがとうございました(^^)。
たしかに「心に茨を持つ少年」という邦題には惹かれるものがありますね。
ところで、俺も基本的にはお笑いが好きなので、家では大体バラエティ番組を見ることが多いです。4月から子供が小学生になり、早起きしなくてはいけなくなったので、「アメトーク」は見れたり見れなかったりです。
という訳で、これからもよろしくお願いします!
こちらこそ、よろしくお願いします。
私は最近の洋楽は殆ど聴いてないので、何とも言えませんが、日本独自のタイトルを付けなくなってるようですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/430-029de22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR