プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/05/27 20:48 yuccalina

キミは覚えているか?―ゴッドハンド洋一

久方ぶりに『あらびき団』を見た。前に見たのは今田耕司がゲストで、あのAMEMIYAが初出演した回だから、何ヵ月前かしら?因みに私が毎週録画してるのは、『芸人報道』『にけつ!』『アメトーク』と『ピカルの定理』の4本のみで、後は当日の気分で適当に決める。特に『あらびき』は、あたりハズレがあるので、半分ゲーム感覚で運に任せる。って言ったらカッコつけすぎかもしれないが、今週は偶々テレビ欄見てたら、「モンスターエンジンの新作コント」の文字を発見。ラッキーだー

私が『ゴッドハンド洋一』を見たのは、爆笑レッドカーペットでだった。「中笑」を連発したり、審査員には、いつも評価が分かれるコントだったが、私は最初から大好きだった。西森のたどたどしいモノローグからして、可笑しかったし、悪と戦う宿命を語りつつ、市井の人々の命を奪っては、アワワーとなりつつも、最後はアッケラカンと「まあ、良しとしよう」で締めくくる。うわー、何かこれって不条理劇ですか?もしくは不条理マンガのカリスマ、蛭子能収(昔『宝島』で『不条理でポン』という4コマ描いてたよ)の世界を思い出したぞ。勿論、神々の遊び落武者背後霊のコントも、私は大好きだが、実は西森のトークもかなり好きだ。『町工場芸人』で真骨頂を見たが、少し伏し目がちで、自信なさげにマニアックなワードを連発するところとか、先日は『ピカル』で愛車のエンジン音を再現しながら、何やら嬉しそうな笑顔してて、何か可愛いっすよー

と話が逸れたが、『ゴッドハンド洋一』は、あらびき団内て、洋一が悪の組織に殺されてしまい、セカンドシーズンに突入した。洋一は左手が怪獣だったが、姉の久美子は頭(顔?)が怪獣だから、タイトルも『ゴッドヘッド(フェイス?)久美子』になるんかなー?

兎に角、今度の展開に目が離せませんなー。

<ゴッドハンド洋一・ファーストシーズン完結編はこちらで>
あらびき団 第2回本公演 ~ミュージックパワー~ [DVD]あらびき団 第2回本公演 ~ミュージックパワー~ [DVD]
(2011/02/23)
東野幸治、藤井隆 他

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:□☆あらびき団☆□ - ジャンル:お笑い

作品集1―需要があるとは思えないけど | ホーム | 太宰治―ピース又吉と私を結ぶ青白い糸
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/39-09ac2496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR