プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/05/23 14:27 yuccalina

私の大好きな映画「ぼくの好きな先生」、そしてまたもや親学の話

ここんとこネガティヴキャンペーンっぽいエントリーが続いちゃったんで、少しソフトな話題、久しぶりに映画の話をば。

2002年のフランス映画「ぼくの好きな先生」はある小さな村の小学校の日々を追ったドキュメンタリー。年令もバラバラな13人の子供達を一人で教えるロペス先生は優しく、時に厳しく、子供達と向き合っている姿が淡々と描かれる。

Etre et avoir ぼくの好きな先生 [DVD]Etre et avoir ぼくの好きな先生 [DVD]
(2004/04/07)
ジョルジュ・ロペス

商品詳細を見る


こちらの動画はどっかのの教育関連の番組で、喧嘩の仲裁に入るシーンなどが取り上げられていた様だ。フランス国内で200万人が見たというヒット作品。日本の先生方にも是非みて欲しいところだが、逆に日本のどこかの片隅にも、きっとロペス先生みたな人がいるんじゃないかと信じたい。

<教育映画を批評する番組らしいです。映画のシーンは英語字幕付>


私は6、7年前にTVで一度見ただけなんだけど、とても印象深かったのは、1人とても頭の良い無口な、コミュニケーション下手な女の子がいて、先生が彼女の母親に言った事。大体の感じでしか覚えてないけど、彼女は普通の子供と違うかもしれないけれど、違いを直すんじゃなくて、彼女が自分らしく生きていけることを、考えてあげてください。みたいな事を言ってたんだよね。

私はこの映画をネタに教育について物申す気は毛頭ないけど、またもや大阪市の「家庭教育支援条例案」問題について、言い足りなかった事を。私の違和感の根っこにあるのは、家庭のあり方に対し、自治体が首を突っ込むのはおかしい、ってことである。そしてまだまだ研究途上である分野の一学説だけを引っ張って来て作った教育論をルールとして押し付けるのは、単純に変だと思うのだ。興味のある人に教えるのは勝手だが、それを受け入れるか拒否するかは趣味の問題だろ、ってこと。

今回の件で「親学推進協会」の理事長・高橋史朗との繋がりを知って、脳科学者・澤口俊之への不信感も一気に赤丸上昇中の私。「ホンマでっかTV」での断定的な話しっぷりは、以前から気になっていたし、ずっと「発達障害っぽい人だよな」とは思ってたが、もしや「お喋りクソ学者」(有吉弘行)だったんか?池田先生に比べて人間的に全く魅力を感じられなかったんで、どんな本書いてるのかも知らなかったけど、Amazonで調べてみたら、こんなん出ました~。

発達障害を予防する子どもの育て方―日本の伝統的な育児が発達障害を防ぐ発達障害を予防する子どもの育て方―日本の伝統的な育児が発達障害を防ぐ
(2010/04)
澤口 俊之、金子 保 他

商品詳細を見る


親学の言ってることは、ここから来てんのか?それとも元々親学の為に書かれた本なのか?取りあえず、今度本屋で立ち読みくらいはしてみようかな。

私は子育てマニュアル的本は、殆ど読んだことない、ってか子育て以外でもハウツー本の類は一切読んだことないのだが、最近、池田清彦先生の本読んでたら、腑に落ちる事が書いてありました。勿論、池田先生は澤口の著書に言及してる訳じゃないけど、いわゆるハウツー本、マニュアル本全般に関して、曰く。

昨今の″ハウツー本ブーム″について言うと、ケースバイケースで異なってくる生き方や働き方などを、文章で端的に説明すること自体がそもそも無理なのです。私は本当の意味での「ハウツー(マニュアル)」は、自分にしか使えないもので、教えられて身につくもんじゃないと思っています。
  (-中略-)
体が覚えていて無意識にできる事の積み重ねこそがハウツーと呼ぶに相応しいものです。だから、赤の他人が書いたハウツー本を読んでそれを鵜呑みにして、何のアレンジもなしに実践しても、身に付かないし、上手くいかないと思う。
     
池田清彦著「がんばらない生き方」より

がんばらない生き方 (中経の文庫)がんばらない生き方 (中経の文庫)
(2012/02/25)
池田 清彦

商品詳細を見る



何か、ちょっとスッキリしました~。さて、今夜は「ホンマでっかTV」だけど、見るかどうか迷うな~。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 発達障害 ホンマでっかTV 池田清彦 フランス

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

癒しの歌声Snatam KaurからFairouzまで‐女性ヴォーカル集めちゃいました | ホーム | 親学注意報発令中!!!
Comment
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
「添え状の書き方」さん、で良いんでしょうか。コメントありがとうございました。お褒めに預かり恐縮しております。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/375-467c9c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ここんとこネガティヴキャンペーンっぽいエントリーが続いちゃったんで、少しソフトな話題、久しぶりに映画の話をば。2002年のフランス映画「ぼくの好きな先生」はある小さ
  • posted by まとめwoネタ速neo
  • 2012/05/23 19:46
  • PageTop↑
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR