プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/07/15 07:50 yuccalina

高橋大輔選手の新聞記事と、ミヤケン先生のお仕事ウィズ・ケヴィン・レイノルズ

昨日の朝日新聞朝刊に、高橋大輔選手の記事が載ってました。先に報道されたモロゾフコーチとの復縁に関する話で、特に新しい情報はありませんでした。しかし大ちゃんの(ロシアへの移動など練習がやりにくくなる事に対して)「より厳しい環境に自分を置くことが良い」とか、モロゾフとの関係について「自分が捨てられることもあるし、自分が捨てることもありうる。お互いが勝負しながら仕事していくことになる」といったお言葉。立派な大人の男になったなあ、という感じです。

daisuke_convert_20120714211116.jpg

ソチオリンピックまでかどうかは未定だそうですが、私的には結構可能性高いと思っています。ロシア国内の事情は分かりませんが、モロゾフから大ちゃんを手放すことはないんじゃないかと。彼はソチオリンピックでメダリストのコーチになりたくて、大ちゃんにオファーしたんだと思いましたので。

さて、話は変わって振付師、宮本賢二先生です。プルシェンコ選手の振付け(ロミオとジュリエット)をする話は先日紹介しましたが、カナダのケヴィン・レイノルズ選手のフリー(曲はラフマニノフのピアノ協奏曲4番)も担当するそうで、新シーズンの楽しみがまたひとつ増えました。レイノルズ選手は同じカナダのパトリック・チャン選手と同い年とは思えない、お顔も体型も少年のようなルックスで、実は日本での人気も高いです。私的には「女の子みたいでタカラヅカの男役風」に見えますが、人気が高いのには頷けます。4回転ジャンプを得意とする彼ですが、アクセルジャンプが苦手だったり、その他スピン等のエレメンツで取りこぼしがあったり、まだまだ満足な成績を得られていないようです。しかしそれはまだまだ伸びしろがあるということだと思いますので、侮れない存在だと思います。

<今年の世界フィギュアでの演技(イタリア語版)>


レイノルズ選手は昨シーズンのフリーが「クロノトリガー」でした。全くゲームをしない私でも、名前くらいは聞いたことあります。日本の有名なゲームの音楽が使用されても、残念ながら地上波のフィギュア番組で、彼の演技はカットされることがあったりして、歯軋りしたファンが多かったと思います。しかし、今度はミヤケン先生の振付けなら、もうオンエアーは確実?まあ、そんなことよりも、個人の魅力を引き出すことに長けた宮本賢二先生が、まだまだ発展途上のレイノルズ選手にどんな影響を及ぼすのか、その辺がかなりワクワクするところなのです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

「アメトーク・ジョジョの奇妙な芸人2」と門外漢が選ぶキャラ&スタンド名候補 | ホーム | 料理もカラーコーディネイト?
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/417-e1de4654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR