プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/17 08:26 yuccalina

「アメトーク・ジョジョの奇妙な芸人2」と門外漢が選ぶキャラ&スタンド名候補

先にお断りしとくと、私は「ジョジョの奇妙な冒険」を一度も読んだことがない。しかも、「アメトーク・ジョジョの奇妙な芸人1」も見ていない。なので、これから書くことが、余りに勘違いであっても、勘弁して頂きたい。

と言う訳で、先日の「アメトーク・ジョジョの奇妙な芸人2」は、ホトちゃんと同レベルで見ていたのだが、ロックファンとしては引っ掛かるワードが出てきた。冒頭しょこたんの「スティッキーフィンガーがどーのこーの」で、何やローリング・ストーンズと関係あんのか?と思い、ワムウはワム!で、リサリサとは、&カルトジャムか?ツェペリはレッド・ツェッペリン?ディオは、ロニー・ジェイムス・ディオだよね?そう言えば、ジョジョにキング・クリムゾンってのが出てると、どこかで聞いたことあるぞ。

等々錯綜した思いを抱えつつ、番組視聴後にウィキペディアを読んでみたぞ。頭がクラクラした。登場人物とスタンドという超能力?の名称の8割方は洋楽のアーティスト又は曲名のようだ(次いで多いのはファッションブランドやデザイナーの名前ね)。しかも、年代もジャンルも様々。例えば、大衆向けポップスのキャプテン&テニール、ロンドンパンクのセックス・ピストルズやクラッシュ、60年代サイケデリックのグレイトフル・デッド、ニューヨーク・パンクのトーキング・ヘッズ、そしてワールドミュージックのユッスー・ンドゥールまであるよ。品薄感があるのはブルースやソウル、レゲエといったところか。作者の趣味じゃないのかな?逆に多いのがヘビメタとプログレ。ディオにツェッペリン、ディープ・パープル、ホワイトスネイクにメタリカ等々。前述のクリムゾン(のエプタフ)に(ピンク・フロイドの)アトム・ハート・マザー、エコーズ、シャイン・オン・ユア・クレイジー・ダイアモンド、クラフトワーク、ソフト・マシーン、ムーディー・ブルース、マイク・オールドフィールド(のチューブラー・ベルズ)等々。

ちなみに先日映画絡みで紹介したザ・キュアーの名前もあったぞよ。何かウィキを読んでるだけで、楽しくなってきちゃった。

このタイミングで昨日の朝日新聞の朝刊に、「はじめての ジョジョの奇妙な冒険」という記事があった。ジョジョ芸人、スピードワゴン小沢のコメントが載ってて、「コンビ名をキャラクターからいただいた」と。なるほど~!ようやくガテンがいった。スピードワゴンってコンビ名を最初に聞いた時、アメリカのロックバンド「REOスピードワゴン」と関係あるのか、とても不思議に思ってたからだ。TOTO、ジャーニー、スティクスみたいな、いわゆる「産業ロック」と呼ばれた類いで、私はイマイチ好きではなかった。小沢は年代的にもズレてるし、ブルーハーツのヒロトを敬愛してる彼には余り似つかわしくない音楽では?とも思ってたから、「ジョジョ経由」のネーミングで、やっと納得できたよ。どうせなら、アメトークでその「スピードワゴン」の話をしてくれれば良かったのに、と思ったよ。ウィキを読むと、「キャラクターはちゃんと名前を頂いたアーティストと重なるようになってる」らしいんで、もっとキャラクターの解説があったら、ロックファンが食いつきやすいんじゃいかと思った。

さて、アメトークでやってたジョジョ立ちはウィキによれば、ルネサンス彫刻の影響だそーだが、どう見てもイギー・ポップだなー。アルバムジャケットを思い出した。

<後にデヴィッド・ボウイのカバーでヒットする「チャイナ・ガール」が収められた名盤>
IdiotIdiot
(1993/11/22)
Iggy Pop

商品詳細を見る


ジョジョでは、使い手の名前がイギーのスタンドで「ザ・フール」ってのがあるけど、イギー・ポップのアルバムはご覧の通り「ジ・イディオット(愚か者)」だもんな。よろしかったら、イギーのこのPVを見てちょ。



良い動きしてまっせー。ちなみに、この「I'm Bored」という曲が収録されてるアルバム「New Values」のジャケットも見てちょーだいな。どーですか?

New ValuesNew Values
(2000/07/22)
Iggy Pop

商品詳細を見る


そんでもって、ウィキで見る限り、ビートルズ、ストーンズ、クイーンなどやはり超メジャー級なものが多い中、「おおっ!」と思ったんが、ジョイ・ディヴィジョンであった。故・イアン・カーティスも草場の陰でお喜びかもしれん。でもファクトリー・レコード系のアーティストが好きな訳でもないんかなー。



とまあ、ジョジョもロックも興味ない人には、もはやチンプンカンプンな単語の羅列でしかなくなっていると思うけど、これから先は私が採用希望するキャラ&スタンド名候補を紹介しよっと。

まー、読んでも無いブンザイで図々しいけど、先ずはジョジョの世界観と合ってそうなアーティストとしてあげたいのが、

アインシュツルツェンデ・ノイバウテン
テスト・テパートメント
サイキックTV
キャバレー・ヴォルテール
ソフト・セル
マーク・アーモンド

はい、ロックヲタクの方は既にピンと来た?こちらはサムビザーレ・レコード(=何か変レコード)に所属してた皆様。ジョジョの英語タイトル「Jojo's Bizzare Advendure」を見て、真っ先に思い出した。オルタナティヴ系は私はさほど得意分野ではないけど、アメトークで紹介してた擬音や「オラオラ」「無駄無駄」リフレインと通じるものがあるんではないか?と勝手に想像。



同じく擬音の感覚がマッチしそう、と思ったのがペル・ウビュキャプテン・ビーフハート。キャプテンつーたら、テニールよりビーフハート!あの町田康さんも朝日新聞で推薦してたなあ。是非アルバム名「トラウト・マスク・レプリカ」と抱き合わせでお願いしたいところ。



<YouTubeでアルバム丸ごと聴けちゃうんだ~>


最後にもう1人紹介したいのが、イギー同様ジョジョ立ちっぽいお姿のジュリアン・コープ。彼がフロントマンだったバンド、ティアードロップ・エクスプローズ(=涙の爆発)って名前も、何か似合いそうな気がしちゃってさ

<ジュリアンのこのポージングって、どーよ?>
IMG_convert_20120715103059.jpg

ティアードロップ・エクスプローズ時代はまだアイドルのお面をかぶってたので、「カオスの帝王」と呼ばれたソロ時代の動画を。



実はアメトークで、「オラオラ」「無駄無駄」リフレインで数ページを割くという手法を見た時、これはいわゆるロックのリフと同じで、漫画そのものがロック的なのかなと、さらに興味が湧いてきた。しかし、この先私が「ジョジョの奇妙な冒険」を手に取ってジョジョラーになるかどうかは、全く未定である。

勿論私は、アメトークを見たりウィキを読んだだけで、ジョジョを理解できたとは、これっぽちも思っていない。ただ、今の段階で感じたことを書き留めておきたいと思っただけ。結果として、ロック話のダシにジョジョを使ったみたいになっちゃって、スマンかったね。

以上で、門外漢による勝手な戯言はおしまいー。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
本文を書き終えてから、YouTubeでアニメやファンの人が作った動画が見られる事に気が付いた。そこでイギーの正体を見てしまい愕然。犬じゃん。そら、イギーの名前でイギー・ポップそっくりの男が出てきたら問題だよなー。まさか、ストゥージーズの「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」と繋がっていたとはね。



コミックに手を出すかどうかは、もうちょっとYouTubeで漁ってからにしよっと。ところで、ザ・キュアー、ジョイ・ディヴィション、パブリック・イメージ・リミテッドが出てくるのは、ノヴェライズ版で作者が違うと分かって、ちょっとテンション下がったー。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アメトーク ジュリアン・コープ

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

モンガイカンが見たスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」 | ホーム | 高橋大輔選手の新聞記事と、ミヤケン先生のお仕事ウィズ・ケヴィン・レイノルズ
Comment
 yuccalina様
 コメント失礼します、かなぶんです。

 ジョジョですが、仰る通り、原作者はロック系の音楽のファンだそうです。キャラクターや「スタンド」という超能力の名称に流用されている他、独特な効果音もロックの音を漫画で表現したものなのだとか…。

 ちなみに、イギ―(犬です)のスタンド「ザ・フール」は、タロットカードから取ったもので、初期のスタンドは、それぞれタロットカードの象徴を持っていたのでした。

 もし興味があったら、是非漫画もお読みください。また遊びに来ます!
かなぶんさん、どーもです。
なるほど、タロットカードも色々使われているんですね。
しかし、追記にも書きましたがイギーが犬だったのは、結構ショックでしたよー(^^;)
カッコイイ男に描かれてるのを勝手に期待してましたんで、トホホ。
画像検索してて、中年アイドルスマイル全開のジュリアン先生(笑)の画像からここに来ました。

こんな画像、どこで見つけたんでしょう?よくありましたね。「だっちゅーのポーズ(古)」の同じ頃のジュリアンの画像があるので、おそらく91~2年くらい?この頃ってクスリ止めた時期かなぁ、やる前かなぁ、目線がまともなので驚いたことを覚えてます。
スイマセン、長々と。
さんごさんへ
初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
あの画像は88年に2度目の来日した時のもので、(多分ロッキングオンの)インタヴューの切り抜きだけ、手元にあったのです。
おクスリはどうだったんでしょうか。一応3度の来日で捕まったことはありませんが。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/416-e2673225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。