プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/04/23 13:41 yuccalina

春の色と食卓と連ドラ「ATARU」の話

ここ数日不安定な天気ですが、桜も散ってすっかり春な今日この頃、バルコニーで育てている(っつーか、去年の花から種が落ちたようで、勝手に生えてきた)キンギョソウがプランターからハミ出さんばかり咲いてたんで、切り花にして玄関に飾ってみました。5日目でもまだ元気です。

kingyoso_convert_20120423132323.jpg

春になるとやっぱりカラフルなものに目移りしますが、私にとってはやっぱり「ヨモギ摘んで草団子つくる」んが春の風物詩でございます。っちゅー訳で下はヨモギの葉っぱを茹でて、すり鉢であたってるとこです。

kusadango1_convert_20120423132507.jpg

ここにお水と白玉粉を加えて、練って、丸くして、茹でたら皿に盛って、茹であずきのっけて一丁あがりで~す。

kusadango_convert_20120423132353.jpg

今年は水分多めのぜんざい風ですが、ちなみに昨年度の作品はこちら

kusadan_convert_20110517180750.jpg


アーユルヴェーダでは春は「カパ」の季節。カパとは水と土から出来てるそうです。これから成長し土台を作る季節で、人生に例えれば子供の時代、1日の時間帯で例えるなら朝にあたるのです。だからちょっと眠たい時期なのです。この季節に少し苦味の山菜などを食べると、体を目覚めさせてくれるそうなんで、草団子もそんな季節の食べ物の1つなのかもしれませんね。

そんな春だからこそ、新しい事を始めるのにも丁度良いんでしょうね。新学期に入ってから、私はトモちんと一緒にお風呂に入るのを止める事にしました。実は年初に一度誓いを立てたんですが、色々と変化のある4月にまとめてしまおうか、と始めてみました。普通の男の子ならは自然の流れで「母親と一緒にお風呂なんて恥ずかしい」と思う時期が来るんでしょうが、トモちんの場合はそうはいきません。こちらから働きかけていくしかないです。私はまだまだ彼をムギューってしたいし、チューもしたいんですけど、最近は我慢してます。段々体も大きくなってきて、女の子にムギューやチューするのが平気なのも困りますから。勿論、トモちんはまだ一人で体を洗えないので、私が服着たまま入って手伝うんですが、要するに家庭内でも異性の裸を見せちゃいかん環境にシフトしたいのです。支援学校でも5年生から男女の着替えが別になったので、丁度良いタイミングかなと思います。

さて、わが家では日本のドラマを殆ど見てなかったんですが、中居正広主演の「ATARU」(TBS・毎週日曜夜9時~)は見てますよ。主人公がサヴァン症候群(自閉症の中でも特殊な能力も持った人達、映画「レインマン」で有名)という設定なんで、毎日同じもの食べ、同じ服を着て等々という特徴の描写を見ながら、「なるほど~」とダンナと一緒に頷いております。自閉症者を演じるジャニタレは、二宮くん草彅くんに続いて3人目だけど、「ATARU」は別に自閉症者を描く為のドラマでなく、エッセンスの一部でしかないようです。発達障害っぽい探偵を描いたアメリカのドラマ「名探偵モンク」みたいなものと捉えた方が良いかも。個性的なキャラクターの刑事さん達、検視医等々が登場し、中居くん演じる“チョコザイ”の正体は謎のまま、彼の口から出てくる一言一句が事件を解決するカギになっていきます。そう言えば、「自閉症」というと即「何か凄い才能持ってるんじゃない?」と言ってくる方がいますが、私がこれまでトモちんを通じて知った自閉症児(者)の中には、サヴァンの人はまだ一人もいないです。という位、希少な人のお話なのであります。

<サヴァンは勿論、自閉症やその他の発達障害の人達は物の見え方が違うらしいです>



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アーユルヴェーダ 発達障害

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

「テイバン.tv」と「炎の体育会TV」を見て、「誰よりも浜谷健司を愛す」宣言 | ホーム | 素直に楽しめなかった国別対抗戦
Comment
こんにちは。
>「自閉症」というと即「何か凄い才能持ってるんじゃない?」と言ってくる方がいます
この件で似たような話しですが、私も「色弱」と言うと「じゃあこれ何に見えるの?」とよく言われます。
これは「色弱」の人には禁句だと思うんですが…まあ、私のことを話しやすいと思われているんだろう、と考えるようにしています。
yuccalinaさんのこの記事を読んで、自分も、他の病気いについて軽々しいことを言ってないか気をつけよう、と思いました。
サヴァン症候群の話は、自閉症に興味を持つきっかけとしては良いのかもしれません。やはり脳科学の研究対象としても、興味深い話が沢山あるでしょうからね。

結局、病気にしろ障害にしろ、とっかかりが何であろうとも、違う人間なんだから人それぞれ、ってとこに辿りつけば良いんじゃないかと思います。自分も含めて、持ってる知識がそのまま偏見や先入観に直結しない為には、頭を柔らかくしておく必要があるな、と日々実感しています。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/354-00065e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR